ただいまの掲載件数は タイトル68292件 口コミ 1212538件 劇場 602件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > キャプテン・フィリップス > 『キャプテン・フィリップス』感動を呼び起こす男たち!@ぴあ映画生活特集

『キャプテン・フィリップス』
感動を呼びおこす男たち!

『キャプテン・フィリップス』11月29日(金)公開

イメージアイコン

感動を呼ぶ男たち③:ポール・グリーングラス
社会派監督ならではの視点とこだわり

シーン写真

監督のポール・グリーングラスはマット・デイモン主演の『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』の2本で、近年のアクション映画のフォーマットを一新してしまった革命児だが、同時に世界情勢を見据えた硬質な社会派監督としても知られた人物。特に9・11テロの実話を再現した『ユナイテッド93』や、イラク戦争の大量破壊兵器の捏造問題に斬り込んだ『グリーン・ゾーン』など、鋭利なメッセージで世間を揺さぶってきた。『キャプテン・フィリップス』も、ソマリアの海賊たちも一個の人間として描き、彼らが置かれている悲惨な状況を描くことも忘れないなど、世界全体を見据える視点を忘れていない。真摯でアツい人間ドラマであり、実話を元にした手に汗握る救出サスペンスであり、裏テーマとして格差社会が生む歪みをあぶり出す。まさにグリーングラス監督ならではの“オトナの見応え”を提供してくれる渾身作だ。

感動を呼ぶ男たち④
“恐怖”と同時に“真実”を伝える海賊のドラマ

シーン写真

襲撃された“マースク・アラバマ号”に乗っていたクルーは20名。船に乗り込んだ海賊は4人。多勢に無勢のはずだが、海賊が持っている銃がパワーバランスを逆転させ、船員と観客に有無を言わせぬ恐怖を突きつける。しかし、その一方で重要なのが、この映画が海賊たちを含めた“群像ドラマ”であること。海賊行為は決して許されるものではないが、彼らには内戦に苦しみ、武装組織が村を牛耳り、貧困にあえぐ毎日から抜け出すためにカネを稼がなくてはならないのだ。一様にガリガリに痩せた海賊たちの身体が、なによりもイビツな世界の“真実”を物語っている。フィリップス船長、海賊たち、20人の船員、そしてアメリカ海軍、それぞれの事情が複雑に絡み合う多層的なドラマこそが、『キャプテン・フィリップス』の一筋縄ではいかない“感動”と“深み”を生み出している。

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録

 




 

この映画のファン

  • リュウ、
  • 中村潤之介
  • tack
  • hatchan
  • おほほ
  • エルオレンス
  • cinerama
  • itagure
  • よっchan
  • Kazuma Akiba
  • うどん県うどん
  • 聡史

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません