ただいまの掲載件数は タイトル68292件 口コミ 1212538件 劇場 602件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > マエストロ! > 『マエストロ!』Blu-ray&DVDセット 豪華版 【初回限定生産 3枚組】

『マエストロ!』Blu-ray&DVDセット 豪華版 【初回限定生産 3枚組】

『『マエストロ!』Blu-ray&DVDセット 豪華版 【初回限定生産 3枚組】』を価格比較。★★★☆(74点)『マエストロ!』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

『マエストロ!』Blu-ray&DVDセット 豪華版 【初回限定生産 3枚組】
73点
監督 小林聖太郎
出演 松坂桃李,miwa ,西田敏行,古舘寛治,大石吾朗
発売日 2015年7月3日
定価 6,264円(税込)

 

価格比較

『マエストロ!』Blu-ray&DVDセット 豪華版 【初回限定生産 3枚組】 5,638円 (税込)
セブンネットショッピングで買う
『マエストロ!』Blu-ray&DVDセット 豪華版 【初回限定生産 3枚組】 4,845円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
『マエストロ!』Blu-ray&DVDセット 豪華版 【初回限定生産 3枚組】 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 松竹
発売日 2015年7月3日
ディスク枚数 3
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「マエストロ!」のレビュー

  • 60点 クナッパーツブッシュ。

    2015-02-01  by ekoeko

    財政的に行き詰って解散したオーケストラ。
    それを再建しようとする楽員たち。
    彼らはほかに行くあてがない。
    そこに現われたのがどこの誰とも知れない口の汚い指揮者。
    この配置でどう展開するのか期待しましたが
    それほどでもなかった感じがしました。
    しかし
    ふだんはCDとかで聴いている交響曲が
    個々の楽員たちによってどのように演奏されているのかが描かれていて
    おもしろかったです。
    それと
    かの名指揮者クナッパーツブッシュが
    練習では細かいことをぐちゅぐちゅと言って楽員を泣かせておきながら
    本番では豪快に楽団をひっぱって名演を繰りひろげた
    というかすかに記憶のあるエピソードを思い出しました。
    じつは
    練習嫌いで本番勝負の人だったようですが。
    彼とミュンヘン・フィルとのブルックナー第8は愛聴盤です。
    というか
    冒頭からミュンヘンの名が出てきて
    たとえばなぜドレスデンではないのか?
    これはもうクナッパーツブッシュでしょ。

    もうひとこと。
    日フィルがんばれ。

  • 90点 主役は音楽

    2014-12-12  by し〜ぷ

    ちょっと乱暴な言い方になりますが、「主役は音楽」それが一番しっくりときた感想です。主人公は香坂真一という青年ですが、この作品は単純に彼の人物像を描いた物語ではなく、コンマスである彼や、謎の指揮者・天道や、フルート奏者であるあまねや…その他の面々の目を通し、事情を折り込みながらも、ある日ある場所で生まれた美しい音楽をこそ描いているのである、と。余談ではありますが、ある演奏が終わったあと、自然と拍手を送りたくなりました。一緒に観に行った人もそうだったと後で話してくれました。きっとあなたも拍手を送りたくなるのではないでしょうか。

  • 80点 天籟

    2014-12-04  by 玉川上水の亀

    主要キャスト、監督が登壇した完成披露試写会で鑑賞したが、この作品を通して「天籟」という言葉を初めて知った。
    辞典では「@天然に発する響き。風が物に当たって鳴る音。A優れた出来栄えの詩歌のたとえ。」とある。
    本作では、「音のない音」、「静寂の中、宇宙から降り注ぐ音」という意味で使われている。
    私には、上映前のイベントで実演されたバイオリンの名器・ストラディバリウスの音色が「天籟」のように思えた。
    歴代最年少で中央交響楽団のコンサートマスターになった香坂真一は、子供の時に父から教えられたこの「天籟」の境地を求めている。
    しかし、その中央交響楽団も解散し、現在再就職活動中。
    この香坂に謎の人物から楽団再結成の話が舞い込み、彼同様に解散の憂き目に会い、再就職も儘ならない他の「負け組」楽団員たちも参集して一旗揚げようとする。
    彼らを呼び集めた張本人で、破天荒な指揮をするのが天道徹三郎。
    この型破りで毒舌な天道を西田敏行さんが人間味溢れる人物として演じ、天道と様々な問題を抱えた一癖も二癖もある楽団員たちの板挟みになって振り回される主人公を、松坂桃李さんがバイオリン演奏をはじめ、人として成長する彼の姿を共感を覚えるような演技で表現している。
    また映画初出演のmiwaさんが、悲しい過去を抱えながら前向きに生きる橘あまねを生き生きと演じていて魅力的だ。
    果たして彼らは復活コンサートを遣り遂げることが出来るのか?
    交響楽という言葉が表すように、人々が奏でる音が響き合い気持ちが一つとなった時、想像を超える感動がもたらされる。
    映画館が恰もコンサートホールのように感じられた時、久しぶりにクラシック音楽の熱いハートに触れた気がした。

