ただいまの掲載件数は タイトル68292件 口コミ 1212538件 劇場 602件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > バイオハザード:ザ・ファイナル > バイオハザード:ザ・ファイナル (初回生産限定) [DVD]

バイオハザード:ザ・ファイナル (初回生産限定) [DVD]

『バイオハザード:ザ・ファイナル (初回生産限定) [DVD]』を価格比較。★★★☆(66点)『バイオハザード:ザ・ファイナル』に対するみんなのクチコミ情報などもあります。

バイオハザード:ザ・ファイナル (初回生産限定) [DVD]
66点
監督 ポール・W・S・アンダーソン
出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ,アリ・ラーター,ショーン・ロバーツ,ルビー・ローズ,ローラ
発売日 2017年3月22日
定価 4,104円(税込)

 

価格比較

バイオハザード:ザ・ファイナル (初回生産限定) [DVD] 927円 (税込)
在庫あり。
Amazonで買う
バイオハザード:ザ・ファイナル (初回生産限定) [DVD] 売り切れ  

 

商品詳細情報

販売元 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日 2017年3月22日
リージョン 2
ディスク枚数 1
形式 DVD


ぴあ映画生活ユーザーによる「バイオハザード:ザ・ファイナル」のレビュー

  • 50点 パイでハサーむド:ク・サイアナル

    2017-11-01  by A S M R PURNA

    んぎャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!\(((◎o◎)))/!!!!!


    そんで〜


    臭いお尻をキレイ、キレイにね〜〜〜ヾ(≧▽≦)ノ

  • 90点 ローラはラクーンシティの籠城作戦であっさり死ん...

    2020-12-01  by エルオレンス

    最初は期待していませんでしたが、結構面白かったです。映画第1作目【バイオハザード】【バイオハザードU】までは見応えがありましたが、V〜Xまでは失望させられました。本作完結編を予習・復習しなくてもノープレブレム。本作冒頭はアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)のモノローグ。ここで物語背景の発端が新事実とともに語られます。1作目から5作目までに起きた出来事を語り、残りわずかな人類の存亡をかけてアリスは語ります。「私はアリス。これが最後の物語。」1作目で掲げたテーマを完結編で上手く回収出来たと思います。基はゲームとはいえB級テイストながら14年間もかかったシリーズで、正直V〜Xの印象がとにかく薄かったのですが、本作は映画的文法もうまく表現されており、ゲームの演出が引用されていることも伝わってきます。寄り道話ではなく正真正銘の完結編。今後、シリーズが作られてもそれはアリスの物語ではないと思う確信があります。
    タイトル後の本編冒頭から約30分はアリスだけの一人称視点で描写。最初からアクションフルスロットルでアドレナリン全開モードです。アンブレラ戦闘員たちに宙吊りにされるシーンで左手に「グロック17」を持っていますが、ここまでの冒頭30分だけに関しては星評価★★★★★を付けてもいい位良く出来ていました。その後ラクーンシティでクレアたちのいる生き残りの武装グループと合流すると、陳腐なドラマが展開されますが、それもほんの僅か。殆ど全編がアクションばかりで飽きさせないサービス精神に溢れた内容。
    【ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔】クライマックスのヘルム峡谷の戦いを模したかのような籠城作戦から(わずか十数分)、【007】【ダイ・ハード】のような狭い通気孔の移動、【マッドマックス】ばりのアクションなどアンダーソン監督の映画オタクぶりも発揮されている。ローラはラクーンシティの籠城作戦であっさり死んでしまいます。例えるなら【アルマゲドン】の松田聖子のような出番の少なさ。台詞は二言三言。女優として実績もないのに出資企業関係のコネか何なのか裏口から入って椅子取りゲームに参加したが、おそらくほとんどの映画ファンの期待通り納得の最期を迎える。寄り目で死ぬところは“迷”演技だ。全くドラマに関与せず、出演している場面とそうでない場面の繋がりの悪い不自然さは【メジャーリーグ・2〜3】の石橋貴明のような使われ方、という表現が一番近いと思う。まあ、こんなもんでしょ。出ただけでもいいんじゃない。(好意的感想)
    『ハムレット』的な復讐劇の顛末とアリスの正体(アリシアのクローン)の謎が解けて全てが交わるカタルシスも良かったのですが、人の記憶の不確かさ、真実と信仰の違いなど、高尚なテーマを目指していたことも最後に判明。そのわりにはモタモタしたシリーズでしたが、嫌いじゃない終わり方です。映画とは一時の夢・・・狂言回し的なアリスの役目は終わり、エンドロールのラストにはレッドクイーンから観客の皆さんにメッセージがあります。その意味が解れば、戦車に縛られ死者に追われるような富裕層の奴隷にならずにすみます。

