ただいまの掲載件数は タイトル64698件 口コミ 1175650件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > トイ・ストーリー3 > プレゼント特集

涙必至! おもちゃたちの壮絶サバイバル

2010/07/07 (水) written by 渡辺麻紀(映画ライター)

あまりに壮絶なおもちゃたちの生き様人気シリーズ3作目『トイ・ストーリー3』はおなじみウッディ&バズたちの生きるか死ぬかのサバイバル・アクションだった!

『トイ・ストーリー』を観るたびに、ついつい飾っているフィギュアたちをなでなでしてしまうのだが、この『…3』はこれまでの2作以上。なでなでどころかギュッと抱きしめてしまった。

つまり『トイ・ストーリー3』はそれほど切実に、おもちゃの人生(おもちゃ生?)を考えさせられる映画になっていたということだ。『…1』は初めての外の世界での大冒険、『…2』では、おもちゃコレクターから東京へと送られそうになるウッディ奪還大作戦と、これまで2回、どうにか生き延びてきたお馴染のおもちゃたち。が、そんなのは序の口。彼らが今回体験するのは、本当の意味でのサバイバルだった!

もう初っぱなからサバイバルである。大学生になった持ち主アンディが、ウッディとバズを手にどうしようと思案顔。ちょっとした手違いで捨てられたバズたちはサバイバルするために保育園に。そこで彼らを待っていたのは、凶暴な幼児たちと邪悪なクマのぬいぐるみ。ここでもサバイバルを経験し、それをクリアするとまたもサバイバル。しかもその壮絶さと言ったら! まさに生きるか死ぬか、小さくか弱いおもちゃたちがその瀬戸際で踏ん張ろうとするのだ。今回の泣きポイントはココ。手に汗握り、目に涙をため「お前ら絶対、死ぬなよー」と祈っている自分がいる!

この臨場感、このリアリティって何なんだ?――それこそが『トイ・ストーリー3』の素晴らしさ。プラスチックのおもちゃで出発した主人公たちが、3作目を迎えて圧倒的な存在感を持つようになり、私たちにおもちゃであることも忘れさせてしまったのだ。彼らは持ち主のアンディと違い決して成長しないが、私たちの心のなかでは大きく大きく成長したのである。

おもちゃの幸せは子供に遊んでもらうこと。これがシリーズを通して語られてきたことだった。では、映画の幸せは? それは観客を夢中にさせること、あるいは熱くさせることだろう。『トイ・ストーリー3』は、それをパーフェクトに果たしていると言っておこう。

【関連作品】
トイ・ストーリー3

特集|映画情報のぴあ映画生活へ戻る

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright © 2019 PIA Corporation. All Rights Reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録

 


ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • モシモーノ
  • カリカリキャロット
  • りの119
  • future79
  • ゆーちゃん☆♪
  • ニノ
  • おぺぺ
  • kazukou
  • CHiMi
  • horii
  • すいれん:)
  • yuuuuki
  • chokobi
  • メガmac
  • mogeru01

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