ただいまの掲載件数は タイトル68292件 口コミ 1212538件 劇場 602件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 > 【初回生産限定】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット [Blu-ray]

【初回生産限定】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット [Blu-ray]

『【初回生産限定】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット [Blu-ray]』を価格比較。★★★☆(70点)『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

【初回生産限定】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット [Blu-ray]
70点
監督 デイビッド・イェーツ, アルフォンソ・キュアロン, マイク・ニューウェル, クリス・コロンバス
出演 ダニエル・ラドクリフ,ルパート・グリント,エマ・ワトソン,アラン・リックマン,レイフ・ファインズ
発売日 2013年10月18日
定価 9,257円(税込)

 

価格比較

【初回生産限定】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット [Blu-ray] 7,590円 (税込)
セブンネットショッピングで買う
【初回生産限定】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット [Blu-ray] 12,400円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
【初回生産限定】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット [Blu-ray] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日 2013年10月18日
ディスク枚数 8
形式 Blu-ray


ぴあ映画生活ユーザーによる「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」のレビュー

  • 60点 観ないわけにはいかないが。。

    2010-11-28  by taru

    私、原作は一切読んでいませんが、映画はすべて観ています。今回の「ハリー・ポッターと死の秘宝」で最終話ということならば観ない訳にはいきませんが、このPART1だけを評価すると、合格点には届きません。一応映画は全部観ている私でも、今までのストーリーを踏まえた上で今どういう展開になっているのかが分かりにくかったですし、例えば途中で結婚式があるのですが、一体誰と誰が結婚してそれが全体の中でどういう位置にある話なのかといったことがまるで分からない。分からないうちに話はどんどん進んでゆくといった感じです。念のためにシリーズの予習をして行くにしても、このハリーポッターシリーズのどのあたりから見直しておけばいいのかの見当もつきません。なにしろこのシリーズはすでに6作も作られているのですから、細かいところでどこがどうつながっているのか、まるで見当がつかないのです。

    これだけ長いシリーズなのですから、一つ一つはそれだけで楽しめるような工夫をして作るべきでしょう。今回はさらに最終章前後編の前編なのですから、どうしたって観ないわけには行きませんが、観たからといってそれなりに楽しむことが出来る訳ではありません。PART1は全体に暗く苦渋に満ちた内容で、単純に楽しめるものではないからです。第一作の、子供向けファンタジー映画風の味付けはもうどこにもありません。主演の3人は実生活ではもう20歳前後の大人のはずなのに、映画では17歳くらいを演じていて、大人なのか子供なのかよく分からなかったりするのですが、そういう中途半端なところにも少しいらついてしまったりもします。

    来年7月のPART2では、ぜひすっきりした大団円を見せてほしいものです。

  • 80点 PART1は試練と成長の物語的映画(10.11/20)

    2010-11-23  by HALU

    京都市内のシネコンにて観賞。
    ハーマイオニー(エマ・ワトソン)の<オブリビエイト>という、非常に哀しくて切ない呪文から幕を開ける本作の最終章のPART1(前編)ですが、前作の『謎のプリンス』までは、未だ学園ラブコメディ要素も窺えた本シリーズでしたが、最終章に向かうということは、とりわけ主人公のハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)と、その宿敵であるヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)との距離感が徐々に縮まっていくという事でもあり、本シリーズの作品自体も、シリーズを重ねる度に、ヘビーでダークな色合いとなってきており、本作『死の秘宝・PART1』もまさしく悲壮感漂うストーリー展開であり、コメディ要素はスッカリ影を潜めてしまっておりました。

    特に、本作の監督も、製作サイドが『不死鳥の騎士団』から続く、デヴィッド・イェーツ監督が引き続いて、次作の最終章『死の秘宝・PART2(後編)』まで製作を託しております様に、本作の最終章『死の秘宝・PART1(前編)』を、ご鑑賞なされる前に、事前の予習復習をするのであれば、せめて、『不死鳥の騎士団』辺りから予習復習して、ご観賞に臨まれますと、本作でも新キャラも多数居る中でも、魔法省のドローレス・アンブリッジ女史(イメルダ・スタウントン)などの懐かしいキャラも登場しているので、十二分に楽しめる事でしょう。

