ただいまの掲載件数は タイトル60646件 口コミ 1162199件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ホーンティング

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


あなたの評価: 
36点
36
ジャンル ホラー
気分 コワ〜い体験ができます
原題 THE HAUNTING
製作年/国 1999年/米
配給 UIP
時間 113
公開日
監督

「スピード」のヤン・デ・ボン監督による迫力たっぷりのSFXホラー。呪われた丘の屋敷を訪れた不眠症の面々が、数奇な心霊現象を体験する姿を、スリリングに描いていく。
あらすじを読む(※内容にネタバレを含む場合があります)


キャスト

最新ニュース

該当情報がありません

フォトギャラリー:ホーンティング


※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

コメントメモ (非公開)

コメントメモは登録されていません。

満足度データ

ホーンティング
100点
0人(0%) 
90点
0人(0%) 
80点
2人(4%) 
70点
4人(9%) 
60点
4人(9%) 
50点
5人(12%) 
40点
5人(12%) 
30点
6人(14%) 
20点
6人(14%) 
10点
5人(12%) 
0点
4人(9%) 
採点者数
41人
レビュー者数
10
満足度平均
36
レビュー者満足度平均
24
ファン
0人
観たい人
11人

 

『ホーンティング』クチコミレビュー

注目のレビュー:ホーンティング

  • 30点 オリジナルよりはマシだけど (0)

    2004-12-02  by アキラ

    確かロバートワイズの『たたり』をリメイクした物だが オリジナルからして筋に何の工夫もなくヒドイ作品だった。 ただ、家が人間に襲い掛かって来るという話で サスペンスもトリックもなくただただ役者が怯えるだけ。 それに比べると実際に襲うシーンをCGで見せているだけマシ。 しかし、わざわざリメイクする価値のある脚本とは思えない。

    2人がこのレビューに共感したと評価しています。

  • 0点 見た記録として。 (2)

    2016-09-25  by ニコラ

    実は途中までしか見てません、最後まで見てないのにレビューを書くなど(と)お叱りを受けそうですが、その程度の映画だってことでお許しを……。プラダ自慢なんか観客に聞かせるな。お化け屋敷の雰囲気は○。タバコは0本か。 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ:1969年(昭和44年)9月25日〜、今日は彼女の47歳の誕生日です。

    1人がこのレビューに共感したと評価しています。

皆様からの投稿をお待ちしております!

『ホーンティング』掲示板

『ホーンティング』についての質問、ネタバレを含む内容はこちらにお願いします。
  見出し 投稿者 投稿日
  屋敷(2) さくらんぼ 2003-09-28
  あらら…(0) くーにゃ 2005-05-09

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright © 2018 PIA Corporation. All Rights Reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ホーンティング [DVD]

  • 定価:1500円(税込)
  • 価格:991円(税込)
  • OFF:509円(33%)

ホーンティング [DVD]

  • 定価:1890円(税込)
  • 価格:1701円(税込)
  • OFF:189円(10%)

 


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”