  • 70点 ゾンビはおまけになってしまいました。

    2017-09-18  by ゼーン

    これが最後なんだろーなーという感じはします。でも、作っちゃても許されるとも思います。

    もう作品の繋がりや、シリーズの流れは気にしてません。この作品のみを楽しみました。あの通路を移動してくるレーザーは懐かしかったです。

    で、思い出すのは元のゲーム。20年くらい前の話です。

    このバイオハザードシリーズは、そういえば観たなーと思い出すとしても、再度全作観なおすことはしないでしょう。

  • 70点 15年間よく付き合ってきました!

    2017-02-02  by 影無茶

    ゾンビ映画と知らずに見た一作目からもう15年!
    2作目まではよく覚えているのに3作目以降はほとんど覚えていないというまるで高齢者の記憶のような状態で迎えたファイナル。
    ローグワンでさえガラガラだった地元の映画館。
    今日は私だけかもと思ったら、何と何とざっと20人は入ってる!
    そうか、これはもう1作目から見続けてここまで来たら最後までつきあわなしゃあないって人達ばかりなのねと思いました。
    かくゆう私がそうなんです。
    同族じゃ!
    もう、パターンは最近こればっかりって感じですが、とりあえず最初から最後まで一気に駆け抜けてくれるので眠くなることはありません。
    もうこれやったらとっくに終わっててもかまわないんじゃないですか?
    いや、もうストーリーとしてはほとんど成り立っていないですね。
    何だかサラマンダーかいなって思うところもあるし。
    ジョボビッチもさすがに年取りましたね。
    ローラ?何?
    お〜終わった終わった。
    ファイナルだ〜
    これで卒業出来ました。
    これだけ無茶苦茶書いて70点ってオレおかしくなりました?
    いやもう最後まで付き合った自分へのご褒美として。
    低い点じゃさびしすぎるじゃん。

  • 60点 おつかれー

    2017-01-23  by 未登録ユーザmoos

    ミラ・ジョボビッチ14年間ご苦労さん。
    40歳を超えてサイボーグ並みのアクションは大変だったはず。
    ローラの堅い表情は現場の重圧が伝わってくるようだった。
    しかし二言くらいしゃべってグエー。
    シリーズ中もっとも質素で最終章としてはさみしかった。
    それならラストもじみーな終わり方でよかったじゃん。

  • 60点 ミラ・ジョヴォビッチの一発芸「命」

    2016-12-30  by えんぞ

    エサに群がるアンデッドのごとく
    ついついミラにつられて観てしまうこのシリーズ

    オジサンの理解力がないのか
    単にシリーズものとしてとっちらかっているだけなのか
    あれがこうなってああなって
    わけわからん!

    結局 ラグーンシティにもどって
    この結末を向かえるんなら
    3作目以降いらないんじゃないか

    アクションシーンも暗いしカットが細かいし
    あれがこうなってああなって
    わけわからん!

    時代はアリスからフュリオサになってるな
    これが最後でもいいかなって観てたけど・・・

    おい まだ続くんかい!!

  • 40点 ほんとにスゴイ??

    2016-12-28  by ダイゴロー

    細かいカットと画面揺れでアクションをごまかさないで〜!ちゃんと見せられないならスタントマン使ってでもいいからさ・・・。フラストレーションばかり溜まる・・・;

    あとさ、敵が出てきたときの無駄にでかい音!!多用しすぎて味方が出てきたときまでデデーーン!!って・・・音でビビるのと怖いのは別もんだよ。怖い演出できないならバイオの映画やらないでー!

