ただいまの掲載件数は タイトル68292件 口コミ 1212538件 劇場 602件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ブルース・ブラザース > ブルース・ブラザース ユニバーサル思い出の復刻版 ブルーレイ [Blu-ray]

ブルース・ブラザース ユニバーサル思い出の復刻版 ブルーレイ [Blu-ray]

『ブルース・ブラザース ユニバーサル思い出の復刻版 ブルーレイ [Blu-ray]』を価格比較。★★★★(78点)『ブルース・ブラザース』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

ブルース・ブラザース ユニバーサル思い出の復刻版 ブルーレイ [Blu-ray]
78点
監督 ジョン・ランディス
出演 ジョン・ベルーシ,ダン・エイクロイド,ジェームズ・ブラウン,キャブ・キャロウェイ,アレサ・フランクリン
発売日 2017年11月8日
定価 4,536円(税込)

 

価格比較

ブルース・ブラザース ユニバーサル思い出の復刻版 ブルーレイ [Blu-ray] 3,371円 (税込)
近日発売 予約可
Amazonで買う
ブルース・ブラザース ユニバーサル思い出の復刻版 ブルーレイ [Blu-ray] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
発売日 2017年11月8日
ディスク枚数 1
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「ブルース・ブラザース」のレビュー

  • 100点 伝説をつくったジョン・ランディス

    2009-09-28  by Garbera

    オープニングの出所シーン。黒のスーツに黒のネクタイ、レイバンのサングラス姿の二人がドアップで登場。ジャ、ジャーン!う〜ん、カッコいい。キタ〜!!!

    全編が見所と言っても過言ではない、このハチャメチャでイカした作品、最高にセンスがいい!音楽ファンにはたまらない一本(カーチェイス、戦車まで現れるのには笑える)。

    ソウルの神様、ジェームス・ブラウンが説教している教会で神の啓示を受け飛んで跳ねてバク転しまくるジェイク(ジョン・ベルーシ)が素晴らしいw。

    税金が払えなくて困っている自分たちの育った孤児院の救済のために立ち上がるジェイクとエルウッド。資金集めにバンド活動を再開。昔のブルースブラザース・バンドのメンバーを一人、また一人とクドキ落として仲間に加えるシーンが最高。

    アレサ・フランクリンのThink!やレイ・チャールズと競演すると町中の人が踊りだすシーンは最高に盛り上がる。

    ピーターガン、ローハイドのテーマ、そして監獄ロック。ミニ・ザ・ムーチャーでの観客との掛け合いなんかもバツグンの名場面だ!

    ジェイクをつけ狙うキャリー・フィッシャー、劇中一度だけグラサンを外すジェイクの子供のような瞳にメロメロにシビれてしまう。。。あははwもう最高!

    そういえば、昔フロリダのユニバーサル・スタジオに行ったときには、二人のソックリさんが、例のパトカーの屋根に巨大拡声器がついた改造車でパフォーマンスしていたなあ。。。なんて思い出す。

    ああ、この作品のサントラと「ブルースは絆」のアルバムは何度聴いたかわからないw

    世界中にいまも熱烈なファンのいる本作品。ジョン・ランディス監督の最高傑作!

    ジョン・ベルーシの魂よ永遠に。

  • 80点 5000ドルの税金

    2021-03-18  by ゴン吉

    ジョン・ベルーシとダン・エイクロイド共演のミュージックコメディ。

    イリノイ州のジュリエット刑務所から出所したジェイクを弟分のエルウッドがパトカーの中古車で迎えに来る。
    二人は以前世話になった孤児院を訪れるが、シスターから孤児院の税金すら払えないことを聞き、孤児院を救うことを決意する。
    かつての仲間たちとバンドを再結成して金を集めようとするが……

    沢山の名曲が満喫できるミュージック作品です。
    パトカーとの派手なカーチェイスによるパトカーの事故車の山が楽しめます。
    終盤はM4シャーマン戦車やM3ハーフトラック、戦闘ヘリまで登場します。
    ラストは「監獄ロック♪」で上手く纏めてます。

    BSTVで鑑賞

  • 60点 ドタバタハチャメチャ

    2020-11-15  by 赤ヒゲ

    久〜しぶりに見ましたが、ほとんど忘れていました(汗;)。カーチェイスがすごいというか、CGではなく、実際に破壊しているであろう車の数がもの凄くて驚きます。何と言っても音楽がいいですね。一流のミュージシャンが登場しますが、それに引けを全くとらない主役のジョン・ベルーシとダン・エイクロイドが素晴らしい!監獄に戻って監獄ロック、最高です!(笑)