  • 70点 音楽性を高める描写の難しさ

    2015-02-08  by 悶mon

    原作コミックは未読だが、このサイトでの評判もなかなか良いので、鑑賞してきました。

    解散した中堅どころの中央交響楽団。
    この楽団の再結成の話が持ち上がり、他の楽団へ移籍したり、音楽とは別の職に就いたりすることのなかった元団員が集まり、コンサートに向けて準備を始める。
    ここに現れたのが、無名の指揮者、天道徹三郎で、年老いて言葉遣いも品がないが、高い能力の持ち主。
    コンサートマスターの香坂真一と、最初は対立するものの、圧倒的な指導力で楽団の能力を高めていく──というお話。

    いわゆる人間ドラマとしてはよく出来ていて、謎の指揮者、天道の破天荒な指導ぶりの行方が気になるストーリーづくりは、楽しむことができました。
    特に、コンサートマスター、香坂の楽団のリーダーとしての悩みを中心に、準主人公の素人フルート奏者、橘あまねが天道と香坂のうまい仲介役として立ち回る筋立ては、観客を交響楽団の舞台裏というある種の異空間に惹きつけるのに成功していると思いました。

    ただ、わたしの音楽の才能のなさを露呈するようで、お恥ずかしいのですが、再結成した楽団の奏でる楽曲の出来が次第に良くなっていく──というメインテーマを、体感することができなかったのが、残念。
    天道の指導当初のどこが巧くなくて、指導後はどこが巧くなったのか、劇中で流れる音楽を聴いても、私には違いが分かりませんでした。
    これが実感できれば、もっと感動する作品になったのに…と、感じています。

    思えば、原作のコミックは、もちろん音が出るはずがなく、そこは読者が自分の想像力で、巧くなった演奏をイメージできたのではないかと思います。
    しかし、映画では実際に音楽が流れてしまうので、私のような音楽に精通していない観客を相手に、音楽性を高めていく描写を行うことが却って難しかったのではないか、そんな気がしています。

  • 90点 ブラボー

    2015-01-29  by 力道さん

    原作1巻だけ読。西田敏行さんの指揮が素晴らしかった。演奏シーン終わった後、おもわず拍手しそうになったよ。西やんの生オケならあたいカード払いでチケット買うわ。ただのコメディだとおもって観にいったから泣かされてえらいめにあいました。ブラボー!あと松坂桃李さんの上目づかいはなかなかグッとくるものがありました。ブラボー。

  • 70点 オーケストラの演奏シーン素晴らしいです!

    2014-12-03  by vian

    「劇場がコンサート会場に変わる瞬間を体感してください。」
    上映前の舞台挨拶で主演の松坂桃李さんが言っていた通りの事をまさに体感することが出来ました。

    素晴らしい音楽エンターテイメント映画です。

    クライマックスの演奏してるシーンは圧巻です!!
    演者さん皆さん自分たちで演奏してるのでクライマックスシーンを見るためだけでもぜひ劇場で大きいスクリーンで観てもらいたい作品です。

  • 50点 指揮者はオケの敵だ

    2019-06-18  by しゅうや

    解散したオーケストラが再結成を目指し、謎の指揮者の猛特訓が始まる。しかし、オケ再結成の経緯が不明で、復活コンサートにたどり着けるのやら、という筋立て。

    よかった点は、冒頭から楽団員同士の意地のぶつかり合いから、オケの音を分解して聴くことが出来た点。なるほど、こうやって交響曲ってできるんだ、と分かる共に、楽団員の意地の張り合いが、破天荒指揮者との衝突相まって楽しめました。

