ただいまの掲載件数は タイトル60333件 口コミ 1160123件 劇場 588件

葵ジュニRSS さん

葵ジュニRSSさんのレビュー一覧

ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

1015件中1-10件

  • 10点 おれはホラー映画を見ていたと思ったらいつのまにか(0)

    2013年9月6日 to 放送禁止VTR 覗霊

    ドキュメンタリーホラー映画。
    まったく怖くも面白くない。
    以前レビューした「戦慄・都市伝説解剖FILE」と同じ制作会社でレポーターも同じ愛葉るび。
    なんかうさんくさいインタビューに始まり、ちょろっと外に出たと思ったら、あとは延々と車の中で話を聞かされ、ただただ眠くなるばかり。
    その後の衝撃映像が本当に衝撃だった。なんと愛葉るびのイメージビデオを、心霊が映ったビデオとして見せられる。
    その後もちゃちい合成映像を見せられるだけで、見所がまったくない。

     

     

  • 10点 これが世に出回っていることが一番凶々しい(0)

    2014年9月3日 to 凶<まがまがし>壱;呪女

    ホラー。投稿映像。オムニバス。
    各巻に再現映像3本と投稿心霊映像3本が同時収録の究極のホラーDVD!
    内容も、某ソーシャル・ネットワークで実しやかに噂される
    呪いの女子高生=通称・呪女(ノロジョ)からの拒否は出来ない地獄の友達リクエスト、
    幽霊出現率100%と言われるY県K村の林道をドライブ中に、
    あるカップルに起こったおぞましい体験等々、
    この世のものとは思えないありとあらゆる凶々(まがまが)しい現象を克明に記録!
    心霊ビデオ史上最恐の恐怖が、貴方の部屋までついてくる!

    女性ナレーションの珍しいホラー。ただ声が高いし不気味さがない。やはりホラーのナレーションは無難に男性の低く野太い声のほうがいいのでは。
    心霊映像と再現映像がいくつかあるが、どれもがまったくといっていいほど怖くない。怖がらせる気があるのか疑うレベルのしょぼいCGや加工映像が続く。
    見どころは佐山愛の胸くらいか。

     

     

  • 10点 声が聞き取りにくいとかクイズ以前の問題である(0)

    2014年8月2日 to Q

    ソリッドシチュエーションスリラー。
    ゲームマスターの声が小さすぎてかなり聞き取りにくい。そのため質問がわからずイライラ。質疑応答がこの映画のキモなだけに、さすがにひどすぎる。
    こういったソリシチュ系は好きだが、同じような映画はいくつもあり、それらと比べるとひねりが足りない。
    あまりにも登場人物みんながバカすぎるので、かけひきや騙し合いみたいなものがないし、殺害方法も一辺倒でしかも暗くて見えずつまらない。
    中盤以降にどんでん返しもあるが、その後の展開がしょぼい。集められた理由も、もう少し考えてほしいところ。

     

     

  • 10点 再現VTRを見たいわけではないのだが(0)

    2014年5月8日 to 地図から消えた村 杉沢村の呪い

    検証ホラー。
    とにかくひどい。
    杉沢村について一応取材はしているが、地元住民か劇団員かわからない人の証言のみで村を探し、たいした発見もなく投げっぱなしである。
    それでもしっかりと検証しているならまだしも、本作の大部分が証言者の再現VTRで作られており、その内容も全く怖くなくお粗末な出来である。
    なんの面白さも怖さも感じない駄作ホラー。

     

     

  • 10点 無駄な場面で薄く引き伸ばされた面白みのない本編(0)

    2015年4月8日 to ブラッディ・ナイト・ア・ゴーゴー

    ホラー。
    老舗デパートの閉店後に7人の少年少女達がやってくる。
    目当ては夏休みイベントのオープン前夜である「お化け屋敷」。
    そのデパートには少年の幽霊が出没するとの噂があり、肝試しに最適だったのだ。
    突如、謎の中華面が現れ、中華包丁で襲いかかってくる。
    それは、10年前、両親を惨殺された少女のトラウマ治療の為のショック療法だった筈なのだが・・

    完全なC級映画。すべてがひどい。
    キャラは薄いし、くだらない会話をひっぱりすぎ。全く怖くない中国のお面に、オチがわかりやすいという褒めるところがない本編。
    もっとダメなのは無駄な場面が多すぎるところである。
    なんのためにいるのかわからないメイド、途中で挿入されるくだらないシェフと三船美佳のやりとり、映画とまったく関係ないラップ部分。
    すべてが蛇足。

     

     

