ただいまの掲載件数は タイトル64224件 口コミ 1170593件 劇場 589件

八点鐘 さん

「幻燈」への郷愁

 平成29年(2017)現在、満58歳です。幼児期、『幻燈会』だの、16mmの子供向け短編『映画会』などと云う催しが、通っていた幼稚園や、公民館といった施設を使って、時折行われたりしたものでした。

 テレビも10歳あたりまで、我が家では白黒の機械。幻燈や映画の方は、無論既にカラーが観られましたけれども。

 タイトルなど全く憶えていませんが、それはアフリカの草原を舞台にした、動物が主人公の人形アニメでした。

 人間の放った矢で射られたライオンの傷口から流れ出る、真っ赤な「血」……。

 勿論モノクロにも、カラーにはない映像表現としての価値を大きく感じております。

 それはそれとして、その「血の赤」は衝撃でした。子供とはいえ、糸状の素材に依る作り物である位、ちゃんと理解はしていたものの。

 そうした、一種の原体験と云える様な記憶を携えながら、年を重ねても変る事なく映画というメディアを「好き」であり続け、やがて趣味の一つとなって、今を迎えている訳です。

 一体いつからとも云えない様な、知らぬ間に運んだ事ながら、自らで選び、望んで行っている、紛れもない私生活の一齣なのです。

 因みにタバコはやめ、酒はそもそも嗜みません。

 いずれにしろ折角の楽しみですし、或いはそれが空耳的な錯覚だとしても、せいぜい自分から進んで面白がろうとしなければ“損”ではないか、といった具合に心得ております。(それでも思わず首を傾げてしまう、肌に合わない作品も勿論なくはないですが……)


 殆ど何の知識も情報も持たず、幻燈の静止した絵や、或いは稚拙だからこそ、寧ろ想像力を掻き立てられる映像のトリックに、ひたすら見惚れていた時代、自分自身の姿が、今となっては羨ましい気がします。
 
 時には批判的言辞も弄するかとは思いますが、基本姿勢は「映画への愛着」であり、全ての作品に好意を抱いております。

 そして、誰に頼まれた訳でもなく、勝手にシャシャリ出て、コメントをぶつのですから、出来る限り慎重に表現致すべく努めたいと存ずる次第で御座います。

 そんな訳で、レビューとして口出しさせて頂いた場合、最低点などは付けないと思います。(メーター上存在しても、自動車の最高速を出す事がないのと同じ様に。しかし飽くまでも予定ですが・笑)

 何卒宜しくお願い致します^^


 P.S.

 登録前には“nix”というHNを使って「我が想い」を届けました。その作品は、以下です。ご参考までに。
「HOUSE〜ハウス」、「栄光のル・マン」、「回路」
(「サスペリアpart2」はシステム変更の際?に消えた様です)

 ※映画館が近場に少なくなって、今はDVD鑑賞が殆ど。こちらのサイトの主眼から外れた状況です。

 けれど映画は、映画館で、沢山の人たちの想いに囲まれながら、それを無意識にも感じつつ、大勢で一緒に観るのが一番であり、本来だと感じています。

八点鐘 さんがファンになっている映画

まだ映画作品のファンになっていません。

[ 八点鐘|映画情報のぴあ映画生活 ]
└トップページへ

八点鐘 さん


カウンタ : 4871

お気に入り

お気に入りユーザー(0)

 

お気に入られ(0)

 

“絶対に見逃せない”新ヒーローが登場『キャプテン・マーベル』特集
ディズニーの名作が新たな物語で実写化!『ダンボ』特集
ひげガールのレコメンド対決に投票しよう!  MC-1(見逃したシネマ)グランプリ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
その内容に業界激震!“最速・最短”全国劇場公開プロジェクト『岬の兄妹』緊急特集
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】