  • 80点 ミュージカル仕立てのアクションコメディ

    2020-06-02  by トラップ大佐

    見逃していた名画がやっと見れた。ミュージカル仕立ての生かしたアクションコメディとも言おうか。自分たちが育った教会をつぶさないために、金を稼ぎ出すというのがいけてる。往年の黒人大スターがこれだけ結集しているのには驚き。つぶされたパトカーの数の多さと人員の数もこの当時としてはかなり大がかり。

  • 60点 Think

    2019-11-22  by デニロ

    その昔、公開後名画座に下りてきたときに観た。中野に名画座があった頃だ。その頃の記憶はアリサ・フランクリンとジェイムズ・ブラウンくらいで後は騒がしいだけ、というものだった。傑作の誉れ高かったけれど、全然楽しめなかった。

    その昔に暮らしていた孤児院の財政ひっ迫で5,000ドルが必要と知り、如何にしてその5,000ドルを用意するかというドタバタ。仲間集め、コンサート、カーチェイス、すり替わり、謎の女等々いっぱい詰まっていたけれど、今回も騒がしいだけだった。

    ほぼ40年ぶりに観たのだが、今回もまた楽しむことはできなかった。音楽だけが素敵な一篇として頭の中に刻まれる。

  • 90点 浴びるように音楽が

    2019-08-06  by エージ

    午前十時の映画祭で一番注目していた作品。そんなに大きなスクリーンではないけれど、大画面でわりと大きな音響施設で見られて良かった。

    凸凹コンビのコンビネーション。滅茶苦茶コメディの中に黒人音楽が入って来てといういつ見ても楽しい。細かい所が毎回違うというのでアレサ・フランクリンは口とレコーディングした歌が合っていないのでカットがころころ変わっていたのが確認できた。パトカーが大クラッシュでスクラップ。ナチスは徹底的に懲らしめられる。

  • 90点 「なんでもあり」のお祭り音楽映画

    2019-07-28  by 湯瀬美紀

    お祭り的なノリノリな音楽映画でありながら、ブラックミュージックを中心にした音楽にお笑い風なドラマ、カーチェイスとかブーイング(?)混ぜつつけっこう面白い「なんでもあり」の内容に仕上がったいたね。134分の尺もボリュームあってよかったね。

  • 40点 見っぱな雑記-869

    2019-03-24  by アキラ

    「♪Oh〜Freedom!Freedom!Oh!Freedom!」アレサフランクリンには痺れた。でもね私に何をしようとしたか考えてみろって鬼畜米に云ってやりたい。マトモな人間なら分るだろうが自由はポピュリストのクズの詭弁。秩序と伝統を持たない鬼畜米がばら撒いた害毒。騙す自由。盗む自由。奪う自由。搾取する自由。奴隷化する自由。強姦する自由。人を殺す自由。自由くたばれ。

  • 80点 80年代の幕開けはコレ!

    2017-03-09  by 桃龍

    いい時代だったなぁ…。「ブルース・ブラザース2000」は遅すぎて見る気がしなかった。80年代に続編を作ってほしかったな。

  • 80点 キャリー・フィッシャー追悼

    2016-12-28  by クリス・トフォルー

    クドカン作/演出の舞台「サンバイザー兄弟」を観劇した流れで、ネタ元である本作も見直したんだが、ミュージックシーンを除くと、ほぼほぼカー・チェイス映画でしたね。もちろん、このノリ(勢い)が劇場で見ると堪らなかったのですがね。
    いろんなスターが出てますが、なかでもキャリー・フィッシャーの唐突な出現ぶりは、下手なホラーよりゾクッと来ます。今にして思うと、ハリソンとの不倫のウサ晴らしだったのかも。
    なにはともあれ、「S・W」シリーズと本作で、彼女の輝きは永遠に残ります。合掌。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は ブルース・ブラザースの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

 



60年に渡り愛される伝説の小説を映画化。時を超えて君を救う!『夏への扉 ーキミのいる未来へー』特集
心霊探偵バディが呪いの連続殺人事件に挑む! 『さんかく窓の外側は夜』特集
観る者の“心を解き放つ”『HOKUSAI』が世界初解禁!
WOWOW開局30周年記念、山崎豊子の傑作小説をドラマ化 『連続ドラマW 華麗なる一族』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
マーベル新章は“ドラマ”から始まる! ディズニープラス/マーベルの魅力に迫る
主演声優ふたりほかのインタビューをお届け! 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』特集
尾上松也が百田夏菜子、柿澤勇人と対談! 新感覚ポップエンターテインメント『すくってごらん』特集