ただいまの掲載件数は タイトル58568件 口コミ 1141179件 劇場 590件

くりふ さん

映画を“素直にみる”ことの多様性

映画に否定的な感想に対し、“素直な気持ちで見るべきだ”なんて言い出す人がいます。内なる感情としてはアリでしょうが、自分の物差しで何でも計ろうとするのは間違いだよね。“素直にみる”ことにも個人差があって、その多様性が面白いのだから。

私は、王様は裸じゃないか!と素直に言えることが一番だと思います。

そのためには、そう見抜ける眼が必要だし、そうなれるよう、映画をみ重ねて磨くことも大切で、また楽しい行為です。…とはいえ、最近アホな映画に当たることが多く、飽きてきたのも事実ですが…。

作者や映画屋に踊らされていることにも気づけないのは論外ですが、こう見るべきだ、と硬直するのも問題。コメディ映画は笑わないといけないとかね。以前、本当にそう言っている人がいて驚きましたが。

■『セーラー服と女学生』展に行きました。
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/now.html
もちろん下心たっぷりに行きましたが、もちろんセーラー服史とそれがどう描かれてきたかを追った、マジメで適切な情報による充実展示でした。ミッションスクールの女校長が、自分の着ていたセーラー服を生徒にも着せようとしたのが始まりだと知る。今の感覚だと熟女コスプレがルーツなのか…深い!黎明期のアカデミックな展示から、いきなり森伸之さんのイラストに移るギャップが凄い!その間を埋めるものがないんだね。中村佑介さんが、竹久夢二〜林靜一の系譜を引き継ぐと宣言し活動していると知り、頷く。と、江津匡士さんの、日本の少女はセーラー服に嵌ってしまったのだ、という見立てに納得した。

■『竹久夢二 暮らしを彩る小さな美』展に行きました。
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yumeji/exhibition/now.html
上記のお隣で展示していたので。私は竹久夢二の絵画にも、夢二式美人にもそう惹かれないのですが、デザインは別。本の表紙、小物など絵画より鋭さがあり好きです。楽譜の表紙など今では貴重でしょう。双六などもカラフルで楽しい。感性に流されるより、思考し纏める作業が大きいデザインの方が、締まった作品になるのだろうか。

※2007年登録、2009年退会(全投稿削除)、2010年に再登録しました。
<2018.4.15更新>

くりふ さんがファンになっている映画

まだ映画作品のファンになっていません。

[ くりふ|映画情報のぴあ映画生活 ]
└トップページへ

くりふ さん


カウンタ : 208483

お気に入り

お気に入りユーザー(19)

  • Garbera
  • はに丸
  • Odile
  • としぞ。
  • すずらん
  • *Lei
  • 奈菜
  • 焼きナス
  • おみーな
  • カイタカケン
  • olddog
  • トラヴィス0525

 

お気に入られ(19)

  • olddog
  • ゆうざぶろう
  • Garbera
  • すずらん
  • としぞ。
  • lp
  • おみーな
  • *Lei
  • 奈菜
  • こわれもの
  • Odile
  • はに丸

 

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ゲット・アウト』×『マザー!』映画館で観たいのはどっち投票!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号が4/2発売!
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
巨匠スピルバーグがおくるSFアクション大作! 圧倒的没入感を味わえる『レディ・プレイヤー1』や佐藤健VS木梨憲武のアクション大作『いぬやしき』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
アカデミー賞をTOHOシネマズで楽しもう!
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