  • 10点 凶々しいというか大凶をひいた気分(0)

    2014年9月5日 to 凶<まがまがし> 死;幽囚

    ホラー。投稿映像。オムニバス。
    前作までの悪い部分がそのまま出ている。
    構成も幽霊もオチも使い回しのオンパレード。
    シリーズ最終作にふさわしい作りで、まったく伏線のない話が強引につなげてあって、最後は気持ちいいくらいの打ち切りエンドだった。

     

     

  • 10点 くれぐれも軽い気持ちでホラー映画を作ってはいけません(0)

    2013年9月6日 to 戦慄・都市伝説解剖FILE

    ドキュメンタリーホラー映画。
    絶対におすすめできない。ひどすぎて話にならない。
    元AV女優の愛葉るびが、都市伝説や事故多発地帯を現地レポートするのだが、とにかくひどい。
    まずレポーターがたどたどしくて、まったく話が頭に入ってこない。
    それにまったくといっていいほど心霊現象がおきない。ガチといえばガチなのだが、写真にも映らないし音らしきものの聞こえない。
    だから視聴者にはまったく怖さが伝わらず、唯一驚いたのはレポーターの唐突な叫び声という始末。
    普通だったら少しはヤラセで怖さの演出をしたり、もっと驚く演技をするものであるが、それがない。
    他にもレポートする場所が暗すぎて見づらい。周る場所が少ない。エロ要素がない。など不満を挙げればきりがない。

     

     

  • 10点 褒める部分が一つもないC級ゾンビ映画(0)

    2014年7月30日 to ゾンビ村 終わりなき逃亡(URL不明)

    ゾンビホラー。
    容赦なく襲い掛かるゾンビの恐怖を描いたホラームービー。車を飛ばし、シーズンオフの別荘地を訪れた4人の男女。強盗を働き逃走中の彼らは、そこでリーダーの一郎と落ち合うことになっていた。だが実は、一郎の正体は凶暴な性格のゾンビで…。

    ゾンビ映画好きだがこれはおすすめできない。数あるゾンビ映画の中でもかなりひどい部類のC級ゾンビ映画。
    まず出だしから期待できない。顔を少し白く塗ったゾンビらしきものが、人間に簡単にやられて口から血を吐く。
    安っぽい題名とあいまって、もうはずれの予感がプンプンする。
    とりあえずいろんなコスプレをしたゾンビが出てくるが、めちゃくちゃ動きが遅い上に数が少ない。それでもなぜかどんどんやられていく。
    人間同士の争いみたいなチンケな脚本も一通りこなし、最後にはなにかあると見せかけてオチもない。
    ゾンビは顔を白く塗っただけで手抜き感がひどい。少し白く塗ったのとか出てくると、ゾンビなのか人間なのか区別がつかない。
    ゾンビが発生した原因もどうでもいい。
    全然グロくもないし、エロもない。
    ただただ残念すぎる。

     

     

  • 10点 題材がまったく生かされてないC級ゾンビ映画(0)

    2014年8月31日 to 秋葉原ゾンビ

    ホラー。ゾンビ。
    日本有数の繁華街・秋葉原を舞台に、コスプレイヤーとゾンビが血みどろの戦いを繰り広げるゾンビホラー。秋葉原で謎のコスプレイヤー連続惨殺事件が発生。捜査を始めた刑事たちにゾンビの魔の手が襲い掛かり、次々に血祭りに上げられていく。

    いろいろと残念なC級ゾンビホラー。
    まずゾンビがまったく出てこない。経緯からどう考えても幽霊だと思うのだが、ゾンビという扱いでいいのか理解に苦しむ。
    その姿がしっかりと映るのも終盤になってから。
    アキバが舞台というのも特に意味がない。よくわからない連中がコスプレしてるだけという程度。どうせならメイドゾンビが大量発生したのを見たかった。
    CGを含め映像ももチープで自主制作レベル。怖さもない。多少グロはがんばっていたか。

     

     

  • 10点 まるで学習していない(0)

    2014年9月4日 to 凶<まがまがし> 参;連環

    ホラー。投稿映像。オムニバス。
    まるで変化がない。
    夢オチ、ループ、行方不明オチ。オチも変化がなければ出てくる女幽霊もいっしょ。
    加工映像も使い回し。撮影場所もいっしょ。
    今日の胸はピンクだった。

     

     



葵ジュニRSS さん


カウンタ : 25185

マイエリア

お気に入り

お気に入りユーザー(2)

  • 中村潤之介
  • Guntank

 

お気に入られ(0)

 


新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”