ただいまの掲載件数は タイトル58544件 口コミ 1141040件 劇場 590件

無責任な傍観者 さん

無責任な傍観者さんのレビュー一覧

ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

1067件中1-10件

  • 0点 クソ(0)

    2017年11月25日 to

    画像

    ただひたすらつまらん。
    テンポは悪いし、BGMも場違い。島の魔のようなものを出そうとする映像も全く効果無し。キャラの言動が支離滅裂だが、不条理ものというほどハジケてない?
    致命的にストーリーが面白くないのをまるでカバー出来ていない。
    見るべきところが何もない作品。
    製作者のセ○ズリ根性だけで出来たクソです。

    点数は0点。何も言うことはありません。

     

     

  • 0点 お粗末(0)

    2017年9月14日 to 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

    画像

    ガキ向けの即席アニメ。最近の意欲作のオンパレードからすればあまりに安易な安物。

    一昔前のエロゲーでよく出てきた絵柄なのは仕方ないとしても、アニメとして表情が場面場面に全く合ってない。アニメーションとして根本的なレベルが低い。
    声も主人公のお友達くん以外全員合ってない。特に予告編通り、主人公二人が下手過ぎ。

    シナリオも取って付けたようにグダグダで、広瀬すずがフルコーラス歌う意味はどこに?
    ifにしてもストーリーのコンセプトがキチンと全編に行き渡っておらず、○○の脳内世界であればそのような処理がされるはずなのに、全てをごまかしてなあなあで締めた感じ。
    これなら、コブラとジェイソンのレースみたいにした方がよっぽど面白いだろう。

    点数は0点。最後まで見るのが苦痛でした。

     

     

  • 0点 何が言いたい?(0)

    2017年6月24日 to いつまた、君と 〜何日君再来〜

    画像

    本作のテーマというか、この作品を通して製作者は観客に何を伝えたいんだろうか?

    主役である向井理が致命的な大根で、役柄で最も必要となる生活感が皆無なためにこの家族の雰囲気がまるで出なかった、というのは置いておいて、作品全体から伝えたい事が全く見えない。

    脚本は、中学生がいくつかの本を読みかじって頭に浮かんだエピソードをくっつけ合わせたような、極めてお粗末なシロモノ。
    貧困との戦いというには、貧困らしい苦労はしてないし、当時の世相を描いている訳でもない。奥さんの生き方というにはあまりにも場当たり的になんとかなってるし、家族の繋がりも有るような無いような。最後の締めくくりのエピソードにせよ取って付けたよう。

    点数は0点。どうにも点数をつける理由が見当たりません。ニコラさんなら、10分で断念、タバコ0本でしょう。
    劇場で最後まで座っていることが苦痛でした。

     

     

  • 0点 イタい(2)

    2017年11月1日 to 恋と嘘

    画像

    驚異的にツマラン…

    天然ワガママバカ女の甘ったれた喋りを2時間聞かされるのは罰ゲームそのもの。
    これって、政府通知である必要が全く無いし、それが何らかの障害になるわけでもない。
    キャラの言うこととやることがかけ離れてるし、ラストもちょっとあり得ん。もっと洒落たやり方で皆を嘘で壮大に騙すとかのシナリオ書けないのか?
    脚本家は中学生レベルの脳みそお花畑なのか?

    異様に早く上映終わるんでなんとか遣り繰りして見に行ったけど、これは終わって当然だわ。

    点数は0点。コメントの必要も無い。

     

     

  • 0点 意味不明(0)

    2017年10月29日 to アトミック・ブロンド

    画像

    これだけシリアスっぽい雰囲気でやるなら、ちっとはリアリティ出してよ。何の防御も無いのに敵の弾は全く当たらずこっちの弾は面白いように当たる。
    肉弾戦は、敵にはダメージ与えても、主人公は傷が増えるだけで実質ノーダメージ。
    主人公が殺すのと殺さないの基準も不明。
    ややこしいストーリーにして、やたら派手なアクション交えて、どんでん返しを目的とするだけで中身は空っぽ。
    主人公の最後のセリフは何の意味があるの?
    主人公は一体全体何をしたから、ベルリンの○が○○したの?

