ただいまの掲載件数は タイトル60646件 口コミ 1162359件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ゼロ・ダーク・サーティ > プレゼント特集

『ゼロ・ダーク・サーティ』隠された真実を照らし出せ!!【重要機密ペン】を10名様にプレゼント!!

2013/02/13 (水)

Jonathan Olley(C)2012 CTMG. All rights reserved

ビンラディンを追い詰めたのは、ひとりの女性だった―
衝撃の実話、解禁!!



アカデミー賞6部門を受賞した『ハート・ロッカー』 キャスリン・ビグロー監督がオサマ・ビンラディン捕獲・暗殺ミッションの真実を描き出す衝撃作。第85回アカデミー賞では作品賞、主演女優賞はじめ全5部門にノミネートされた。主演は 『ツリー・オブ・ライフ』『ヘルプ〜心をつなぐストーリー〜』ジェシカ・チャスティンが務める。2001年9月11日から11年たった今、明かされる事件の全容とは!?

CIAはアメリカ同時多発テロの首謀者ビンラディンの行方を追うが、数年の時が過ぎても彼の居場所はわからずにいた。若き分析官のマヤは、パキスタンの追跡チームに参加し、捕虜への執拗なまでの拷問を繰り返しながら、“ある連絡係“の存在に目をつける。

本年度アカデミー賞5部門ノミネート!『ゼロ・ダーク・サーティ』公開を記念して、『ゼロ・ダーク・サーティ』に関するアンケートを実施します。アンケートにお答えいただいた方の中から10名様に『ゼロ・ダーク・サーティ』隠された真実を照らし出せ!!【重要機密ペン】をプレゼントいたします。

『ゼロ・ダーク・サーティ』隠された真実を照らし出せ!!【重要機密ペン】プレゼント!


※ アンケート回答を応募フォームにご記入ください

※ アンケートご回答のない応募は無効となります。

■提供数:10名様

Jonathan Olley(C)2012 CTMG. All rights reserved

特集|映画情報のぴあ映画生活へ戻る

【終了済】

『ゼロ・ダーク・サーティ』隠された真実を照らし出せ!!【重要機密ペン】を10名様に!!

ぴあ映画生活より、『ゼロ・ダーク・サーティ』隠された真実を照らし出せ!!【重要機密ペン】を10名様にプレゼントいたします!

当選者数
10名
締切日
2013/02/27 (水)

このプレゼントの応募は終了しました。
当選発表は発送を持ってかえさせていただきます。

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright © 2018 PIA Corporation. All Rights Reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録

 


ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • Toshi_check
  • takeo@naitou@
  • 81rock
  •  フェイスハガー PURNA
  • sansen
  • カメラマンのあっきー
  • よっchan
  • 紅井良男
  • 北溟 僚
  • EGライダー
  • hatchan
  • KUROKURO
  • む〜ちゃん
  • ツィトローネ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ゼロ・ダーク・サーティ コレクターズ・エディション [Blu-ray]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:3476円(税込)
  • OFF:1600円(31%)

ゼロ・ダーク・サーティ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:2100円(税込)
  • OFF:2004円(48%)

 

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”