ただいまの掲載件数は タイトル57075件 口コミ 1121608件 劇場 592件

Blue Rose さん

Blue Roseさんのレビュー一覧

ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

1327件中1-10件

  • 80点 まさか泣かされるとは!(0)

    2017年10月23日 to ミックス。

    画像

    観に行く前は「ガッキーのかわいらしさ」が堪能出来て、「ちょこちょこっとコメディ的な要素で笑わせてもらえて」、そして最後に「ほっこり出来たらいいなあ」くらいな気持ちで観に行ったのですが、予想を上回る出来栄えで、とっても満足しました。

    まずはガッキー。予想通りとっても可愛いです。笑った顔も、泣き顔も、そして何よりちょっと困ったような顔が可愛いんですよね〜。そして瑛太さんも、素敵。色っぽい。そしてほかの方々もみなさんとっても個性的でいい演技をされてました。この映画、実は出演者がとっても豪華なんですよね〜。ちょっとした役でも名のある俳優さん、もしくは卓球界のスターが出ていて、ほんと目が離せません。その中でも特に蒼井優ちゃん、秀逸でした。来週公開の「彼女がその名を知らない鳥たち」で十和子を演じている人と同一人物とは思えないくらい、この作品ではぶっ飛んでました(笑)。

    それから、ガッキーと瑛太さんの「心の交流」を中心にお話は進みますが、変に「恋愛」が中心に据えられていなくて、好感が持てます。爽やかです。

    このお話、いろいろな人がいろいろな事情を抱えて、それでも日々頑張って生きている!ということを一つのテーマとして描かれているのですが、お話の上では遠藤憲一さんと田中美佐子さんのご夫婦の持っている「事情」に泣かされました。はじめに出てこられたときは単なる「にぎやかし」かと思っていましたが、まさかこのお二人に泣かされるとは!このあたりで私、心をグッとつかまれてしまいました。

    気軽に観られて、泣いて笑って最後はほっこりさせられる。ある意味、日本映画の王道。観終わって、「人生いろいろあるけれど、明日も頑張って生きていこう」という気持ちにさせられました。

     

    共感:2人

     

  • 60点 そこそこ・・・(0)

    2017年10月15日 to 心が叫びたがってるんだ。〈2015年〉

    画像

    「あの花」(映画ではなく、毎週のアニメ版)にいたく感動した私。今回、その続編のような気持ちでこの作品を観ました。
    う〜〜ん、ちょっと期待しすぎましたかね(苦笑)。お話自体は終盤まであまりのめり込めず、ラストになってようやくちょっと心を動かされた、といったところです。

    ただ、劇中ラストの「歌」はよかったですね。あの、2曲一緒に歌うっていうやつ。古くは「スカボローフェアー」(by S&G)みたいな感じで、これはよかった!

    「あの花」を期待すると、ちょっと肩透かしを食らうかも(笑)。でも、あまり期待せずに観たら、それなりには感動できるかな。感想としては、まあ、そこそこ・・・ってところですか(苦笑)。

     

     

  • 70点 大切なものを失ってまで・・・(0)

    2017年10月15日 to nude

    画像

    私も男ですのでね、正直なところAVを見たことはあります。それなりに楽しませていただきました。ですのでね、こんなことを書くと矛盾しているのは重々承知なのですが、それでも書かせていただきますね。裸を見せるお仕事、特にそういう行為を見せるお仕事って、やっぱりいろいろと問題があるんじゃないですか?映画の中でかつての「親友」が言ってたように、友達を傷つけ彼氏を傷つけ家族を傷つけ、何よりも自分を傷つけるんじゃないですか?映画の中のバーベキューのシーンで「友達」が言ってましたが、「親になった時に公開するんじゃないん?」って、ほんとその通りだと思います。そこまでしてAVに出演する「理由」みたいなものが映画から伝わってくれば、それなりに「深い」作品になったんじゃないかと思うのですが、それが無かったので、ちょっと残念です。お金のため?有名になりたいから?映画の中の有名プロデューサーの言葉がきっかけなのはわかりますが、みひろさんは実際、なぜAVに出ようと思われたのでしょう?

