ただいまの掲載件数は タイトル56838件 口コミ 1119231件 劇場 587件

赤ヒゲ さん

赤ヒゲさんのレビュー一覧

ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

469件中1-10件

  • 20点 不自然かな…(0)

    2014年3月8日 to ヒミズ

    画像

    主人公2人の迫真の演技はとても素晴らしい!ただ、私には中学生に見えませんでした。仮に中学生だとして、震災で家を失った大人たちが中学生を「住田さ〜ん」と慕い、もり立てている様子が媚びているようにも見え、しっくりきませんでした。中学校を休んでいる生徒がいてそのままになっているのも違和感があるし、父親の強烈な台詞についても、そこまで言わざるを得ない状況に説得力を感じませんでした。ありえないような設定の中でもリアリティを感じる作品は多いと思いますが、今作については不自然さの方が先に立ってしまい、十分に作品のよさを楽しめませんでした。わりと評価の高い作品のようなので、単に自分の感性に合わないだけかもしれませんが…。

     

     

  • 20点 ライト!(0)

    2017年1月1日 to 恋空

    画像

    映画の評判は全く知らず、新垣結衣さん目当てで鑑賞しました(笑)。三浦春馬さんも「永遠の0」の演技でとても好感をもっている俳優でしたので、見始めて仰天しました。あまりに物事が簡単に進んでしまい、正直、感覚的についていけませんでした。ケータイ小説の代表作であり、小説も200万部を超えて読まれていることを考えると、共感、支持されていることも事実なのでしょう。おじさんには無理でした…。

     

     

  • 30点 女性の視点かな?(0)

    2012年1月29日 to ミラノ、愛に生きる

    画像

    ミラノの上流家庭にカメラが入っていくと、それはそれはゴージャスな世界!繊維業で一財産を築いたレッキ家の面々が次々現れ、誰が主役がよくわからぬまま、どことなく訳あり風なサスペンスを感じさせる幕開けでした。その後いろいろあり(ネタバレになるので書きませんが)、ティルダ・スウィントン扮するエンマが、格式張った上流家庭の中で閉じ込めてきた魂を開放させるがごとく愛に目覚めていく展開は、アッと驚くものでした。エンマの欲望が全然見えてなかった自分にも驚きましたが、正直なところ共感もできず、見ていて痛々しかったです。自分に足りない視点を発見したという意味では、貴重な体験でしたが…。

     

     

  • 30点 猫族(0)

    2016年12月4日 to キャット・ピープル〈1981年〉

    「ぼくのエリ」的な悲哀を勝手に期待していましたが、だいぶ違ったテイストでした。ナスターシャ・キンスキーの美貌は素晴らしいのですが、特段の意味もないところで服を脱ぐのは勿体ないと思いました(監督には意図があったのかもしれませんが…笑)。

     

     

  • 30点 村岡さんが…(0)

    2014年7月20日 to HK 変態仮面

    画像

    「花子とアン」で韓流スターのような爽やかな村岡役の鈴木亮平がHKだったと知り、単なるお下劣作品ではないのかも、と思って拝見しました。それほど期待も高くなかったため失望感はないものの、「そんなに面白いかなぁ?」という印象でした。パンティを頭に被ると正義の使者になるといういうアイデアだけは新機軸ですが、あとは使い古された小ネタばかり。確かにわかりきってても楽しめちゃえばいいので、これはこれでアリですけど、個人的にはつまらなかったです。村岡さんが実はHKだった、という話ならかなり衝撃的で面白そうですが…。

     

     

  • 40点 少々退屈でした…(0)

    2014年8月15日 to サンゴレンジャー

    画像

    名前だけ聞いたら戦隊モノのようですが、中身は違います。美しい沖縄を舞台に、サンゴを守る派と橋の建設派のせめぎ合いがあり、恋愛や友情など色々と盛り込んでいますが、ありがちな展開とベタな台詞ばかり…。良心的な作品かもしれませんが、ひねりの利いた意外性を求める向きには少々退屈でしょう。