    ところが中盤から、復活コンサートのスポンサーが、ギャラが、とカネの話が前面に。「カネがどうとか言わんようになったら来いや」指揮者がバッサリ切る通り。そればっかだと白けます。

    コンマス役松坂桃李のいじいじキャラも鬱陶しい。親父の音がどうやらこうやら関係ない。こっちはいい音聴きたいだけなんだよ、と画面に文句をつけたくなります。

    そしてラスト。それやっちゃうと「やっぱお前のわがままじゃん」楽団員激怒でしょう。

    話は、突っ込み所満載、右往左往するのですが、音は佐渡裕指揮の本物。交響曲分解から、練習、本番の演奏まで、未完成、運命の二大交響曲を堪能させてもらえました。

  • 40点 ミワ無茶振りされてる?

    2019-02-19  by 未登録ユーザらすりちゃーど

    前情報なく見たところ、miwaさんに違和感があった。女優さんではなく音楽家なのかな?あまり演技力?を感じられなかった。

    ちょっとネタバレ
    二人乗りの自転車シーン どう見ても乗らせる方ではなく乗る方でしょう…変なの…
    西田敏行と松坂桃李のあいだで話を聞いているシーンも、なんだか寄り添うこころを感じられず、まあ芸術家って実際はそうなのかもしれないが…
    西田敏行はいろんな作品を見ているので、あーまたアドリブ全開なんだろうな とか俳優業界の力関係とかそんなことが頭をよぎってストーリーも作品にはいりこめなかった。

    楽器や音楽にあまり縁がないため、感情移入もむずかしく、あまり楽しめなかった…
    音楽家で稼ぐって大変なんだろうなーという感想
    楽しめてる人が羨ましい。

  • 60点 二日目が…

    2017-06-11  by バナバナ2

    miwaちゃんが、「〇〇しとう」と神戸弁を話していたけれど、神戸が舞台になっている事も重要だったんですね。

    それにしても、あの二日目って、実はマエストロが借金して全額買い取っていたとか、ホールの管理者の人が「後で説明します」と言っていたので、ご厚意でもう1日やらせてもらったとかじゃないの?

    お願い、これは編集の失敗だと言って!
    でないと、それまで気持ちよく観ていたのは何だったの!?と、なってしまうじゃないの!

  • 70点 お気に入りの映画に出会えた!…と思いきや

    2016-11-12  by 秘密のさざ波

    オーケストラ再結成の言葉に集まった落ちこぼれ楽団員たち。そこに現れた謎の指揮者。これだけで面白そうです。
    いい音楽に浸り、楽団員たちや指揮者の芝居や物語に惹きこまれながら観ていました。
    あまねが奏でるフルートの音色に涙が溢れました。そしてオーケストラでの演奏。
    ああ、いい映画に出会えた、これはお気に入りの作品になると思っていました。
    …が、最後の展開に一気に白けてしまいました。え、みんなを集めたのはそんな理由だったの?この後はどうするの?
    最後の終わり方もなんだか変な感じで、最後に裏切られた感じでした。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は マエストロ!の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

マエストロ! [DVD]

  • 定価:3564円(税込)
  • 価格:2757円(税込)
  • OFF:807円(22%)

マエストロ! [Blu-ray]

  • 定価:4644円(税込)
  • 価格:3592円(税込)
  • OFF:1052円(22%)

 

 



マーベル新章は“ドラマ”から始まる! マーベルの魅力のすべてがここにーディズニープラスー
60年に渡り愛される伝説の小説を映画化。時を超えて君を救う!『夏への扉 ーキミのいる未来へー』特集
心霊探偵バディが呪いの連続殺人事件に挑む! 『さんかく窓の外側は夜』特集
観る者の“心を解き放つ”『HOKUSAI』が世界初解禁!
WOWOW開局30周年記念、山崎豊子の傑作小説をドラマ化 『連続ドラマW 華麗なる一族』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
主演声優ふたりほかのインタビューをお届け! 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』特集
尾上松也が百田夏菜子、柿澤勇人と対談! 新感覚ポップエンターテインメント『すくってごらん』特集