ただいまの掲載件数は タイトル60033件 口コミ 1157482件 劇場 587件

hikarururu さん

hikarururuさんのレビュー一覧

ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

433件中1-10件

  • 10点 コメデイ?シリアス?時代劇?(1)

    2017年8月16日 to 忍びの国

    画像

    全てにおいて中途半端。

    コメデイ?シリアス?時代劇?
    語尾に「でもさー」に違和感。

    伊賀忍者たち、脇を個性派で固めすぎ。
    個性ばかりで、あぁ、現代劇なら良い味出してるよねぇ…。な俳優さんも、忍者としての芯の強さが、これっぽっちも感じられない。

    撮影期間短かったの?
    役作りできなかったの?
    CGあるから、どうにかなるさーって思ったの?

    本来、良き場面であろう
    伊勢谷さんとか、雄叫びあげる場面もシラケちゃった。
    國村準さんの場面なんか、最高じゃないですか。
    あぁ、もったいない。

    さらに、
    監督(未だどなたか存じ上げませんし、興味もなし)でも、
    原作(未読)でも、
    嵐(好きでも嫌いでもない)でも、
    伊勢谷さん(とりあえず)でもなく、
    ただただ、「伊賀忍者」というテーマにだけに惹かれて観に行った三重県民にとって、
    不快でしかなかったです。

    お金で仕事しようが何しようが、忍びとして生きるものの唯一無二の心技の強さを、もう少し感じさせてくださいよ、お願いしますよ。

    誰のせい?脚本?演出?思い出してもイラつきます。

    残念なことに、同じ日のその前に観た『パイレーツオブカリビアン』が、娯楽として素晴らし過ぎたから、余計かも…。

    そして、私の途中退場したくなった映画ベスト5に入った決定打が、音楽。

    なんじゃ、これー?!
    時代劇だけども、ちょっと、今風のジャズテイストとか、フリーソウルテイスト入れてみました、「どや、オシャレっでしょ?!」みたいな。
    勝新の座頭市みたいにしたかったの???
    それにしては、かっるい軽い、薄っペラペラ。
    この人、映画やドラマの音響に関して、耳でしか聴いてこなかったし、関わってこなかったんじゃない?
    ストーリの軽さを余計際立たせて、邪魔なだけだった。

     

    共感:2人

     

  • 10点 原作ファンでなければいいのかも知れませんが…。(0)

    2014年10月11日 to アンダー・ザ・スキン 種の捕食

    画像

    もう、残念で仕方ない…。
    原作者のミシェル・フェイバーは、これでOK出したのでしょうか?

    13年前に原作本読んで、めっちゃ、面白くって、ドキドキして、
    表紙の帯風なところか、あとがきに、映画化?!みたいなこと書いてあって、
    それから、ずっとず〜っと待ちわびて、待ちわびて、
    結果、これですか!

    原作読んでなければ、原作ファンでなければ、
    それなりに芸術的で、なんとなくカッコいいんじゃない?
    こういうの、個性的でオシャレじゃない?って前向きに感じれるかもだけど、
    あれですよ、これは、もう別物でしょう。
    補食の部分だけでしょ、原作から取ったの。

    ヨハンソンの女優魂はスゴいと思いますが…イサーリーの感情はどこにいったの?
    感情は、人間と同じでしょ。
    だから、補食に悩む部分も、自分ら人間に当てはめられる所もあるのに、
    そのあたりの表現が希薄。
    なんだかなぁ…。

     

     

  • 10点 あぁ…(0)

    2013年5月12日 to ペタル ダンス

    画像

    映像作家さんなんですねー
    どうりで、
    極力色を抑えた色彩で、ざらっとした画質とか
    確かに美しーし、わたし好きでしたが、
    そっちに力入れ過ぎっちゃいますかねぇ…。

    最初に「はしょったね。」ってセリフありましたけど、
    いやいや、セリフとか、いろんなもの、はしょり過ぎっしょ。

    あと、素晴らしい女優さん揃えてんのに、
    それを台無しにするよーな、残念な演技の子(忽那さんと絡んでた)いましたけど、
    もう少し、同レベルになってから出した方がよかったのでは…?