    さて、ストーリー構成の内容的には、もはやホグワーツ魔法学校が舞台では無く、あのダンブルドア校長亡き後、ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)、ハーマイオニー、そして主人公のハリー・ポッターが課せられた使命であるヴォルデモート卿を倒す鍵を握る<分霊箱>を見付けて、破壊すべく、強調し合い、苦悩し、友情、そして愛情と言った成長物語を描いた映画でしたが、しかしながら、これまで以上に、児童文学の域を超えた、アダルト志向の描写も見受けられましたので、これまで第1作目から観続けて来られて、本シリーズの主要キャストと同じように成長としてきたお子様でしたらば観るに耐え得るかもしれないですが、いきなり本作品が本シリーズの初見の作品の場合でしたらば、未だ幼いお子様には適さない映画とも言えるかもしれないくらいに、どちらかといえば大人向けに作ってある映画でした。

    また、肝心の副題の<死の秘宝>の逸話たる<3兄弟の物語>に至る辺りから、次回作の最終章『死の秘宝・PART2(後編)』の今後の展開の推理が予想出来てしまいそうではありましたが、とは言えども、この最終章『死の秘宝』を全1作品にまとめ上げるには、PART1でもこれだけ詰め込み過ぎているくらいに展開が早い映画でも有り、もしも全1作品にまとめ上げるとすれば、約4〜5時間の尺の映画になってしまっていたことでしょうし、この最終章のみ、この様に、PART1(前編)・PART2(後編)に分けて製作しても、いたし方なかったことでしょう。

    そして、なんと言っても、特筆すべきは、ロン・ウィズリーの成長ぶりでしょうね。
    また、第2作目の『秘密の部屋』のドビーも参戦してきて…。
    と言ったストーリー展開でした。

    あとは観てのお楽しみです。
    最終章『死の秘宝・PART2(後編)』での大団円的な本当の意味合いでの<最終章>のクライマックスが今から待ち遠しい限りです。

    PART2の公開は2011年7月15日(金)の予定です。
    今度こそ実写版フル3D上映で観てみたいものですね。

    ※尚、エンドロール終了後にも、次回作の予告編もオマケも全く一切無く、過去作の様な、エンドロールでの<遊び心>も全く無いものでしたので、主要キャストの名前が浮かび上がったら、直ぐに退場しても全く支障の無い映画だった点が多少残念でも有りました。

    私的な評価と致しましては、本来的な最終章の『死の秘宝・PART2(後編)』にも期待も込めたい意味合いからも、★★★★(80点)と、昨年度の『謎のプリンス』よりも高評価を付けさせて頂きました。

    お勧め作品です。

  • 70点 画面全体を暗い影が覆う

    2010-11-23  by 優駿

    とにかくダークな展開。
    画面全体を暗い影が覆う。
    その中でハリー、ロン、ハーマイオニー
    それぞれの苦悩が描き出されている。
    友情・愛情・憎悪が入り乱れて
    それらの想いが画面の中で交錯する。

    ストーリー展開という野暮な事は言わずに
    先ずはこの最終章のPART1を
    映画館で思いっきり楽しんで欲しい。

    大蛇が襲うシーンや
    別れのシーンなど
    見どころもたくさん。
    きっとハリポタの世界にどっぷりと嵌るはずです。

    惜しむらくは
    エンドタイトル時にPART2に関する
    何らかの予告を織り交ぜてくれたなら…。
    そこが不満。
    普通にエンドクレジットが流れるのみ。
    何か非常に勿体ない感を感じてしまった。

    とにかく2011年7月15日公開の
    『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』
    まで待ちきれない。

  • 80点 ‘2D上映’ってなに?

    2010-11-19  by カメラマンのあっきー

    始まってすぐに「オブリビエイト」の呪文で泣かされてしまった。
    そして、すぐに考えながら観る事をやめた。
    ただ目の前で展開される映像に身をゆだねる。
    「2001年 宇宙の旅」と同じ鑑賞方法に自動的にスイッチが切り替わった。
    過去のシリーズ中、最も映画的な映画。すごく良く出来た映画だ。
    今までの子供だましのような映画から、出演者の成長(ロンの目の下瞼がたるんでしわになってる)と共に観念的な映像が増えて大人の映画になっている。
    いつもながら美術は素晴らしいのだが今回は特にロケーションがとても美しい。今年観た映画の中で飛びぬけて一番綺麗だった。
    観終わったあとの感想は『インセプション』の時と同じ「難解とは思わないけれど語り口が悪く分かりにくい映画だな」ということだった。
    だんだん作っている方が物足りなくなってきてしまうんだろうな。もっとストレートな表現でいいと思うけれど…。
    最終章を2時間半×2本にするのには中途半端なのではなかろうか。
    3時間半の長尺1本にまとめた方が良かったのでは…。

