ただいまの掲載件数は タイトル56398件 口コミ 1112509件 劇場 584件

ちょし さん

ちょしさんのレビュー一覧

ユーザー登録すると、レビューを評価できるようになります。

282件中1-10件

  • 80点 The Hours症候群にご注意(1)

    2003年6月4日 to めぐりあう時間たち

    見終わった後からじわじわくる作品です。
    3女優とエド・ハリスの演技を見るだけでも元が取れますね。
    ジョン・C・ライリー、はまりすぎて、心配になるほどです。
    そして、あの子役!あの瞳がなんとも悲しい。

    個人的にはメリル・ストリープ演じるクラリッサに一番感情移入しやすかった。
    クレア・デーンズ演じる娘の存在も上手い描き方だと思います。
    誰に共感するか、というのは人によっていろいろかも。

    深く考えさせられる映画です。
    が、はまりすぎるとちょっと怖い気もします。
    「ダロウェイ夫人」に取り付かれる前に、寝ることにします。

     

    共感:1人

     

  • 70点 惜しいかも!(0)

    2003年6月5日 to ダブル・ビジョン

    キャスティングや題材はなかなか良いと思うのですが、
    ちょっと謎解きが曖昧で、納得しかねる面もありました。
    『カル』のように謎を残してあれこれ想像させるような作品でもないと思うので、
    もうちょっと超常現象だけに頼らない解明の仕方を見せてくれたら良かったと思います。
    中途半端なんですよ。超常現象で突っ走るなら、そういう方法もあったと思うんですけど。
    最後のオチの付け方も、惜しい気がします。演出でもう少しショッキングなどんでん返しが出来たのでは?
    でも、最後まで飽きずに楽しめた作品でした。

     

     

  • 90点 複雑な思いを胸に(0)

    2003年6月14日 to おばあちゃんの家

    自分の幼少の実体験とオーバーラップするようなエピソードの数々に涙した。
    田舎、山道、田んぼ、暗くて怖い便所、虫たち、夕立、買出し、青い空、そして別れ。
    その中でいつも我がままを受け止めてくれた、おばあちゃんの存在。
    残念ながら、田舎のない息子には、こういう経験はさせてあげられない。
    最近、韓国や中国の映画を観ると、なつかしさを感じると同時に、日本では既に失ってしまったものが多過ぎることに愕然とすることがある。
    「清貧」を表現できるのは、日本ではもはや時代劇や戦前の物語でしかないのかもしれない。

     

     

  • 40点 確かにすごいかも・・(0)

    2003年6月15日 to ブルー・エンカウンター

    観ている間中、突っ込み入れてました・・。
    mikiさんの書いている通り、ある意味
    「すごい」映画だと思います。

    でも、例えば家でビデオで観たら、ウケまくりで楽しいけど、
    わざわざ電車に乗ってロードショーで観るにはちと寒いかな〜〜。
    あとはバリー・ウォン監督自らが出たところで、かなり興ざめしました。
    あのはしゃぎ過ぎがなければ、もう少し点数上がったんですけどね〜。

     

     

  • 60点 全てが長い!(0)

    2003年6月25日 to マトリックス リローデッド

    もう少し、いろいろ削ぎ落とせなかったのだろうか?
    ストーリー的にも、ビジュアル的にも面白くないわけではないんだけど・・。
    見どころもたくさんあるし、ちょっとコミカルな楽しみ方もできるのに。
    まず・・ラブシーンが長い!アクションが長い!説明が長い!
    続編があるんだから、欲張りすぎずに90分〜100分でまとめて欲しかった・・。
    終わった頃はどっぷり疲れ、お尻も痛くなっていた。
    おまけにエンドロールも長い!
    一緒に行った友人は次回予告にたどり着けずに最後で寝てしまっていた・・とほほ。

     

    共感:3人

     

  • 70点 愛すべきおバカ映画(0)

    2003年7月9日 to チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル

    オリジナルTVシリーズのセルフパロディかと思えるようなノリは今回も炸裂。
    これだけ突き抜けちゃうと、何も文句は言えません。
    キャメロンのダンス、ドリューの自虐ネタ、ルーシーとパパの掛け合いなどの面白さは本筋を超えています。
    ただ、全体的な印象があまりに雑多なので、前作よりスマートさに欠けたかな?
    続編だからそのへんは仕方ないのかもね。

     

    共感:3人

     

  • 80点 何だかんだ言っても(0)

    2003年7月28日 to 踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!

