ただいまの掲載件数は タイトル62917件 口コミ 1167539件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 超強台風 > プレゼント特集

ピュアな“本気さ”が伝わってくる、エンタメ映画

2010/09/14 (火) written by 相馬学(映画ライター)

スーパー台風が引き起こすディザスター・ムービーと思いきや、話はそんなに単純ではなかった。自然災害に立ち向かう“スーパー市長”の活躍を核にした、型破りな展開が面白過ぎるのだ!

映画はいきなり銀河の映像から始まり、地球をクローズアップして舞台となる中国の海辺の都市へとカメラは接近する。この宇宙的な規模の、ダイナミックな(というか、大げさな)オープニングからして、ただならぬ気配。そしてスーパー市長の命懸けの戦いが始まる。嵐の中へ果敢につっこみ、洪水のパニックも負けない姿は、まさに男の鏡。荒れ狂う海をバックにしてポーズを決め、背後で高波が豪快にうねるシーンに至っては拍手喝采するしかない。アナクロな作りといえばそれまでだが、見方を変えれば歌舞伎にも似た、お約束的興奮が宿っていると言えなくもない。

スーパー市長だから、台風によって命の危機に立たされた者を誰でも助けようとする。小島に取り残された身重の人妻も、海に出ようとする漁師も、溺れる者も、溺れる犬だって見捨てはしない。洪水にまぎれて陸地になだれ込んできたサメに襲われるや、“私は昔、特殊部隊にいたんだ!”と唐突にカミングアウトして立ち向かっていく。決してマッチョな体型ではないが、そんな風に自信満々に言われると、とりあえず頼りにせざるをえない。

そんな市長の超人的なガッツに刺激を受け、回りの人々もとにかくガンバる。市長に解任されながらも最後の義務として住民を守ろうとする町長の責任感や、妻の身を案じて家に戻ろうとする田舎者の男の必死の思い、台風の目の写真を撮ろうと奔走する白人男性の熱狂が竜巻のように渦を巻いてドラマを盛り上げる。まさに「台風クラブ」以上の躁状態。市長があんなだから、これはもう仕方がない。

こういう語り口を“垢ぬけない”と断ずるのは簡単だ。正直に打ち明けると、筆者も笑って観てしまったのだが、作り手が本気でエンタメ映画を作ろうとしていることは十分に伝わってくる。それを象徴するのが、町を押し流す大洪水のスペクタクルで、CGを使わずにミニチュアで撮影をしたリアルな質感はスゴい。こういう下地があると、ありえねーほどのスーパー市長も、何だか応援したくなってしまうのだ。そういう意味では誰が何と言おうと、アツいエンタメ映画なのである。


【関連作品】
超強台風

特集|映画情報のぴあ映画生活へ戻る

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright © 2019 PIA Corporation. All Rights Reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録

 


ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

超強台風 [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3694円(税込)
  • OFF:410円(9%)

 

ど迫力の海中バトルがヤバい!『アクアマン』4DX体験レポート
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】