    それにしても109シネマズのスクリーン7‘I MAX’は素晴らしい劇場だ。今回3D上映ではなくなってしまったがそれでもこのスクリーンの素晴らしさは十分堪能することができた。

  • 100点 I do not want to use・・・

    2010-11-19  by

    ほぼほぼ原作に沿っての展開だったと思います。
    (ハーマイオニーの苦悩を除いて)
    あの膨大な量の情報をどう映像化するのか興味深(毎章そうですが)ったのですが、満足の域でしょう。と、申しましても(毎回ですが)私は結構なポッタリアンなので点数は甘いー。

    この章は学生気分のちょっと‘お楽しみ’な部分は全く影を潜め、暗黒の時代が到来した重苦しさ、使いたくもない呪文を使わざるを得ないそれぞれの立場の苦しさがよく描かれています。
    原作読者にはお判りでしょうが、三人が旅する上で直面する孤独・苦悩、荒涼・殺伐感。単調な中にもよく心情が表れています。
    引き続き指揮をとるデヴィッド・イェーツの真骨頂でしょう。

    児童文学というにはあまりにも深刻な状況のお話です。いまや引き続き観続けている“昔のお子様”以外、本当のお子様には娯楽鑑賞に不向きかとも思われます。

    前編後編に分かれている最終章ですが、ストーリー自体はガッツリこのPart1に詰め込まれているので、原作に沿った「1」は静かに、来年の「2」では回想シーンを含めたっぷりと細かなディテール(メンバーも総出で!)で壮大なる終焉に向かう事をより期待しています。

  • 50点 話が細切れじゃ

    2010-12-14  by 朗らか星人

    原作を読んでない人にはしんどいぞ
    私もそうだった
    出てくるキャラ出てくるキャラ
    次々と死んだり
    え?途中で退場?もう出てこないの?
    それとも今どこかでハリーのために
    なにかやってるの?
    みたいな展望がまるでみえなかったりと
    とにかくしんどい映画だった
    今までもそうだったけど
    とりあえずみんなのおうち
    学園という枠組みがあったおかげで
    なんとかまとめることができたのに
    今回はそんなのないし
    だからぶっちゃらけでとりとめがない感じ

    とにかくしんどい映画でした

  • 80点 ラストに向けて

    2010-11-25  by 月のうさぎ

    つなぎのような映画だったが良かった。
    今回何回か泣いてしまった。
    早くラストが見たい。

  • 90点 このシリーズ初めて、じっくりと見せてくれた

    2010-11-20  by 魔人ブウ*

    あれ?やればできるんじゃん!という感じのハリポタ。

    ハリーポッターと謎のプリンス(http://blog.livedoor.jp/buu2/archives/50864224.html)も結構良かったけれど、それよりも本作の方がさらにできが良いと思う。話が唐突じゃないのがまず一番。今までのハリポタって、あー、原作はもっときちんと書きこまれているんだろうなぁ、という印象が強くて、飛ばし過ぎな感じだった。前作はその印象が結構薄くて、本作では全然そういう印象を受けない。って、それは単にパート1、パート2に分けたからか。全部こうすれば良かったのに。お金かかって仕方ないけど。やっぱり、今までの作品は映画としては無理がありすぎたよ。

    それで、2作品に分離分割したら随分と余裕ができたみたいで、映画としては非常に良かったと思う。長いけど。いや、長いよね、この映画。なんか、意味もなく(意味が無いように見える(笑))あっち行ったりこっちに来たりしていて、挙句に目標のブツがそれですかー、みたいな展開は全くどうかと思うのですが、児童文学ベースだからこんなものか。それで、そうやってのんびりやっているうちに主人公の3人はすっかり年を取っちゃって、原作では何歳なんだろう?ハマイオニー(ハーマイオニーじゃないよね?)はすっかり美人さんになってしまって、残りの二人は「ありゃりゃ」という感じだけれど、僕にとってはこのシリーズは前々作までハマイオニーを観るだけのものだったので全然問題ない。

    え、この登場人物(?)が死んじゃうの?という悲しくてショックな場面もあったけれど、とにかくお気に入りの二人の女の子がそこそこ頑張っていたので許す。

    前後編に分かれているからきっと変なところで終わるんだろうなぁ、と思ったら、そんなこともなかった。特に違和感のない終わり方だったと思う。いや、マジで観て損はない。ただ、前作までの復習はもちろん必要。

