ただいまの掲載件数は タイトル68292件 口コミ 1212538件 劇場 602件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ニュームーン/トワイライト・サーガ > ニュームーン/トワイライト・サーガ Blu-ray

ニュームーン/トワイライト・サーガ Blu-ray

『ニュームーン/トワイライト・サーガ Blu-ray』を価格比較。★★★☆(67点)『ニュームーン/トワイライト・サーガ』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

ニュームーン/トワイライト・サーガ Blu-ray
66点
監督 クリス・ワイツ
出演 クリステン・スチュワート,ロバート・パティンソン,テイラー・ロートナー
発売日 2010年10月22日
定価 2,700円(税込)

 

価格比較

ニュームーン/トワイライト・サーガ Blu-ray 2,565円 (税込)
セブンネットショッピングで買う
ニュームーン/トワイライト・サーガ Blu-ray 1,391円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
ニュームーン/トワイライト・サーガ Blu-ray 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 角川映画
発売日 2010年10月22日
ディスク枚数 1
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「ニュームーン/トワイライト・サーガ」のレビュー

  • 80点 婚姻への通過儀礼

    2009-12-04  by 奈菜

    異種間のラヴ・ロマンス(ティーン編)「トワイライト―初恋―」の続編を楽しみに鑑賞してきました。本作は前作に続いて異種には「ヴァンパイアと人間」、更に「狼人間と人間」が加わっていたので、一度に二度美味しかったです。

    この作品、前作でも思ったのですが、ヒロインがお約束的に痛々しい状態に陥るんです。ぱっくり切り傷を負ったり、ガツン!と吹っ飛ばされる程ぶつけられたり、ざくっとガラスの破片が肉体に突き刺さったり。ヒーローよりも、断然ヒロインの方の生傷が絶えない。これはまるで、人間がヴァンパイアの世界へ足を踏み入れるための通過儀礼のようです。

    遂に失恋のショックでヒロインが廃車寸前、‘修理できない車’になったときは、わたしも悲劇の絶頂に立たされました。ベラの目の下のクマが増進していく様は妖しく不健康さを増し、彼女が焦がれるヴァンパイア(エドワード)に近付いていくのはなんとも皮肉。

    壊れた車を修理できるのは、誰?
    狼一族の彼(ジェイコブ)はメカの修理がとても得意で、若い肉体美を惜しみなく見せつけ、自制心と包容力がヴァンパイア(エドワード)を高貴な道のりへと着実に導く。

    異種間の危ない恋は火傷を通り越して、命の危機にさえ晒される。
    そんな寓話を含んだラヴ・ロマンス、あなたに買う覚悟はありますか?
    次回作、わたしはもう予約済み。‡‡

  • 50点 本編とは関係なしに・・・

    2009-12-22  by HJ

    1本目はそれなりに面白かったけど、続編は困ったもの。
    クリスティンとダコタ・ファニングが共演する「The Runaways」の情報が入って来ましたね。
    クリスティンがシェリー・カーリーを演じるのかと思ったら、
    なんとダコタ・ファニングがシェリー役。
    クリスティンが演じるのはジョーン・ジェットのようで、これがなかなかのハマリっぷり。
    ジェット本人も協力しているようで公開が楽しみ。
    期待度で点数もおまけ。

    http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1193641/I-love-rock-n-roll-Twilight-star-learns-tips-Joan-Jett-playing-new-movie.html

  • 60点 オオカミオトコだョ。

    2010-12-01  by なつみかん。

    ヴァンパイアに狼男、遙か昔からありながら未だ魅力の失せない2大キャラを使って描く、この恋愛(三角関係?)ドラマは贅沢なのかな?
    ともかく狼男がいじましくて可愛かった、一家に一匹欲しいものです。

  • 90点 ジェイコブの魅力が花開く第2弾!

    2009-11-28  by Garbera

    このシリーズが大好きなので、公開初日に観てきました。この作品のゆっくり流れる時間と雰囲気が大好きだ。

    クリスティン・スチュワートさんが椅子に座ってぼーっと窓を眺めるのを360度からとらえた映像が、過ぎ行く月日とあいまって、主人公ベラの孤独な内面を感じさせていい。

    後半、ちょい役でダコタ・ファニングも出ているけど、この第2弾はジェイコブが非常にカッコいい。

    いやぁ〜、今回の見所は彼だなぁ。。。(タイトルロゴの満月◎)

    本当はベラのことが好きでたまらないのに、なかなか打ち明けられない。そのもどかしさが観ていて切ない。

    ジェイコブ役のテイラー・ロートナーのやさしさがにじみ出ていて◎。

    ベラを命がけで守る姿に好感度UP↑。ああ、幼ななじみっていいなぁ〜。

    カレン家の人々も前作に引き続き登場するけど、アリスの能力を知らないと、ちとわかりずらい場面もあるので、先にトワイライトを見直してから観に行くと◎

    シーンにあった音楽の使い方も見事。

    ロバート・パティンソンのラストの一言にノックアウトされた女子も今回は多いんじゃないかなw

    エクリプス/トワイライト・サーガの公開は来年かぁ。。。つぎが楽しみだなぁ◎

  • 80点 ジェイコブ、元気出せ!