    ほんとにこれでスゴイと言える??ゾンビもクリーチャーもブレブレで結局はっきり見てないし・・・。デザインした人かわいそ・・・。エンドロールの後の一言も特にいらなかった。

    最後のほうの展開はよかったので甘めに・・・。

  • 60点 老後の国のアリス

    2016-12-24  by くりふ

    このシリーズはエクスプロイテーションだと割り切ったらけっこう楽しめるようになり、今回もロジャー・コーマン映画でもみる感覚で、ポップコーン頬張りながら頭カラにして面白がろう…と思ったが…さすがにこれだけおんなじコト繰り返していると飽きるわ。当たり前か。が、オチはよかったので救われた。ちょっと感動しちゃったりなんかもして。

    ミラさんも40を超え完全にマダム顔となり、ママさんになった辺りから脱がなくもなったけれど、その清潔美は健在。自分の奥さんフェチの監督も、奥さんの魅せ方外さないね。今回は、自分の娘フェチであることも披露しました。まあ、元々可愛いよね、ミラ娘。子役で潰れずいい女優さんに育つといいな。

    あの「3世代アリス」も、監督にとってはホームムービー。通常の映画としてみれば凡庸だけど、愛の隠し味を感じられるおかげで、ちょっといいシーンにグレードアップしていました。アイデアとしても、例えば『オブリビオン』に似ているけれど、私はコチラの方がずっと素直に頷けます。

    シリーズ途中の展開はすっかり忘れましたが、このオチなら一作目でこの騒動、解決できたじゃん!などという無粋なことには気づかないフリしときます。シリーズ化のおかげで、ミニスカ&チューブトップのジルが登場できたわけで。彼女にはもっと活躍して欲しかったけどね。

    ローラは、口からナマコ4本ひり出していた中島美嘉よりずっとマトモな役でしたが、別に必要ない役でもありました(哀)。もしかして日本公開版のみの出演かなあ?日本製ゲームが原作であるこのシリーズ、けっこう日本に色目つかっているものね。

    あと、しょせんCGだけど、ラストの「ウェーブ・オブ・ザ・デッド」は絵的にすこし面白かった。ゴキジェットなみのスピードで効く空気感染ってスゴイ、と感心してしまいました。

  • 0点 大丈夫か?

    2019-10-31  by ニコラ

    こんなのを最後まで見てて、えっ? 自分もこっそり最後まで見ました。これでシリーズ終了やろな、続きを制作したらその方が“コワイ”。タバコ0本。

  • 70点 ついに完結

    2019-03-03  by EGライダー

    ミラ・ジョボビッチ主演のシリーズの完結編
    前作までのストーリー?え〜と・・
    私は完全に忘れたけれど、十分楽しめます。
    考える映画ではなく感じる映画

    ミラも年は取ったけれど、体形やアクションは◎
    ハラハラドキドキの展開も期待通り
    いろんな意味でこれぞアメリカ映画・・素晴らしい。
    これで完結ということで10点プラス!

この他のレビュー閲覧やレビューの投稿は バイオハザード:ザ・ファイナルの作品ページ へどうぞ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

 



【特集】松竹ヌーヴェル・ヴァーグが輩出した監督たち
幻の日本語吹替を収録した豪華ブルーレイが発売に! 森崎ウィンインタビューも! 『ウエスト・サイド物語』特集
“世界最強のチーム”は日本にいた!『必殺仕事人』特集
魔法とミュージカルで描くディズニー最新作『ミラベルと魔法だらけの家』特集
『連続ドラマW いりびと―異邦人―』特集
鈴木清順まぼろしの問題作がついに配信開始!『カポネ大いに泣く』特集
リドリー・スコットXマット・デイモン 衝撃の実話『最後の決闘裁判』特集
ジャッキー・チェン近年の3作品からひも解くジャッキー映画の神髄、ここにアリ!
世界のホラー映画が日本に集結!シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2021&MORE!!
変わる! 東京国際映画祭2021 特集
マーベルに待望の“新ヒーロー”誕生! 映画『シャン・チー』の魅力を徹底分析
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
編集部がおススメする! 今年の見どころ 第43回ぴあフィルムフェスティバル特集