     

     

  • 40点 う〜ん(0)

    2017年7月17日 to 蛇にピアス

    画像

    芥川賞受賞作ということもあって観ましたが、正直、理解不能に陥りました。吉高さんが惜しげもなく美しい躰をさらし、何度となく激しいプレイを演じていますが、物語の意味がよくわからないので、勿体ないような、行き場のない虚しさを感じてしまいました。こういうのも理解できるようになれたら楽しいのにと思いますが…。

     

    共感:1人

     

  • 50点 貴重な記録映画ですが…(0)

    2014年9月7日 to アンナ・マグダレーナ・バッハの日記

    「音楽の父」ともいわれる18世紀の大音楽家、ヨーハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750)の音楽を当時の衣装や古楽器を用いて、忠実に再現した作品。バッハ役のグスタフ・ロンハルトをはじめ、その道のそうそうたる重鎮の演奏がすばらしい。ただ、バッハにもクラシック音楽に疎い者にとっては、正直、その凄さがよくわからない。ナレーションも素人向けではなく、登場する人物名や地名などもちんぷんかんぷんで理解が全く追いつきませんでした。エンターテイメント性はないので、見て楽しめる人は限られるかもしれませんが、ファンには堪らない作品でしょう(僕にDVDを貸してくれた友人は、かなり気に入ってました)。

     

     

  • 50点 期待過剰だったかな…(0)

    2015年4月10日 to 女子ーズ

    画像

    女子のみの戦隊が旬の女優さんで勢揃いという部分を大いに期待して鑑賞しましたが、ストーリーがまったりし過ぎていて、笑う部分もそれほどでもありませんでした。「HK」同様、たぶん、笑いのツボが自分にはないところにあったのでしょう。途中でウトウトしてしまったので、ちゃんとした満足度とはいえません(すみません…)。

     

     

  • 50点 記憶の中のタイムリープ(0)

    2016年10月2日 to 時をかける少女〈1983年〉

    なんと人気のある原作なのでしょう!映画は何度もリメイクされ、テレビドラマ、アニメ…と、これからも作り続けられそうですね。原作は未読ですが、筒井康隆氏が想起した物語は、確かにワクワクできるファンタジーで楽しめます。原田知世が歌うテーマ曲が大ヒットした公開当時のことが懐かしく思い出されます。そして、作品にあるような年頃ならではの感覚が、今ではすっかり大昔のことのようなのに、記憶の中ではすぐ戻れてしまう感覚が、どこかタイムリープに通じているような気がしてしまいます。

     

     


[ 赤ヒゲ|映画情報のぴあ映画生活 ]
└トップページへ

赤ヒゲ さん

男性
カウンタ : 16742

マイエリア

お気に入り

お気に入りユーザー(11)

  • 出木杉のびた
  • Stella
  • 安室
  • 星空のマリオネット
  • はに丸
  • 魔人ブウ*
  • えんぞ
  • ハナミズ
  • みかずき
  • 猫ぴょん
  • ひょうろう

 

お気に入られ(10)

  • Stella
  • 星空のマリオネット
  • 出木杉のびた
  • みかずき
  • ひょうろう
  • 安室
  • ハナミズ
  • えんぞ
  • 猫ぴょん
  • はに丸

 


WOWOW『予兆 散歩する侵略者』特集
『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
モルモット吉田、宇野維正、門間雄介がたっぷり語る!第39回 PFF特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
サイン入りポスターほか豪華賞品が当たる! 『あさひなぐ』ツイッターキャンペーンがららぽーと4館で実施!
稀代の映像作家C・ノーラン最新作『ダンケルク』遂にそのベールを脱ぐ! エイリアン誕生の真実に迫る『エイリアン:コヴェナント』『散歩する侵略者』など近日更新。映画論評・批評の新コーナー
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