    ラスト、いろんな「大切なもの」を失くしても、前向きに生きて行こう・・・というのはわかるのですが、その、大切なものをなぜ失くさなきゃならなかったか」について納得できる理由が描かれていないので、観ているこちらには釈然としないものが残るだけです。

    主演の渡辺奈緒子さんは熱演されていたと思います。ただ、この作品の印象が強く残りすぎて、ほかの作品のオファーが来ないなどということにならないように祈ります。

     

     

  • 70点 池脇千鶴さんだとは思わなかった(0)

    2017年10月15日 to 海月姫

    画像

    出演しておられる方々はみなさん”達者”で、よく頑張っておられたと思います。特にやっぱり能年玲奈さん、才能ありますよね〜。このまま埋もれてしまうのは、ほんともったいない!そして菅田将暉くん、彼の女装はなかなかお見事でした。

    ただ、お話の方は今一つだったかな〜。特に、前半はなかなかおもしろかったのですけれど、後半、ファッションショー関連のあたりから、なんかだらだらしだして、よくわからない展開になってきてしまいました。

    出演者の演技を観るためなら、価値があると思いますが、お話を楽しみたいなら、ちょっとどうかな〜といったところです。

     

     

  • 60点 台風が来なければ(0)

    2017年10月15日 to ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE

    画像

    私、テレ東系で放送されていた太川さんと蛭子さんのこのシリーズが大好きで、そのほとんどを観ております。ですのでこの映画版もそれなりに期待をして観たのですが、正直に言いまして、普段の日本のものの方がおもしろかったですね〜。
    人気シリーズですから、映画化してみようという考えもわかります。そしてこれを撮った時にはスタッフの頭には「このコンビがもうすぐ解散する」ということもあったのかもしれません。ですので、最後に大きな打ち上げ花火として海外を舞台にするというのも、なかなか面白い企画だったのかもしれません。うまくすれば、昔の電波少年の「猿岩石」のヒッチハイクのようになったかもしれませんしね。

    でも、結果としては、従来の日本版のほうがおもしろかったな〜。この番組の魅力の一つとして、「地域の人々とのふれあい」というのがあると思うのですが、さすがに台湾では話も通じませんし、地域のこともよくわかりませんので、触れ合いも何もあったもんじゃ、ない。それにそれぞれの地域の良さを伝えるというのも番組の魅力だと思うのですが、台風が来ていたことも関係しているのかもしれませんが、あまり台湾の魅力は伝わってきませんでした。

    企画ばかりが先走り、結局あまり中味が無かった・・・。そんな映画になってしまった感じがします。この番組が好きなだけに、ちょっと残念でした。

     

     

  • 70点 そうなるにきまってるやん!(0)

    2017年10月15日 to マイノリティ・リポート

    「これから起こる犯罪を予知してその犯人を逮捕し犯罪を未然に防ぐ・・・」。なかなか斬新な、よくできた脚本のように感じますが、そんなことができたら、この映画で描かれているようなことを考える輩が出てくるのは当然のこと。正直私も映画の初めの段階で、こういうことになるんちゃうん?と、いてみればネタバレしたような気持ちで観てしまいました。ですのでその段階で、この映画はちょっと失敗してるかな。

    でも、アクション等はなかなかのもの。特に公開された当時で考えると、かなり斬新だったのではないかと想像できます。

    最初に書きましたように、お話がちょっと入り込めないものでしたので、正直、特筆すべき・・・というほどではありませんでしたが、それでも、それなりには楽しめた作品でした。

     

     

  • 80点 SF?(0)

    2017年10月15日 to orange-オレンジ-

    画像

    よくある青春恋愛映画かと思って観始めましたら、これはちょっとしたSF映画ですね〜。設定自体にはじめからムリがありますので、これをリアリティのあるものにしようとしましたらかなり難しいですよね〜。この作品、お話としてはそのあたりを最後までうまくまとめることはできませんでした。

    でもね、だからと言って「観るところがない」というわけではないのですよ。最近の青春恋愛映画には珍しく、この作品はゆっくりと丁寧に撮られています。その空気感がとっても心地よいです。出演している方々も、とっても丁寧な演技で好感が持てます。特にやっぱり土屋太鳳ちゃん。彼女の誠実さがスクリーンを通して感じられます。

    よくある青春恋愛映画のようで、ほかとはちょっと違った作品。観終わって心の中に爽やかな風が吹く、そんな作品でした。

     

     

  • 50点 う〜〜〜〜ん(0)

