ただいまの掲載件数は タイトル60303件 口コミ 1159893件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 1987、ある闘いの真実 > プレゼント特集

【東京会場】『1987、ある闘いの真実』監督トーク付き特別試写会30組60名様ご招待!!

2018/07/05 (木)


『1987、ある闘いの真実』

(C)2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED

誰もが驚愕する。これは、わずか31年前の事件――



『ファイ 悪魔に育てられた少年』チャン・ジュナン監督が実話を基に作り上げた歴史ドラマ。舞台は1987年、軍事政権下の韓国、ひとりの大学生の死をきっかけに民主化への動きが加速した韓国社会の時代のうねりを描く。キム・ユンソク ハ・ジョンウ『哀しき獣 THE YELLOW SEA』以来の競演を果たすほか、 カン・ドンウォンソル・ギョングらが出演する。

ソウルオリンピックを翌年に控えた1987年の韓国。軍事政権下にあった同国の警察は、北分子を排除するべく取調べを強化していた。そんな折、ソウル大学の学生が取り調べ中に死亡する。その死を訝ったチェ検事は検死解剖を命じ、死因が拷問致死だと判明する。

『1987、ある闘いの真実』公開を記念して、ぴあ映画生活ユーザーの皆さまへ本作に関するアンケートを実施します。お答えいただいた方の中から抽選で30組60名様を『1987、ある闘いの真実』監督トーク付き特別試写会にご招待します!

『1987、ある闘いの真実』監督トーク付き特別試写会ご招待!!


※ アンケート回答を応募フォームにご記入ください

※ アンケートご回答のない応募は無効となります。
※アンケートのご回答内容は弊社の配信する記事作成などに使用させていただく場合がありますのでご了承下さい。

試写会ご鑑賞後、8月6日(月)までに
ぴあ映画生活にレビューを投稿される方限定のご招待です。


■招待数:30組60名様
■日  時:7月30日(月) 17:30開場 18:00開映
■会  場:神楽座(千代田区富士見2丁目13-12 KADOKAWA富士見ビル1F)
■ゲスト:チャン・ジュナン監督ほか予定
※上映後、チャン・ジュナン監督とゲストによるトークイベントを予定しております。

【関連作品】
1987、ある闘いの真実

(C)2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED

特集|映画情報のぴあ映画生活へ戻る

【終了済】

【東京会場】『1987、ある闘いの真実』監督トーク付き特別試写会30組60名様!!

ぴあ映画生活より『1987、ある闘いの真実』監督トーク付き特別試写会(7月30日、17:30開場、18:00開映)に30組60名様をご招待いたします。

当選者数
30組60名
試写日
2018/07/30 (月)
試写会場
神楽座(千代田区富士見2丁目13-12 KADOKAWA富士見ビル1F)
締切日
2018/07/19 (木)

このプレゼントの応募は終了しました。
当選発表は発送を持ってかえさせていただきます。

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright © 2018 PIA Corporation. All Rights Reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録

 


ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

 

この映画のファン

  • なつみかん。
  • 猫ぴょん
  • 佳辰
  • クリス・トフォルー

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”