    えっと、それで次はいつなんですかね?来年のGWぐらいですかね?全部忘れちゃいそうなんですが(汗)。

  • 70点 PART2に期待を持たせる

    2010-12-30  by バグース

    今や惰性そのもので見ている感もするが、見ないと後悔するかもしれないので観賞。

    結論から言うと「マズマズ楽しめる」と云う印象で、前作に比べるとストーリーに纏まりもありソコソコ評価できる。

    前作で前振りと思われるシーンがあったが、今作にはあまり出て来ないので少々首を傾げた。PART2期待と云った処か。

    ここまで来るとPART2は最後の最後だけに絶対に見るだろうが、“どうぞドキドキさせて下さい”と切に希望している。

  • 40点 イチャイチャ/ダラダラ/グダグダ

    2010-12-25  by 天吾

    正直もうマンネリ気味。
    まず、ハリーとロンの確執。
    シリーズで毎回盛り込まれ、その度に乗り越えているがいい加減にして欲しい。
    戦争中で実際に多くの仲間が死んでいるというのに、嫉妬とか劣等感とか毎度のことだが、のん気すぎる。
    そんなに余裕あるはずないだろう。
    今回はロンが冒頭で「覚悟した」と言っていたから尚更。
    折角成長したと思ったのにガッカリした。

    一番酷かったのは中盤から終盤。
    “逃亡”のあたりである。
    所々何をしたいのか、明確な目的が分からない。
    もちろん一応は、こう動くと口で言ってはいるのだが、その割には動かないでじっとしている時間が多すぎる。
    なんでこんなにダラダラしているのだろうとイライラした。
    何のために動いているのか。
    何のために悩んでいるのか。
    行動や思考の目的が曖昧すぎるし、意志が弱すぎる。
    また、終盤にかけては、一応人間が感動する“ツボ”は押さえているが。
    しかし、中盤でダラダラしていたくせに、終盤のほうの展開が急すぎるため違和感。
    おそらく脚本の時点で、失敗しているんだと思うが…。
    ボン・ボン・キュは、バランスが悪すぎる。
    まるでオチをオマケとしてつけたみたいに感じた。
    無理矢理感動させてくるという印象すら受けてしまったくらいだ。

    ただし良かった部分もある。
    冒頭のほうは、全体的に60〜70点くらいの満足度だった。
    テンポも良かったし、戦争に行く子供たちを見るようで、グッと来るものはあった。
    それに3Dでの公開を予定していたというだけあって迫力満点。
    音楽はシリーズ通して、相変わらず素晴らしい。

    オススメは絶対にしないが、観たい人は観れば良いレベル。
    特に止めもしない。個人的にはDVDで十分だと思うけれど。

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1の作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

関連DVD

ハリー・ポッター コンプリート 8-Film BOX (24枚組) [Blu-ray]

  • 定価:32400円(税込)
  • 価格:22307円(税込)
  • OFF:10093円(31%)

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 [DVD]

  • 定価:1543円(税込)
  • 価格:927円(税込)
  • OFF:616円(39%)

作品情報

(C)2010 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.Harry Potter Publishing Rights(C)J.K.R.Harry Potter characters, names and related indicia are trademarks of and(C)Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

 



ジャッキー・チェン近年の3作品からひも解くジャッキー映画の神髄、ここにアリ!
編集部がおススメする! 今年の見どころ 第43回ぴあフィルムフェスティバル特集
多くの人の心を震わせた感動のアニメーションが早くもデジタル配信スタート!『ジョゼと虎と魚たち』特集
映画を通して世界を旅しよう!SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021 特集
ファン待望の劇場版がいよいよブルーレイ&DVDに!『劇場版ポルノグラファー〜プレイバック〜』特集
マーベルに待望の“新ヒーロー”誕生! 映画『シャン・チー』の魅力を徹底分析
世界のホラー映画が日本に集結!シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2021&MORE!!
待望のブルーレイ&DVD発売を記念して、深川麻衣にロングインタビュー!『おもいで写眞』特集
待望のブルーレイ&DVD発売を記念して、深川麻衣にロングインタビュー!『おもいで写眞』特集
前情報なしで観た映画ファンの感想は?“誰もが行ってみたい場所”『岬のマヨイガ』の魅力
夏目! 峯田! 江口! 最強スタッフが集結したSF青春群像劇!
『Sonny Boy』特集
ディズニー最新作『ジャングル・クルーズ』冒険ガイド
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】