ただいまの掲載件数は タイトル56409件 口コミ 1112592件 劇場 584件

くりふ さん

モア・クエイ

渋谷の松濤美術館にて、クエイ兄弟展を堪能。
http://www.shoto-museum.jp/exhibitions/173quay/
偏屈なアニメ作家ではなく、大したクリエイターなのだと改めて確認できました。PVやCMも随分撮っていると知ったが、驚いたのは、80年代末から舞台美術もかなり手掛けていたこと。バレエの舞台もやっている。ファンとしては、映画に使われたパペットと舞台の実物展示に一番、萌えたが(笑)。まだみられていない映画もけっこうあると知れ、全作上映、またはソフト化が成ると嬉しいなーと思った。

その他近況。

■イングリッシュ・ナショナル・バレエ 2017年日本公演に行きました。
http://www.nbs.or.jp/stages/2017/enb/
「コッペリア」「海賊」それぞれ感じたもの得たもの、沢山あるけれど、肝では、前者は重苦しい物語を舞台外に隠し、軽妙なSFコメディとしてまとめた二重性が面白く、後者は、海賊よりツイン・ヒロインの生き様に惹かれました。ユルギータ・ドロニナのしなやかな純朴娘演技と、タマラ・ロホの熟女な貫禄が沁みました。

■ダヤニータ・シン インドの大きな家の美術館 に行きました。
https://www.topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2778.html
行くまで女性の写真家だとは知らなかった。個々の写真ではあまり強さは感じなかったが、普段着のインドがよく顕れていて、ホッとするような写真群だった。女性を撮ったものが可愛らしくて、やはり視線が女性だな、と思った。特に、女性の図書館司書のポートレートが心に残る。インド映画の役所に出てくる、きったねー書類の大山が、現実もやはりそうなんだと妙に感心。

■シリアルキラー展U 後期 に行きました。
http://www.vanilla-gallery.com/archives/2017/20170511ab.html
殺人を快楽として実行できるとはどういうことか、犯人の作品から少しでも読み取れるか?と思ったが…やはりワカラン。自分と変わらぬ人間なのだが。持ち主も自慢しているが、エド・ゲイン私物のポケットサイズ聖書が強烈。人皮カバーかと思ったがさすがに違う。女体から剥いで作ったおっぱいチョッキ着て、月夜に踊りながら聖書を嗜んだのだろうか。クリスチャンの狂気は底なしだ。

※2007年登録、2009年退会(全投稿削除)、2010年に再登録しました。
<2017.7.23更新>

くりふ さんがファンになっている映画

まだ映画作品のファンになっていません。

[ くりふ|映画情報のぴあ映画生活 ]
└トップページへ

くりふ さん


カウンタ : 186366

お気に入り

お気に入りユーザー(19)

  • うお・あいにー
  • はに丸
  • 焼きナス
  • 奈菜
  • カイタカケン
  • *Lei
  • ゆうざぶろう
  • おみーな
  • すずらん
  • olddog
  • トラヴィス0525
  • こわれもの

 

お気に入られ(19)

  • 奈菜
  • すずらん
  • トラヴィス0525
  • ゆうざぶろう
  • としぞ。
  • トラップ大佐
  • おみーな
  • Garbera
  • うお・あいにー
  • こわれもの
  • lp
  • 焼きナス

 

池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
日米完全同時放送!『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。伝説の殺し屋キアヌがかえってきた! パワーアップしたガン・フーが炸裂する『ジョン・ウィック〜』ほか『忍びの国』『パワーレンジャー』など7月公開作更新中!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!
「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