    TVシリーズファンにとっては「待ってたよ!お帰り!」という気持ちになりますよね。
    でも、5年経ってるにしては、皆さんあまりプライベートが変わってない?(変わったのは署長だけかい!)
    変わって欲しくない・・・というファンからのプレッシャーもあるし、お台場は変わった!という対比を生かす目的もあるのかも?
    意外と細部にわたる構想が練られているってことですかね。
    バカバカしいけど、笑ってしまう、そして根底に流れる社会構造の理不尽さに一緒に憤ってしまう・・
    そんな一貫したテーマは健在、今回は敵役が女性キャリアということで、女性の私には若干不快に思える場面もありましたが
    (どなたかが書いてらっしゃるように、最後にフォローがあってもよかったのに)
    今年の夏一番のお祭り映画であることは確かなようです。
    青島よ、永遠なれ!

     

    共感:3人

     

  • 50点 1、2とは別物と見れば・・(0)

    2003年7月29日 to ターミネーター3

    全体としてはよくまとまっているし、アクションの見せ場もなかなか良かったと思います。
    でもね〜〜ターミネーターの続編として観ると、1への思い入れが強過ぎる私にとっては、“無かったことに”したい気分です。
    そもそも1のすごさはB級アクションでありながら、監督やスタッフの才能が結実して、斬新かつ完成度の高い傑作となったところにあります。
    2のほうは、もはやB級ではない作りながら、ハリウッドSF大作とは一味違う、マニアックさと細部へのこだわりがあったと思う。
    3はなんだかフツーのSF大作なんだよね・・いや、それはそれでいいんだけど、、でもね、涙が出なかったのは初めてなんでね、、ブツブツ。。

     

    共感:5人

     

  • 90点 期待通り(0)

    2003年8月1日 to シティ・オブ・ゴッド

    去年の国際映画祭でとても良い評判を聞いていたので、楽しみにしていました。
    期待通り、いや、それ以上の素晴らしい映画でした。
    構成も工夫されているし、カメラワークも面白い。
    (冒頭の鶏は演技賞モノ)
    ギャング映画はわりと好きでよく見ているのですが、とても新鮮な驚きでした。ブラジル映画、恐るべし!

     

    共感:1人

     

  • 90点 1800円分、堪能、いやそれ以上の満足(0)

    2003年8月24日 to HERO

    チャン・イーモウが武侠アクション映画?
    それもカメラがクリストファー・ドイル?
    と少々不安になりながらも、楽しみにしていました。

    武侠アクションとは言っても、アクションとしての見せ場は最初の10分(しかし、これが素晴らしい!!)。
    想像していたよりもイーモウ色が濃い作品だったと思います。
    特に、初期の作品の雰囲気に近く、寓話的で骨太な感じでした。
    映像も『赤いコーリャン』や『菊豆』の頃のように、
    観念的なエネルギーを色彩で表現していて、圧倒されました。
    最近のイーモウは幸せ三部作なんていって、かなり日和ってましたからね(笑)。
    それはそれでとてもいい作品作ってますけど。

    この作品、私はストーリーが好きです。
    中国4千年の歴史の中で脈々と流れてきた哲学や義侠心が
    映画という形で、わずか99分の中にコンパクトに語られていると思います。

    唯一、音楽が『グリ・デス』に似過ぎているのが気になりました。タン・ドンだから仕方ないのでしょうが。
    (かと言って、『HERO』と『グリ・デス』に類似性は感じません。どちらの映画も好きですし)

    キャスティングは全てぴったりとハマッていました。
    特に、秦王役のチェン・ダオミンは思わぬ収穫でした。
    立ち姿も美しく、ラストは震えました。

     

    共感:1人

     


[ ちょし|映画情報のぴあ映画生活 ]
└トップページへ

ちょし さん

女性
カウンタ : 34514

マイエリア

お気に入り

お気に入りユーザー(6)

  • 出木杉のびた
  • えんぞ
  • kokoloko
  • コテツ
  • マーゴ
  • はに丸

 

お気に入られ(6)

  • 出木杉のびた
  • マーゴ
  • えんぞ
  • kokoloko
  • はに丸
  • コテツ

 


ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
日米完全同時放送!『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』特集
池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。伝説の殺し屋キアヌがかえってきた! パワーアップしたガン・フーが炸裂する『ジョン・ウィック〜』ほか『忍びの国』『パワーレンジャー』など7月公開作更新中!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!
「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