ただいまの掲載件数は タイトル59245件 口コミ 1149116件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ザ・ヤクザ

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


あなたの評価: 
50点
50
ジャンル サスペンス
気分 ハラハラドキドキ興奮します
製作年/国 1974年/米
時間 112
監督

日本のヤクザ組織に誘拐された旧友の娘を救出するため日本にやって来たアメリカ人のハリー。そのハリーを助ける元ヤクザの田中健。“義理と人情“という日本的な観念で結ばれた日米の二人の男が、ヤクザ組織に立ち向かうサスペンス・アクションの異色作。
あらすじを読む(※内容にネタバレを含む場合があります)


キャスト

最新ニュース

該当情報がありません

フォトギャラリー:ザ・ヤクザ


※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

 

コメントメモ (非公開)

コメントメモは登録されていません。

満足度データ

ザ・ヤクザ
100点
0人(0%) 
90点
1人(5%) 
80点
3人(16%) 
70点
1人(5%) 
60点
3人(16%) 
50点
3人(16%) 
40点
2人(11%) 
30点
2人(11%) 
20点
0人(0%) 
10点
3人(16%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
18人
レビュー者数
8
満足度平均
50
レビュー者満足度平均
55
ファン
1人
観たい人
9人

 

『ザ・ヤクザ』クチコミレビュー

注目のレビュー:ザ・ヤクザ

  • 80点 シドニー・ポラック監督を偲んで (3)

    2008-07-06  by 青島等

    5月26日に永眠されたシドニー・ポラック監督作。 戦中派のアメリカン・タフガイのロバート・ミッチャムと日本男児の鏡の様な高倉健による男の友情物として素直に楽しみべきアクションドラマで撃ち合いと斬り込みの見せ場が豊富な痛快作に仕上がっている。 ヒロイン岸恵子とミッチャムのシーンはミッチャムのやや斜め背後にカメラを据えて撮ってあり、彼の僅かな表情と肩の演技が見事だと思う。顔は相変わらずややくたびれた ......  続きを読む

    5人がこのレビューに共感したと評価しています。

  • 80点 本物のヤクザとは (1)

    2010-01-19  by S18

    もう35年も前の映画ですが、今でも内容は結構覚えています、アメリカ映画なのに日本のやくざ映画よりはずっとましな作りではないでしょうか、高倉健の出演作の中でもトップクラスではないかと私は思っています、網走番外地シリーズは何本か見ましたが、比べ物に成りません、ロバート・ミッチャムが日本の風習になじめずにいたのが、最後には、日本人以上に日本人の義理を理解したように思います、その辺の描き方がとても良 ......  続きを読む

    2人がこのレビューに共感したと評価しています。

皆様からの投稿をお待ちしております!

『ザ・ヤクザ』掲示板

『ザ・ヤクザ』についての質問、ネタバレを含む内容はこちらにお願いします。

掲示板への投稿がありません。投稿お待ちしております。


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright © 2018 PIA Corporation. All Rights Reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • S18

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ザ・ヤクザ [DVD]

  • 定価:1543円(税込)

 


『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
15周年となる今年はココが違う!《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集
シリーズのテーマを掘り下げた革新の一作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ほか、押見修造漫画の映画化『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』『グッバイ・ゴダール!』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!