    点数は0点。純粋にクソつまらない作品でした。

     

     

  • 0点 天才(0)

    2017年10月9日 to 万能鑑定士Q −モナ・リザの瞳−

    画像

    Amazonプライムで。
    審美眼ってのは、たぶん天賦の才能なんだよね。
    それが手っ取り早くなくなったり復活したり。
    国際的な美術関連の責任者はいくら何でも常に関係者の注目を集めるはずで、それが関係するなら黒幕は間違いなくあいつだと思ったんだけどね。
    それに最後の選択の局面を見ると物語の大半はいろんな意味で全く意味がない。

    点数は0点。綾瀬はるかも松坂桃李も全く役に合ってない。ストーリーも意味をなしていない。何も評価すべきところがありません。

     

     

  • 0点 ゴミ(0)

    2017年9月24日 to ナミヤ雑貨店の奇蹟

    画像

    点数は0点。ビフ・タネンが大富豪になることを前提にするようなストーリーは認めることは出来ません。中身自体もとても有り得ない子供騙しのお涙頂戴を組み合わせただけだから、八百長パート除いても10点か20点が良いとこ。

    ドクターXなら、腰が痛くなって膵臓ガンが発覚、多臓器不全も併発して余命3ヶ月且つオペ不可能な状態なのに大門未知子がチャチャっと手術して完治させちゃうんだよね。
    本作も成海璃子じゃなくて米倉涼子を出して蛭間病院長治してあげれば笑えたのに。

    山下達郎の歌って、詩と曲だけじゃなく、彼の声質込みで一つの歌なんだね。しかも曲調が複雑だから、ハーモニカで聞いても美しいメロディーか理解できないし、他人が歌っても締まりが無くて間が抜けてる。
    その意味で出演者に歌わせる前提なら主題歌は致命的なミスチョイス。

    本作の製作者は手紙を全く書かないんだろう。
    手紙からメール、SHS、チャット/ラインと、文字数も時間もドンドン短くなっている。製作者もこの流れに乗って、もしかしたら、手紙のやり取りすら経験が無いかも。途中で手紙のやり取りがライン化しており、製作者に手紙を使った映画を作る能力が欠如しているのが分かった。

    また、時間倒錯の描き方にしてもぎこちなくて、意外性の衝撃の効果が全く感じられない。テクニカルにも下手くそ。日本映画の悪いところが全て詰まったようなゴミ作品でした。

     

     

  • 0点 意味不明(0)

    2016年10月2日 to レッドタートル ある島の物語

    画像

    意味不明な観念的イメージフィルム
    こんな支離滅裂な作品は当然0点。

    なんかの「怪談」だかをモチーフにしてるのかね?
    欧州でなんだか正体不明の賞取ってるみたいだから、いろんなシーンに分かったような分かんないような意味付けしてるようなサイトも有りそうだがバカバカしくて読む気もしない。

    ところで、普通の亀は体が黒で目が赤いけど、ここで出てくる亀は逆に体が赤で目が黒なんだね。

     

     

  • 0点 続編なんだよね?(0)

    2016年9月1日 to グランド・イリュージョン 見破られたトリック

    画像

    全体的に子供騙し。
    トリックにしても、ロジャー・ムーアが007やった頃の方がまだマシだったような。

    点数は0点。これは脳みそのヤツと良い勝負。毛ほども前編を見たい気にならない。
    レビューもムダだから最小限で。

     

     

  • 0点 クソ(3)

    2016年1月14日 to ピンクとグレー

    画像

    制作者の観念的で何の意味もない自己満足だけで作ったようなクソ作品。
    監督が死期の迫っていることを感じてインスピレーションでもウジ虫の如く涌いてきたのかな?

    点数は当然0。
    常識的な思考能力がある人は見ない方が良いのではないかと思います。

     

    共感:1人

     



無責任な傍観者 さん


カウンタ : 310714

マイエリア

お気に入り

お気に入りユーザー(64)

  • taiyaki
  • しーもあ
  • さくらん
  • 猫ぴょん
  • ゴウ
  • あらぼ〜
  • じぇろにも三世
  • tatahase
  • 山本
  • ベルベル
  • パープル
  • kokoloko

 

お気に入られ(79)

  • nori34156
  • olddog
  • obaq16
  • go
  • なかむら
  • どなるど23
  • jinjin555
  • ときどき映画ファン
  • ムーティアラ
  • こわれもの
  • 11月
  • ガチボーイ

 


新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ゲット・アウト』×『マザー!』映画館で観たいのはどっち投票!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号が4/2発売!
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
ダイアン・クルーガー圧巻の演技! 名匠ファティ・アキン監督が放つ心を抉る衝撃作『女は二度決断する』ほか『娼婦年』『ダンガル…』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
アカデミー賞をTOHOシネマズで楽しもう!
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