    とにかく、観終わった後のがっかり感、ハンパ無かったっす。

     

     

  • 20点 おゆうぎかいみたいな映画(0)

    2014年10月24日 to ふしぎな岬の物語

    画像

    中途半端。
    私事ですが、吉永小百合ブランドは、好みじゃないことが、よぉく解りました。
    悦子さんに、人を惹き付ける魅力が、ぜんぜん感じられなかったのです。
    谷さんや、浩司のが魅力的だったなぁ…。
    で、浩司と悦子さんの関係を、最後の方のセリフで、
    ひとまとめに一気に説明かいっ!みたいな。
    ブラザーズ5とかいりますか?
    なんだか、浅い人間ドラマでした。

     

    共感:7人

     

  • 20点 漫画未読(0)

    2017年12月17日 to 斉木楠雄のΨ難

    画像

    たまたま、時間が空き、こちらの作品しか合うものがなかったため鑑賞。
    おそらく、原作のファンの方と、男前の俳優さん、および橋本環奈ちゃんのファンが、変顔を見たくて行くのでは。
    環奈ちゃんの変顔、正直、多すぎて、途中からゲップ。

     

     

  • 20点 いやいやいや(0)

    2014年6月20日 to 美しい絵の崩壊

    画像

    ないですわぁ〜。
    幼馴染が仲良しこよしの居心地のいい環境のまんま母親になって、
    あぁ、困った息子作ちゃったよ…みたいな。
    いやぁ〜、母親以外の女が住んでないのか、この街は?!

    でも、女優さんお二人は、めっちゃキレイです。
    風景も、めっちゃキレイです。

    1,800円がもったいないから、最後まで我慢して観た…

     

     

  • 30点 イキりたいだけ。(0)

    2018年1月31日 to

    画像

    原作の良さ、日本の小説の良さが、
    監督や制作サイドのイキりたいだけのエゴによって、
    ことごとく壊された残念な作品だったように思います。

    抽象画の様なカットの連打の無駄、
    作品の内容とは関係ない別の世界に連れていくミスマッチなテクノ音楽、
    ただただ自己満足の何者でもない気がして、
    嫌悪すら覚えました。

    ジェフ・ミルズさんは、原作を理解して音楽を作ったのでしょうか。
    イキった映像だけを見せられて作った音楽なら、
    これだけミスマッチなことも、まぁ、納得はいくかも知れません。

    そして、残念なのが、長谷川京子を覗く、俳優の皆さんが、本当に素晴らしい演技をされていることです。

    井浦新さん、瑛太さん、平田満さん、少しなのに存在感を放つ南果歩さん
    そして、想像以上に橋本マナミさんが、
    疲れた主婦の悲哀を上手く出されていることに感心し、これから、もっと、良い演技をされるのではないかと期待を抱きました。

    しかし、長谷川京子さん、お顔のインパクトが、作品に集中できないレベルになっていて、なんだか切なくなりました。

     

     

  • 30点 でっ?!(0)

    2015年4月30日 to イントゥ・ザ・ウッズ

    画像

    シンデレラに赤ずきん、ラプンツェルにジャックと豆の木
    いろんな童話が混じり合って…
    でっ?!
    なんか、全部が中途半端で、いったい何が言いたいのか良く解らなかった…。
    ラストも理解できず。

     

     

  • 30点 役者の皆さんが良かった(0)

    2016年6月4日 to あやしい彼女

    画像

    老女が、若返るという大きな奇想天外が、ひとつあるのだから、
    他の部分は、もっときちんと描いて欲しかった。

    わたし、歴史に詳しくないので、正誤は判らないのですが…
    73歳の方の、40年前ぐらいって、共同井戸で瓶洗うような時代?
    なんだか、苦労話の思い出部分にリアリティーがなさすぎて、まったく感情移入できず。

    さらに、オリジナル曲のクオリティの低さ。
    これで、あんな、大きな会場でコンサート開けるようになるなんて、
    どんな、裏の大きな力が働いてるのでしょ。

    役者の皆さんが良かっただけに、非常に残念。

     

     

  • 30点 監督独特の世界観(0)

    2017年4月4日 to トッド・ソロンズの子犬物語

    画像

    予告が、いちばん笑えたかな。
    ステキなピアノのBGMで、仔犬の汚物を30秒見せられた時は、
    苦い笑いが込み上げましたけどね。
    要所要所で、お気に入りのシーンは有るのだけども、全体的に見ると、ちょっと退屈。
    とにかく、邦題で「トッド・ソロンズの」ってつけるのは正解。
    この監督独特の世界観だから。
    『Winner-dog』だと、なんだか良く判らん。

     

     


[ hikarururu|映画情報のぴあ映画生活 ]
└トップページへ

hikarururu さん


カウンタ : 20330

マイエリア

お気に入り

お気に入りユーザー(0)

 

お気に入られ(4)

  • リリーローズ908
  • miyakosan
  • bubblechoco
  • rairakitta

 


ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集