    2011-10-14  by ゼーン

    ベラの恋は障害が多いですねー。だから、燃えて燃えてしょうがないのですね。

    それにしても、最初に吸血鬼、次に狼男、3番目はフランケンかって言いたくなります。

    エドワードとジェイコブでは、ジェイコブ派です。エドワードは初めから吸血鬼の魅力でベラに近づいていったのに、ジェイコブの方が男の実力で勝負していたからです。

    あと、この2の目玉としては、ベラの「私のために戦わないで。」の台詞です。想像ですけど、女の子なら誰しも言ってみたい台詞ではないでしょうか。そして、王道三角関係ここに極まれり、です。

    アリス・カレンが美人なのに気付きました。

  • 80点 今回も無駄にストイックですね〜(笑)

    2010-10-03  by 倉島穂高

    _ヴァンパイヤ青年は鍛錬の甲斐あって、軽いキスくらいなら平常心でできるようになったみたいですが、ルーキーの狼少年はヴァンパイヤのような対人制約がないにもかかわらず、キスしようとするたびにお約束のように邪魔が入って、前作以上に悶絶させてくれますなぁ〜〜(笑) ヴァンパイヤの自制心にかなり個体差があるところも、けっこう細かく描写されてて面白い。この無駄なストイシズムがワタクシ的にものすごくツボなので、次回作も楽しみにしています。
    _この作品、筋書きは陳腐な少女漫画系なんだけど、キャスティングが絶妙だと思う。クラシックな美貌に不健康な翳りのあるクリステン・スチュワートは、遺伝的に暗きものへの親和性が高いことを理屈抜きに感じさせてくれるし、骨格が立派で一応それなりに鍛えてはいるらしいのに、なんとなく筋肉が薄っぺらく、その身体に悟り済ました顔が乗っているロバート・パティンソンも、肉体が17歳のままの109歳というキャラをビジュアル的に遺憾なく納得させてくれます。今回大活躍のテイラー・ロートナーも出色! 身体はムッキムキのマッチョのくせして、顔は少年そのもので、どう見ても純情な年下くんだもんね(調べて納得、1992年生まれか〜! うちの長男より次男のほうが年が近い)。脇のキャラも個性的かつ魅力的で、役者を見るのが好きな私にとっては、なかなか楽しい作品なのであります。イマドキの映画にしちゃ特撮がチャチだけど、それは私にとっては重要ではありません。
    _成長した天才子役ダコタ・ファニングが、本邦の天才子役あがり安達祐実にそっくりで驚いた〜! ビミョーに不自然な子役くささが残っているあたりまでよく似てます。ふたりとも、地顔はかなりきれいなんだけどねぇ。子役あがりでうまく大人の役者に脱皮するには、成長後のガタイの大きさがかなり重要なポイントだと思いました。子役時代に可愛い子ってだいたい小柄で華奢だからなぁ……。

  • 90点 もう一度観たい!

    2009-12-01  by ヌピピ

    前作より一段と原作に忠実に描写していると思います。ジェイコブがとってもカッコよくなってました。

  • 100点 切ない!

    2009-11-26  by 未登録ユーザあねご

    前作の初恋よりもずっとアクションが多いです。

    ベラの悲しみや
    それを見守る父チャーリーの切なさが
    原作以上にぐっと心に迫り涙がこぼれます。

    前作を見ていなくても楽しめると思いますのでぜひ!

  • 30点 アホンダラ

    2019-10-21  by 傳次郎

    アホくさ。

    少女漫画を5倍に薄めた感じ。


    こっちが血の気引くわ。



    280円

  • 70点 相手を想うがゆえに複雑な三角関係に

    2018-02-19  by 葵ジュニRSS

    前作に続き、種族を超えた愛で幸せかと思いきや問題が。愛しているがゆえに相手を距離をとる。こういうのは恋愛もので何度も見てきたが、たいがいはうまくいかないことのほうが多い。けっきょく一緒にいながら愛で問題を解決するということになりがち。
    本作もエドワード不在のときに狼男のジェイコブがちょっといい感じになりつつも、けっきょくは元サヤに。
    ジェイコブは散々でかわいそう。彼もまたエドワードと似たような境遇で、一度ベラを突き放してるのもいっしょで、ほんと似た者同士。
    複雑な三角関係もそのままに、新しくヴァンパイアの新たな勢力まで現れて、このまま幸せなラブストーリーでは終わらなそうな感じ。ベラがどういう選択をするのかも気になるところ。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は ニュームーン/トワイライト・サーガの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

 



ディズニー最新作『ジャングル・クルーズ』冒険ガイド
マーベル新章は“ドラマ”から始まる! マーベルの魅力のすべてがここにーディズニープラスー
『男はつらいよ お帰り 寅さん』サブスク開始記念! おウチ時間のための“今から寅さん”特集!
ドキドキ、胸キュン、そして感動! 『サイダーのように言葉が湧き上がる』 モニター試写会レポート
男たちはまだ、育休のリアルを知らない!?『男コピーライター、育休をとる。』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ディズニー&ピクサー最新作『あの夏のルカ』の魅力を徹底分析
心霊探偵バディが呪いの連続殺人事件に挑む! 『さんかく窓の外側は夜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