ただいまの掲載件数は タイトル64942件 口コミ 1178304件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > memo > あらすじ



『memo』あらすじ


(※内容にネタバレを含む場合があります)
閑静な住宅地に住む本橋繭子(韓英恵)は、日常生活の中であるタイミングがくると、紙にメモをとらなくてはいけないという衝動が起こる「強迫性障害」をもった女子高生だった。彼女の「発作」は、時と場所を選ばず、自分すらも関与のできない瞬間に起こる。テストの時間、合唱の練習の時、教室で掃除をしている時にも。ペンと紙が手元にあり、思い立った言葉を書き記すことができれば症状は改善されるが、それができなければ、自分が壊れてしまうというほどの強い不快感に襲われる。いつ何時に「発作」がくるかわからないので、いつも、ポケットにはペンと紙を入れておかなくていけない毎日だった。その症状は、何日かに一回、行きつけの文具店店員(池内博之)から、ノートやメモ帳を大量購入しなければいけないほどで、繭子の生活は、学校と、その病を相談する女性カウンセラー(白石美帆)の元へカウンセリングにいくこと。その二つで成り立っていた。温厚な父・洋平(宅間孝行)とおっとりとした母・道子(高岡早紀)は、そんな病とは全く無縁の両親。だが、繭子の症状を認め、静かな三人暮らしをしている。しかし、そんな繭子と家族の前に、突然、長い間音信不通だった、父の弟である純平(佐藤二朗)がやってくる。驚く家族だが、そのうち純平も「強迫性障害」であるということがわかる。そこから、同じ病いを抱える、繭子と純平の奇妙な交流が始まっていく。繭子も純平も共に病を抱えながらそれを必死で乗り越えようとしていくのだが、繭子は、自身の抱える病が学校で広まってしまいそうになる。また、ある時に、純平の挙動不審な様子を目撃してしまうことに。二人は、自分の抱えた問題をどう乗り越えていくのか……。 【キネマ旬報データベースより】


 

 

 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright © 2019 PIA Corporation. All Rights Reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

memo [DVD]

  • 定価:3990円(税込)
  • 価格:3591円(税込)
  • OFF:399円(10%)

 


進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