ただいまの掲載件数は タイトル65246件 口コミ 1181747件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 野いちご

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


あなたの評価: 
75点
75
原題 SMULTRONSTALLET
製作年/国 1957年/スウェーデン
時間 89
監督

人生の空しさと孤独を、一人の教授を通して、現実と回想と悪夢の中に描いたベルイマンの傑作。前作「第七の封印」で神の不在を問うたベルイマンは、この作品では、人間の愛と憎しみ、生と死といったテーマに鋭く切り込んだ。遺作となったシェーストレムの名演は忘れ難い。
あらすじを読む(※内容にネタバレを含む場合があります)


キャスト

最新ニュース

該当情報がありません

 

コメントメモ (非公開)

コメントメモは登録されていません。

満足度データ

野いちご
100点
4人(9%) 
90点
6人(14%) 
80点
14人(34%) 
70点
9人(21%) 
60点
5人(12%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
2人(4%) 
20点
0人(0%) 
10点
1人(2%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
41人
レビュー者数
16
満足度平均
75
レビュー者満足度平均
78
ファン
8人
観たい人
20人

 

『野いちご』クチコミレビュー

注目のレビュー:野いちご

  • 80点 救いの兆し (0)

    2007-07-02  by 星空のマリオネット

    ベルイマン監督の映画というと、学生時代に「沈黙」や「処女の泉」を観た際の強烈で不思議な印象は忘れられません。 今回観た「野いちご」では、老医学者である主人公の夢の中のシーンが不気味です。 自分以外誰もいない街、目を開けていられないくらいの太陽の日差し、針のない時計、馬車から転げ落ちる棺桶、棺桶の中から主人公を引っ張り込もうとする人物は・・・ 若い頃のフィアンセとの戸外での楽しい思い出の場面 ......  続きを読む

    5人がこのレビューに共感したと評価しています。

  • 90点 天才との出会い (0)

    2004-08-10  by アキラ

    冒頭のデカルト的な夢からして半端じゃない。 脚本センス、映像センス、テーマ。 どれをとっても、ベルイマンに敵う作家などいやしない。 その事実を嫌という程見せ付けられる。 これでも、ベルイマン作品中では中の上のレベル。 とてつもない傑作を山の様に作ったベルイマンを最初に見たのがこの作品だった。

    4人がこのレビューに共感したと評価しています。

皆様からの投稿をお待ちしております!

『野いちご』掲示板

『野いちご』についての質問、ネタバレを含む内容はこちらにお願いします。
  見出し 投稿者 投稿日
  チュリューンが最高(0) 逃水 2005-11-18

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright © 2019 PIA Corporation. All Rights Reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録


この映画のファン

  • 血の轍
  • ck-映画ランナー
  • すえりん
  • 一畳×24=上野
  • メアリ
  • しゃろん

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません


クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン