ただいまの掲載件数は タイトル60033件 口コミ 1157055件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 二十四時間の情事

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


あなたの評価: 
63点
63
ジャンル 人間ドラマ
気分 おしゃれな感覚が楽しめます
製作年/国 1959年/仏=日
時間 91
監督

広島に反戦映画のロケに来たフランス女優と日本人建築技師が知り合い、一夜の情事に身をまかせる。カメラは広島を捉えながら、悲劇の戦争を体験した二人のモノローグに従って忌まわしい過去をよみがえらせていく……。デュラスの脚本を映像化したレネの最高傑作。
あらすじを読む(※内容にネタバレを含む場合があります)


キャスト

最新ニュース

該当情報がありません

コメントメモ (非公開)

コメントメモは登録されていません。

満足度データ

二十四時間の情事
100点
2人(10%) 
90点
3人(15%) 
80点
3人(15%) 
70点
3人(15%) 
60点
3人(15%) 
50点
1人(5%) 
40点
1人(5%) 
30点
1人(5%) 
20点
1人(5%) 
10点
2人(10%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
20人
レビュー者数
9
満足度平均
63
レビュー者満足度平均
57
ファン
1人
観たい人
12人

 

『二十四時間の情事』クチコミレビュー

注目のレビュー:二十四時間の情事

  • 90点 記憶を辿るのは我々自身 (0)

    2004-08-30  by アキラ

    「私はそこにいた」「いや、君はそこにはいなかった」 あのオープニングだけで、広島の原爆がいかに歴史的に 重い事かを思い知らされます。私的には『夜と霧』と 並ぶ第二次大戦に関する姉妹ドキュメントに感じられました。 ほとんどの映像が生の戦後の記憶であり、二人の登場人物は そのストーリーテラーに過ぎない。悲劇の記憶を辿っているのは 見ている自分たち自身だ。この作品の記憶は否が応でも ベトベトと我 ......  続きを読む

    3人がこのレビューに共感したと評価しています。

  • 90点 ヒロシマ・モナムール(広島、我が愛) (0)

    2015-06-20  by すかあふえいす

    「ヒロシマ・モナムール(広島、我が愛)」。 「君は何も見ていない」という言葉は、アラン・レネ自身の自問自答がこの映画に刻まれているのではないだろうか。 「夜と霧」がそうであったように、人が殺された“跡”とそれを記録したフィルムを通して見たにすぎない。直接あの惨状を見てはいないのだ、と。 レネが冒頭で原爆の惨状を伝えるフィルムとして関川秀雄の「ひろしま」を選らんだのも、あの日を経験した・あの日 ......  続きを読む

    1人がこのレビューに共感したと評価しています。

皆様からの投稿をお待ちしております!

『二十四時間の情事』掲示板

『二十四時間の情事』についての質問、ネタバレを含む内容はこちらにお願いします。
  見出し 投稿者 投稿日
  いつみたっけ!(0) 逃水 2005-11-17

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright © 2018 PIA Corporation. All Rights Reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • 鶯谷畳一畳

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません


ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集