『市民ポリス 69』ストーリー


(※内容にネタバレを含む場合があります)
犯罪の増加に手を焼く東京都は、警察の手が回らない軽犯罪を取り締まるため、善良な一般市民の中から100名を選出、犯罪検察組織「市民ポリス」を誕生させた。選ばれた市民には、任期の30日間、身分証でもある覆面と麻酔銃が与えられる。そんなある日、妻・美里(斎藤陽子)からも一人娘からも相手にされず、家庭でも職場でも居場所をなくしていたサラリーマンの芳一彦治郎(酒井敏也)に69人目の市民ポリスに任命するとの通達が届く。だがとにかく波風を立てないように生きてきた気弱な芳一は、犯罪に巻き込まれることを恐れ、任務から逃げ回ってばかり。 ところが仕事で立ち寄ったコンビニで働く美少女・桃(早見あかり)との出会いが、彼の運命を180°変えてしまう。マジメな芳一の優しさに心動かされた桃は、天使のような笑顔で彼に接してくれたのだ。そんな中、芳一は美里の頼みで、イヤイヤながら隣人に苦情を言うが、逆切れした相手にボコボコに殴られてしまう。自宅に戻り、しばし呆然とする芳一だったが、市民ポリスの白いマスクを被ると、再び隣人の家の扉を開け、待ち受けた住人に向けて麻酔銃の引き金を引く。それは彼が自分に与えられた“権力”の甘い魅力を知ってしまった瞬間だった。この力があれば、何だって思い通りにできる。憧れの桃をデートに誘うお金を手に入れることも……。東京の街に飛び出した芳一は、はびこる犯罪者たちに向け、次々と麻酔銃を撃ちまるのだった。その頃、市民ポリス制度に強い恨みを抱き、テロ活動によって制度の崩壊を企む組織SHK(市民ポリス制度に反対する会)のボス・輝也(津田寛治)は、計画の実行に必要な資金3億円を稼ぐため、様々な悪事に手を染めていた。仲間の冴子(原紗央莉)もセクシーな魅力を武器に、体を張ってカネを稼ぐ。そんな輝也が、桃が働くコンビニを訪れるとなぜか桃はレジから盗まれた多額の現金を輝也に手渡す。実は桃には、芳一には言えない大きな秘密があった……。 【キネマ旬報データベースより】


 


『市民ポリス 69』解説


『特命係長 只野仁』の柳沢みきおによる人気コミック『市民ポリス69』を個性派俳優の酒井敏也を主演に据え映画化。平凡なサラリーマンの男が、ある権力を得たことにより、男としての欲望を果たしていくも、些細な犯罪に手を染め、大事件へと巻き込まれていく。監督は『GSワンダーランド』の本田隆一、ヒロイン役には“ももいろクローバー“の早見あかり。


 

 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright © 2014 PIA Corporation. All Rights Reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • HALU

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません


ぴあ Movie Special 2014 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場!
3つの手がかりから魅力を読み解く!記憶探偵と鍵のかかった少女
PFF メルマガ割引あり 第36回PFF徹底ガイド“はじめてのPFF”
成功の裏に隠されたものとは 天才デザイナーの“光と影”イヴ・サンローラン
えっ、あの怪物がヒーローに!?『アイ・フランケンシュタイン』の衝撃!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

朝日新聞×ぴあ 2014年 スクリーンを賑わす旬の女優
「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