    2017年10月15日 to 世界から猫が消えたなら

    画像

    原作既読。よくあるといえばよくあることですが、原作の世界観・透明感が生かされていません。原作はそれなりに考えさせられ、感動させられもしたのですが、映画ではよくわからないままお話が進み、終わっていきます。映像化に際してあまり説明しすぎるのはよくないというのはわかるのですが、これでは映画だけしか観ていない人には、お話が伝わるのかなあと心配してしまいました。親友や元彼女、そしてお父さん・お母さんとの関係もよくわかりませんでした。・・・これでは原作の良さは伝わらないわなあ・・・。

    もちろん原作と映画は別の作品だと思います。そういう意味では、この映画は、「今一つ」と言わざるを得ませんでした。

     

     

  • 70点 心地よい違和感(0)

    2017年10月15日 to グランド・ブダペスト・ホテル

    画像

    私、日本映画にアメリカ映画、韓国映画あたりはよく観るんですけれど、それ以外の国の映画はあまり観ないんですよね〜。ですからこの作品(イギリス・ドイツ合作)、かなり変わった感じに受け取りました。お話も独特、映像も独特、あまりなじみのない(私にとってなじみがないだけですが)世界観が、とっても新鮮でした。

    お話自体は第二次世界大戦前夜を中心に、一人の人間の人生を描いていて、それもともすればシリアスになりそうなところをコミカルに描いていて、なかなかほろっとさせられます。個人的にあまり目にすることのないヨーロッパ・イギリス映画ですが、たまにはこういうのもいいなあと思いました。

     

     

  • 70点 脚本の問題?(2)

    2017年10月1日 to ユリゴコロ

    画像

    2か月ほど前に原作を読んで、「感動した」といいますかものすごい衝撃を受け、映画も楽しみにしていました。ただ、原作の衝撃がすごすぎて「もしかしたら映画を観たらがっかりかも・・・」との心配もしていましたけどね。で、実際はと言いますと・・・、正直ちょっとがっかりだったかな(苦笑)。

    いえ、悪評高い「模倣犯」ほどではないのですよ。映画もそれなりにはよく頑張っていたと思います。でもね、やっぱり原作の世界観(衝撃)は半分も表現されていませんでした。映画化に際して設定がかなり変えられていました。もちろんそれはよくあることで、それ自体を非難する気はありませんが、結局それが「出来の今一つさ」につながっていたように思います。原作の、「まさかあの人がこの人だったなんて・・・」が映画でははじめからありませんしね。

    吉高由里子さん、松山ケンイチさんはそれなりに頑張っていたと思いますが、まあ、そこまでかなあ。木村多江さんの演技もよかったですけど。

    原作ファンとして「腹立つ〜」とまでは行きませんでしたが、ちょっと今一つだったかな。原作を読まずに映画だけ観た人はどんなふうに感じたのか、お話を聞かせていただきたいと思います。もし、映画だけを見て「今一つだったな〜」と感じられた方は、それであきらめず、ぜひ原作を読んでいただきたいと思います。・・・と、こんなことを書くと、映画のレビューではなくなってしまうような気もしますが(苦笑)。

     

    共感:3人

     


[ Blue Rose|映画情報のぴあ映画生活 ]
└トップページへ

Blue Rose さん


カウンタ : 33923

マイエリア

お気に入り

お気に入りユーザー(19)

  • バナバナ2
  • qp
  • マリナハート
  • こわれもの
  • ありりん
  • Ranko  Kitashinnti
  • Stella
  • 小波
  • 大仏
  • なつみかん。
  • うららん
  • アーバン・ブルー

 

お気に入られ(19)

  • 安室
  • ありりん
  • Stella
  • 猫ぴょん
  • かじませよ
  • 大仏
  • みかずき
  • うららん
  • アーバン・ブルー
  • なつみかん。
  • トラップ大佐
  • マリナハート

 


まるでおじいちゃん版『オーシャンズ11』!?『ジーサンズ はじめての強盗』特集
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
早世した激情の女性作家ネリーの半生を描く『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』特集
98%が「後篇が早く観たい」と回答!『あゝ、荒野 前篇』試写会レポート
『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
アウトレイジ(極悪非道)たちの狂宴遂に最終章!『アウトレイジ 最終章』ほか最恐ホラー『アナベル 死霊人形の誕生』『エルネスト』など10月公開作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