ただいまの掲載件数は タイトル68292件 口コミ 1212538件 劇場 602件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン > 大ヒットシリーズついに完結! 『トランスフォーマー』最新作が必見な3つの理由@ぴあ映画生活特集

『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』3Dのスゴさに迫る!

スティーブン・スピルバーグ製作、マイケル・ベイ監督の強力コンビが放つ
SFアクションシリーズの完結編が、いよいよ7月29日(金)に公開!
『トランスフォーマー』シリーズのファンも、まだ観てない人も、
興奮必至の3Dの魅力に迫る!

7月29日(金)全国超拡大ロードショー

作品情報

公式サイト

公式ツイッター

facebookページ

最新作のココがスゴい!

Point01:迫力満点! 最先端の驚愕<未体験3D>:ハリウッド最新3Dカメラ×さらに進化した圧巻VFX=前人未到の驚愕3D映像が誕生。『アバター』のジェームズ・キャメロン監督までも「素晴らしい!この3Dは絶対に見るべきだ!」と大絶賛。

Point02:完結編の舞台は全米、そして宇宙! <圧倒的なスケール>:シカゴ、デトロイト、ワシントン、そしてNASAのスペースシャトル基地など全米で制圧的な大規模ロケ撮影を敢行し、さらに戦いの舞台は宇宙にまで及ぶ。完結編にふさわしいド派手な舞台の数々。

Point03:意外な展開が次々と! 謎に満ちた<ミステリアスなストーリー>:アポロ11号の月面着陸。アメリカ政府の隠蔽。裏切られたトランスフォーマー達の怒り。闇に包まれる世界。人類の命運は? 残された希望とは?深みを増した世界観と予測不能な物語に目が離せない!。

トランスフォーマー ダークサイド・ムーンの予告編を公開

期待感爆発!世界中を興奮させた最新予告編をチェック。

TOPへ

マイケル・ベイ監督インタビュー

「過去最高の3D映画と保障する」と宣言したベイ監督の最新インタビュー!

『トランスフォーマー』シリーズの大成功によってハリウッドのトップ監督のひとりとなったマイケル・ベイ。だが、彼にとって2作目『トランスフォーマー リベンジ』は全米で4億ドルをあげつつも「失敗作」と言い切る。
「いいわけになってしまうが、あの脚本は時間的な制限もあったせいで、まったくダメだった。付け焼き刃じゃいい映画は出来ないことを痛感したよ。今回はその経験が活きて、ストーリーをかなり練ったんだ。だから、とてもお気に入りの1本になった」

その今回のストーリーは“月”から始まる。アポロ計画の裏側で実は進んでいたトランスフォーマーたちの地球侵略。これまで地球だけだった物語が宇宙へと拡がって行ったのだ。
「月から始めたのは、僕が子供のころから宇宙が大好きだったからだ。宇宙には何かがいる、というコンセプトは僕だけじゃなく、あらゆる人たちの好奇心をくすぐる。だからこそエイリアン・ムービーは大ヒットするんだ。ひとつ言っておくと、今回の“月”の表現を始め、映像に関してはリアリティを追及した。そしてストーリーはシリアスであることを心がけた。なぜって、危機を迎えた人間たちがどう団結して生き残ろうとするかを描いた映画だからだ。そう、自己犠牲の尊さが語られるんだよ」

今回の物語の詳細はいまだにベールに包まれたまま。とはいえ、今現在オープンになっている映像を見る限りでは確かに「リアル」かつ「シリアス」。シリーズ初、ベイ初となる3D映像が、そこに“大迫力”と“臨場感”を付け加える。
「いやあ、当初、3Dで撮るつもりはなかったんだけど、ジェームズ・キャメロンに“マイク、3Dだよ3D。3Dをやんなきゃ”って強力プッシュされてさ(笑)。それから3Dを1年くらい勉強して今回、採用したんだ。正直いうと、かなり楽しい経験だった。全編のほとんどを3Dカメラで撮り、残りの複雑なシーンは35ミリで撮って、あとで3Dに変換したんだ。その最高の技術をもった会社を探して頼んだから、ふたつの間に違和感はまったくないはずだ」

シリアスなストーリーに迫力のビジュアル。それらを生み出したベイの多くの才能のなかで、もっとも力を発揮したのは何なのか。
「イマジネーションだと思う。この映画に限らず、映画作りには絶対欠かせない要素だよ。イマジネーションを駆使することでエキサイティングな映画が生まれるし、それがまた僕たち監督のイマジネーションをもっともっと豊かにしてくれるんだ」

テキスト:渡辺麻紀

TOPへ

©2011 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.
HASBRO, TRANSFORMERS and all related characters are trademarks of Hasbro.
©2011 Hasbro. All Rights Reserved

配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
デザイン:cosmicengine

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録

 




 

この映画のファン

  • ぎゅるぎゅる
  • ママデューク
  • Game−Maker
  • Syunichi
  • Gaskin
  • 鷲見
  • 宙の葵
  • 松ちゃん昭和25
  • りれん
  • 志信
  • Garbera
  • ジンジャー
  • ひおうめい
  • Fish99
  • ちょくだい

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません