ただいまの掲載件数は タイトル68292件 口コミ 1212538件 劇場 602件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル > ミッション:インポッシブル ベストバリューDVDセット (期間限定スペシャルプライス)

ミッション:インポッシブル ベストバリューDVDセット (期間限定スペシャルプライス)

『ミッション:インポッシブル ベストバリューDVDセット (期間限定スペシャルプライス)』を価格比較。★★★★(79点)『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

 

価格比較

ミッション:インポッシブル ベストバリューDVDセット  (期間限定スペシャルプライス) 3,218円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
ミッション:インポッシブル ベストバリューDVDセット  (期間限定スペシャルプライス) 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 パラマウント
発売日 2016年9月7日
リージョン 2
ディスク枚数 5
形式 DVD


ぴあ映画生活ユーザーによる「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のレビュー

  • 100点 女殺し屋に一目ぼれ

    2011-12-31  by 影無茶

    宇宙戦争の地味目なお父さんより、コラレタルの殺し屋より、何てったってトムクルーズはイーサンハントがお似合いですね。
    スタントマンなしでアクションに挑む程の事はあります。
    私の点数の基準でもある、どれだけ映画に引きこまれたかという面からも、文句のつけようが・・いや文句をつけられる訳がありません。

    あまりにも盛りだくさんな内容にちょっと食傷気味になってしまった私ですが、スピーディな展開の中に、古き良きスパイ大作戦のテイストから、まるでダブルオー7が如きシチュエーションまでごった煮にしてくれるサービス精神にはただ頭が下がるばかりです。

    それよりも私、今回二人の女優に大いに悩まされました。
    まずポーラパットン。
    最初登場した時から、誰かに似てる・・。
    日本人の誰かに似ている・・・。
    口元なんかそのままのような気がする・・・。
    いや、それは錯覚で結局以前にポーラパットンを何かで観た記憶がここによみがえっているだけなんだろうか・・・。
    結局最後までそれが気になって仕方がありませんでした。
    でもそれが誰か分からず・・
    帰る途中、嫁さんに聞くと、「木村佳乃やろ・・
    私初めからそう思ってた。」

    う〜ん全くその通り。
    初めに気が付いていたらもっとこの映画に集中出来たのに。残念!

    もうひとりのレアセドウー。
    これはもう最初の登場シーンで一目ぼれしてしまいました。
    ある意味彼女の発見が私にとってこの映画の一番の収穫かもしれません。

    今年最後の、そして通産200本目(のようです)のレビューでした。
    それでは皆様良いお年を!

  • 70点 デリカシーのない映画

    2012-01-15  by taru

    映画のM:Iシリーズは、言うまでもなくテレビの「スパイ大作戦」のリメイクです。小さなテレビの中でテンポよく繰り広げられる大仕掛けなスパイ物であった「スパイ大作戦」は、テレビといういかがわしい媒体によく似合って、楽しく観たものでした。しかし、映画という大画面の中では、作戦にリアリティが感じられず、そのために観客を立ち止まらせないためなのか、超スピードで話が展開してゆきます。そのため、観客はややともすれば置き去りにされてしまいます。ジェットコースターに乗ろうとしたら、乗る前に発車してしまったという感じですね。そういった中で唯一リアリティを成り立たせているのが主人公イーサンの肉体で、この映画でもトム・クルーズの肉体が躍動します。とは言え、やはり年齢的なある種の衰えも感じさせてしまいます。この分野では、枯れるといったことが意味をなさないので、これから先が心配ではあります。諸行無常は永遠の真理ですから。

    ところで、デリカシーというのは心配りなどの繊細さを言う言葉ですが、そんなものはそもそもこの映画シリーズとは無縁であるということは私も知っています。ここにあるのはトム・クルーズの肉体だけと言っても過言ではないでしょう。そもそもこの映画は娯楽映画ですから、笑って映画館を出られればそれでいい映画なのです。ですから、こんなことを書くのはほんとにヤボだと思うのですが、どうしても書いておかずにいられないというのは、この映画が私の心を刺し貫いた刺の毒がいつまでも抜けないからなのです。

    この映画に出てくる狂信的な核テロ論者の言い分はこういうものでした。「あのヒロシマ・長崎は核爆弾で壊滅したが、その後見事に再生した。世界は一度核戦争で壊滅しなければならず、その後で同じように新しい世界が生まれるのだ。」(言葉は違うと思いますが、こういう趣旨だったと思います。)

    確かに日本でも、余りの平和にボケて戦争を期待する若い人がいるとかいう報道は以前読んだことがあります。それにこの映画に出てくる核テロ論者がいかに狂信的であるかを分かり易く表現できているのかもしれません。しかし、これがどんなにヒロシマ・長崎の人たちを侮辱している言葉であるかということを、映画製作者は分かっているのでしょうか。それは例えば福島の再生がいつの日か実現した時に、あれほどの事故から見事に復活できたのだから、原子力発電所は危険であるけれども十分人類と共生できるものなんだと、原子力発電所の安全神話にすり替えられてしまうのと同じ類の話なのです。もしもそうなったら、福島の人たちはあきれ返る以前に怒り狂うことでしょう。

    やはり、言っていいことと悪いことはあるのです。まして娯楽映画の中でお気楽な小道具として扱っていいことではないのです。まあ、デリカシーがないということは、如何ともし難いということでしょうか。

  • 40点 え〜〜

    2012-01-28  by カツボー

    何でこんなに評価高いの?(すいません)
    今さら日露冷戦?核爆弾(ミサイル)のボタン?
    一番の見所がドバイのビルから・・・何回もテレビの予告&泉谷CMで見ちゃってるやつって・・・
    残念。

  • 70点 各地の風景が楽しめた。

    2011-12-25  by よねお

    お馴染み、トム・クルーズの「ミッション・インポッシブル」シリーズ。

    最初の作品しか観てないけど、今回は何か観たい!とトレーラー観て感じたので観てきた。

    うん。結構楽しめました。

    ハンガリーのブタペストから始まり、ロシア、ドバイ、インドとかなり色んな場所を飛び回っている。しかし、トレーラーでも出てけど、ドバイのあのビルはスゴイな。。砂嵐も凄かったし。まぁ、CGなんだろうけど。

    しかも、これは監督の性格かもしれないけど、随所にお笑い要素が入ってた。ストーリーはかなり真面目なんだけど。

    普通に楽しめます。
    レイトショー金額だったら十分元取れますね。

  • 70点 深み不足の感

    2011-12-19  by 試写会3

    弩派手なアクションとスピードで息をつかせ
    ない面白さは感じられる。
    アクションには目を見張らせるものは、あるものの、アクションが多すぎて全体的に軽くなって
    しまう印象が見受けられる。
    サービス精神旺盛と言えば聞こえがいいが、過ぎたるは及ばざるが如しの感じです。
    あのお年で、スタントマンでなく本人が演じてい
    るところに凄みがあるところかな。
    目で見てビックリするだけでなく、観客に考え
    させて期待させる展開を期待していました。
    心理的なワクワク、精神的なワクワクで盛り上げ
    て、アクションへ持ち込む面白さに欠けている
    気がします。
    古い公衆電話が自動的に消滅せずに、たたいて
    指令を消滅させるのは笑えました。

  • 100点 トムの眼差しに秒殺(#^.^#)

    2011-12-23  by 猫ぴょん

    100点じゃ足りな〜〜い
    大満足!!!
    ♪ノリノリの点火から引き込まれ♪
    IMAXのド迫力
    身体を張ったアクション
    かっこい〜〜〜〜〜い

    チームワーク最高
    言うことなし(^^♪

    これはもう体感アトラクション
    またいかなきゃ!

  • 80点 高級レストランでフルコースの気分

    2012-05-29  by EGライダー

    このシリーズ初見です。
    もう至れり尽くせり・・
    満喫しました・・満足デス。

    豪華キャストで見所満載!
    高級レストランで腕のいいシェフから
    フルコースを食した気分です。
    とくに高層ビル・アクションは圧巻!
    トム・クルーズ本人が演じているのが凄い。

    気になったところは
    女殺し屋(レア・セイドゥ)がもっと大暴れして
    ほしかったけど意外にあっけなく○を○○。
    悪役のミカエルさんもイイけれど『ドラゴンタトゥーの女』
    での善人イメージが強いなぁ。。

    でも、これは80点以下は付けられない。
    コメディタッチで描かれているのも好印象。
    そしてアクションは「素晴らしい」の一言ですね。

  • 100点 teamwork☆

    2011-12-19  by Stella

    12月1日、
    六本木ヒルズアリーナで
    開催されたトム・クルーズの
    ファンミーティング
    (レッドカーペット)招待に当選し

    トム、ブラッド監督、ポーラさんに
    お会いできて感激でした。

    作品は、やっと、本日字幕にて鑑賞。

    いや〜面白かったです。

    チームワークで、世界を救う姿
    イーサン、かっこいい〜☆

    ハードなアクションシーン
    作品に掛けるトムの熱意が
    ものすごく伝わってきて、感激の連続。

    「点火しろ!」の合図で始まる
    オープニングロールも最高。
    あのテーマ曲♪大好きです。

    最新テクノロジーのスパイ道具にも
    注目でした〜(^^)


    そうそう、冒頭シーンの中で
    Dean Martinの曲が流れていて
    シーンとunbalanceなところも面白かったです。

    えっ?ブルジュ・ハリファのシーンですか
    そのあとの、砂嵐の中の
    カーチェイスも
    勿論、強烈でしたよ。(^^)

    シリーズ第4作
    「Mission:Impossible-Ghost Protocol」

    大いに楽しめました〜☆彡

  • 100点 Mission complete!

    2011-12-18  by 玉川上水の亀

    思わず「パーフェクト!」と叫びたくなる!
    テンポ良く畳み掛けるような展開、極度の緊張を和らげる、随所に挿入されるユーモア、笑い、そして主演のトム・クルーズをはじめとした出演者達の体を張った切れの良いアクション、これらの組合せの匙加減が絶妙!
    終映後、この映画のテーマ曲をハミングしながら帰路に就きました。
    間違いなく、お正月映画の大本命!
    今回のミッションは、「核テロを防げ!」
    「核戦争」を信奉するロシアの狂信的テロリスト、カート・ヘンドリクスが、今回の敵。
    こいつが、とてもIQの高い知能犯。
    トム・クルーズ演じるイーサン・ハントのチームを罠に嵌め、クレムリン爆破事件の濡れ衣を着せて、スパイ組織IMFを解散までに追い込む。
    組織が消滅し、バックアップ体制の無い、四面楚歌の状態で、イーサン・ハントを含む四人が、この最強最悪の敵に挑んでいくことになる。
    敵の世界戦争勃発計画を未然に防ぐべく、彼等は、ドバイ、ムンバイと転戦していく。
    特にドバイにおける、世界一の超高層ビル、ブルジュ・ハリファでのアクション、市内でのド迫力のカーチェイスに、ハラハラ、ドキドキの連続です!
    トム・クルーズは、ハリウッドのトップスターでありながら、スタントの吹替え無しで、卒先して命懸けのアクションを実行するので、撮影現場の士気も上がるし、他のキャストもスタッフも燃えると思う。
    その熱が、スクリーンから確かに伝わって来る。
    終盤、イーサン・ハント達の悪戦苦闘も空しく、ロシアの原子力潜水艦から核ミサイルが発射されてしまう。
    最早これまでかと思われたのだが…
    ここから「Mission complete!」までの手に汗握る展開は、劇場でお楽しみ下さい。
    全てが終わった後の、チームメンバーとの温かい交流や、愛する人への思いが静かに描かれていて、胸にじいんと来ます。
    エンディングロールの様な(観れば分かると思います。)、導火線のオープニングロールを良く憶えておくと、後のお楽しみになります。
    トム・クルーズが、「Mr.インクレディブル」のブラッド・バード監督を、この「実写版」アクション大作に起用したのは、大正解!
    冬休み、お正月休み、この極上のエンターティメント作品を見逃すと後悔しますよ!

  • 100点 目深にしてた帽子のつばをぐっと上げたい気分〜♪ ...

    2011-12-23  by 青島等

    ◆結論から記すと、
    劇場で2度かそれ以上見る価値あり。
    勿論、DVD、ブルーレイ購入リスト入り

    ◆見せ場
    プロローグ其の壱‥「スティング」級の【サプライズ】有り!

    同其の弐‥巧妙な作戦と伏線をDEAN MARTINの歌に託し

    トム・クルーズが二階のフェンスから一階へ見事なダイブスタント!

    トムクルをリーダーとした4人のアンサンブルが抜群に良い。

    貨物列車へ飛び乗るが【47号車】‥って狙ってるなっ、

    高層ビルは「トランスフォーマー・ダークサイドムーン」と双璧

    砂嵐の追撃は列車と同じくBURT LANCASTERを意識?

    凄腕暗殺者がサビーヌ・モロー‥ってモロに‥可笑しい。

    字幕が恐怖の女帝・戸田奈津子‥嗚呼
    『緊張する』を『テンパる』バラエティのテロップかい!?
    『サンドストーム』充分なのに『砂嵐』とは何と律儀な!

    全部英語にせず露西亜語を多用し英語字幕処理は良かった。

    以下、不足分はネタバレを誘発するから掲示板へ↓

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

 



マーベル新章は“ドラマ”から始まる! ディズニープラス/マーベルの魅力に迫る
伝説的演劇ユニット“綾ベン企画”の舞台をWOWOWがドラマ化! 『WOWOWオリジナルドラマ 川のほとりで』特集
対談:亀田誠治×宮本亞門「2021年のエンタメ」で目指すもの
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
尾上松也が百田夏菜子、柿澤勇人と対談! 新感覚ポップエンターテインメント『すくってごらん』特集
覆面モニター試写でも絶賛の声が続出『映画 えんとつ町のプペル』の“ここ”がハイクオリティ
日向坂46ドキュメンタリー映画『3年目のデビュー』特集
主演声優ふたりほかのインタビューをお届け! 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