ただいまの掲載件数は タイトル62917件 口コミ 1167695件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ベンダ・ビリリ! もう一つのキンシャサの奇跡 > プレゼント特集

ドキュメンタリーを超越した、胸躍る奇跡の物語

2010/09/02 (木) written by 高橋諭治(映画ライター)

優れたドキュメンタリーというのは、運さえよければ撮れるというものではない。私たち多くが思う以上に作り手の“創作”の自由度が高く、その作家性こそが映画にオリジナリティを吹き込むのだ。

例えば、どんな取材対象のどの瞬間にカメラを向けるかのとっさの判断は作り手次第だし、それらの素材をどう編集して構成するかも各人の自由。私たちが何となく普段見過ごしてしまう事象に、鋭いテーマを見出したりする直感や洞察力もまさに重要な作家性のひとつと言える。

その点『ベンダ・ビリリ!』という何かのおまじないのような奇妙な題名がついたこのドキュメンタリーは、そうとう凄い。2004年、ふたりのフランス人映像作家がアフリカ中部に位置するコンゴ民主共和国の首都キンシャサをはるばる訪れ、混沌とした街なかで路上のミュージシャンと出会ったことがすべての始まり。そのバンド“スタッフ・ベンダ・ビリリ”は、幾多のアクシデントを乗り越えて2006年に初のアルバムを完成させ、さらにはヨーロッパ・ツアーを敢行して大ブレイクしてしまう。

むろんその背景には自らCD制作を買って出た監督たちや音楽会社の後押しがあるのだろうが、ベンダ・ビリリが奏でる音楽、そして彼らの生活環境に映画を通してひとたび触れれば、“運”に恵まれただけではないことは一目瞭然だ。メンバーの多くは身体障害者で車椅子生活を送っているが、そのハンデをものともしないバイタリティで街を移動し、ファンキーなサウンドに乗せて雄々しく希望を歌い上げる。なかでもパパ・リッキーなる中年オヤジは、特製の改造車椅子を自在に動かし、おおらかで前向きな性格でメンバーをまとめるリーダー格。彼が腕を見込んだロジェという少年を一人前のミュージシャンに育てていく疑似親子の絆の物語は、本作のハイライトのひとつだ。ちなみにロジェが器用に操るサトンゲという楽器は、棒きれと空き缶から成る一弦ギター(!)だ。

キンシャサの混沌から生まれたこの輝かしいサクセス・ストーリーを目の当たりにすると、もはやドキュメンタリーの作家性などをやすやすと超越した奇跡のような出来事に胸躍らずにいられない。しかしアフリカの路上から世界へ飛翔するベンダ・ビリリの軌跡を、あますところなくリアルタイムで収めたこの作品は、それ自体が作り手のお手柄であり、これまた奇跡と言えよう。そんな幾つものミラクルな喜びを、ぜひ観客として共有してほしい。

特集|映画情報のぴあ映画生活へ戻る

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright © 2019 PIA Corporation. All Rights Reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録

 


ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • かずまさ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ベンダ・ビリリ!〜もう一つのキンシャサの奇跡 [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3694円(税込)
  • OFF:410円(9%)

 

ど迫力の海中バトルがヤバい!『アクアマン』4DX体験レポート
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】