ただいまの掲載件数は タイトル57606件 口コミ 1126672件 劇場 594件

出木杉のびた さん

出木杉のびたさんのレビュー一覧

ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

2412件中1-10件

  • 100点 2007年邦画ベストワン!(5)

    2008年1月3日 to ALWAYS 続・三丁目の夕日

    画像

     続編というより一本の映画の後編という感じ。当初続編を作る予定がなかったにもかかわらず、うまくまとめたと思う。大傑作の前作のネタの受け有り、落ち有り、繰り返し有り。ほぼ同じトーンやテンションで前作のファンの心をガッシリとわしづかみ。期待を裏切らなかった監督、脚本、音楽、役者たちの奇跡のハーモニーが再び奏でられた。オープニングは、東宝の某シリーズの復活を予感させて嬉しい限り。
     家族3人でこの作品2回も鑑賞したが、やはり泣かされた。夕日が何故きれいに見えるか、僕も知っている。

     

    共感:8人

     

  • 90点 脚本の勝利(0)

    2008年1月3日 to キサラギ

    画像

    面白い。さすが「ALWAYS/三丁目の夕日」の古沢良太脚本だけある。怒涛のごとく襲いかかる新事実に、ついていくのがやっとで、その先の展開まで頭が回らない。出演者たちのチームワークよろしく、正にスタッフ、キャストそして観客が一体となって、三流アイドルの死の謎に迫る。そして、その先に待つものに涙。上質のミリテリーかつ人情ドラマ。

     

    共感:24人

     

  • 80点 落語がやりたくなりました(0)

    2008年1月3日 to しゃべれども しゃべれども

    画像

    原作を先に読んだが、うまく料理してあった。生徒一人省いたおかげで、人間関係がかえってすっきりしてよかったと思う。子役の森永君の関西弁の落語、うまくないのにとても笑えた。羽織を脱ぐ香里奈のスローモーションが綺麗。下手な野球解説者の松重の存在感。三つ葉の祖母役の八千草薫のさりげない演技やセリフがうまい。
    この映画を観てから、「火焔太鼓」全部覚えました。

     

    共感:4人

     

  • 80点 味方が一人でもいいじゃないか(0)

    2008年1月3日 to 河童のクゥと夏休み

    画像

     この作品には、様々なメッセージが込められている。家族、いじめ、環境破壊、マスコミ、それに操られる多くの人々。
     かなり欲張りな内容だが、それだけにこの作品に対する、監督の深い思い入れが伝わってくるようだ。
     河童のクゥを偶然見つけてしまう少年康一は、それまでいじめられていたクラスメートの紗代子のことは全く無視していた。しかし、クゥと接することによって、段々と気持ちが変わっていく。この時代で一人で生きていくことなど出来ないクゥを守らなければならないという感情が芽生え、それが優しさの礎になったのか。こうして子供は成長していくのだろう。
     クゥを守る過程で、敵はマスコミであったり、大勢のヤジウマであったりする。また、以前仲の良かった友達も、ねたみから敵になってしまう。孤立無援の状況の中、康一一家の模索が始まる。
     この世に多くの人が集まる場所がある限り、いじめは無くならないのだろう。しかし、解決の糸口として、小さな命に触れるということは有効なのかも知れない。いじめられている人もまた、自分を大切に思ってくれている人の為にも、それを心の支えに生きていけないだろうか。康一は紗代子とクゥの心の支えになった。その逆もまた、真である。人はやはり、支え合いながら生きている。

     

    共感:3人

     

  • 90点 過酷な現実を生きる(0)

    2008年1月3日 to あなたになら言える秘密のこと

    画像

     まず邦題を変えてほしい。韓国のラブロマンス物かと思ってしまうではないか。タイトルから受ける印象を遙かに凌ぐ、ヘビーな内容だった。
     
     ハンナ(サラ・ポーリー)の粗末な食事が、生きることへの希望をいかに失っているかを象徴している。そんな彼女が看病するジョゼフ(ティム・ロビンス)の食べ残しを頬張るシーンは、とてもやるせないが、生への執着の兆しを見せる、とても重要なシーン。
     また、救いようもなく汚染された海を助けたいと願う海洋学者の存在が、ハンナの傷も、もしかしたら癒されるかもしれないという可能性を感じさせる。
     そして、同じような傷を持つ者、痛みを知る者こそ、本当のヒーラー(治癒者)と成り得るのかもしれない。
     この映画では、回想シーンは使わず、ハンナの秘密は彼女の語りに委ねられる。ここは、観る人の経験によって、その衝撃度は微妙に違ってくるだろうが、効果的な手法だ。観客自体が恐怖を作り出すことによって、与えられた絵空事の映像より、一層身近に感じてしまうからだ。
     
     誰もがハンナの再生を願っている。

     

    共感:4人

     

  • 40点 出だしは良かったんだけど…(0)

    2008年1月3日 to 魍魎の匣

    画像

     それぞれの登場人物たちごとに、時間軸をずらせて物語を展開していく手法はうまいし、音楽も雰囲気出てて良かったんだけど、観ていくうちに段々違和感が…。
     あっ、ここ日本じゃないじゃん。ああ、中国ロケですか。昔のことには自信ないけど、日本にこんな所はなかった。日本人としての直感がそう言ってる。

     僕は京極堂のシリーズは好きで全部読んでいるが、ゴタクというかウンチクがとても長くて、そんなところが面白い。しかし、そんなこと映像化しても仕方ないでしょうから、映画は他のアプローチが必要になる。今回の話は特に悲惨だから、映像にすると、どうしてもグロテスクな方向にいっちゃう。だから、観た後、いやな気分。この手が苦手な人はやめたほうがいいでしょう。

     陰惨な話のせいか、後半のドタバタ掛っているのはご愛敬か。しかし、京極堂のキャラが軽くなっちゃってはいけませんね。ファンとして。

     

    共感:4人

     

  • 60点 黒澤版も観て下さい(2)

    2008年1月3日 to 椿三十郎

    画像

     まず、黒澤作品を観ている人で、こちらの方が良いという人はいないと思います。ただ、初めて「三十郎」と出会う人なら、十分面白いと思うはずです。脚本が超一流なわけですから。
     
    残念ながら、僕は三船三十郎の大ファン。三船も織田もうまい役者ではない。しかし、三船は地で三十郎をやっているが、織田は三船を意識して演じている。そこが、織田三十郎の敗因だ。三船の真似をせず、織田そのものでやれば…。やっぱダメか。
     中村玉緒もどうもお下品なイメージがあって、あのおっとり親娘には、ミスキャスト。

     同じ話ではなく、三十郎のキャラで別のストーリーでの映画化は出来なかっただろうか。いずれにしても黒澤は越えられないけどね。

     

    共感:6人

     

  • 20点 ご都合主義の代名詞(0)

    2008年1月3日 to ミッドナイト イーグル

    画像

     原作読んでないのでわかりませんが、ちょっとひどすぎませんかねぇ。このご都合主義の極致みたいな展開。一般人が工作員匿ったり、雪山で一番目立つ格好の主人公たちが、何度も銃撃にあいながらも、タマに当たらなかったり、もう数え上げたらキリがないのでやめますが、僕はおすすめできません。

     

    共感:3人

     

  • 80点 みんな泣いてました(0)

    2008年1月3日 to マリと子犬の物語

    画像

     妻と子供と三人で観ました。
     やはり、犬と子供には敵いませんね。動物はどういう気持ちで演じている?か分りませんけど、観客がうまく感情移入できるように撮ってあります。そこは褒めましょう。
     それにつけてもあの女の子、異常な位にうまいですね。やりすぎですよ。大きくなって、もう少し押さえた演技が出来るようになれば、末は大演技派女優間違いなし!
     とにかく、みんな気持ち良く泣いてるからいいじゃないかと思います。えっ、僕ですか?はい、泣きました。
     ついでですが、音楽の久石譲が好きです。もう映画音楽的には、パターンですけどね。

     

    共感:2人

     

  • 70点 監督わかりません(0)

    2008年1月3日 to インランド・エンパイア

    画像

     上映3時間、リンチ・ワールドの迷宮をさまよった。映画女優の世界、その女優の撮影している映画の中の世界。その映画は過去、撮影中に主役が死んでしまっているという、いわく付きのリメイク作。何故かポーランドの世界と、昔の映画の世界、そして謎のウサギ人間の世界。これらが微妙に交わったり、交わらなかったり、はっきり言って訳がわからない。でも3時間、飽きずに見せてくれるのが、リンチ・マジック。
     しかし、リンチ監督ファン以外には絶対勧めません。

     

    共感:5人

     



出木杉のびた さん

50代後半 男性
誕生日 : 9月30日
カウンタ : 351072

マイエリア

お気に入り

お気に入りユーザー(66)

  • 流離
  • みかずき
  • メガmac
  • mumin
  • Courgette
  • おみーな
  • nori34156
  • とらさん48
  • grillroom
  • きょんすけ
  • TaKahiro
  • HALU

 

お気に入られ(119)

  • 地中海の青い砂
  • メガmac
  • holloway
  • りの119
  • TaKahiro
  • 林田
  • はあとちゃん
  • たたたん
  • werty19821112
  • 観鈴ちん
  • 大吉80
  • ちょし

 


緊急特集 塚本晋也&手塚眞が熱烈応援! 大林宣彦監督と『花筐』を語ろう。
ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.4『オリエント急行殺人事件』ツイッターキャンペーン
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
物語、演出、キャスト三拍子揃ったエンタメ快作! 関ジャニ・丸山隆平主演『泥棒役者』ほか『火花』『gifted/ギフテッド』など11月公開の話題作更新! 映画論評・批評の新コーナー
まるでおじいちゃん版『オーシャンズ11』!?『ジーサンズ はじめての強盗』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