ただいまの掲載件数は タイトル64971件 口コミ 1178485件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 7月4日に生まれて

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


あなたの評価: 
63点
63
原題 BORN ON THE FOURTH OF JULY
製作年/国 1989年/米
監督

ベトナム戦争の英雄として名を刻んだロン・コヴィック。だが祖国のために戦った彼は、負傷がもとで車椅子の余生を強いられる。かつて愛した祖国に強い怒りを抱くロン。戦争はいったい何だったのか……。「プラトーン」に続いて、ストーン監督が描くもう一つの傷ついたアメリカ。実話を映画化した話題作。


キャスト

最新ニュース

該当情報がありません

フォトギャラリー:7月4日に生まれて


※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

コメントメモ (非公開)

コメントメモは登録されていません。

満足度データ

7月4日に生まれて
100点
3人(3%) 
90点
6人(6%) 
80点
14人(14%) 
70点
20人(20%) 
60点
32人(32%) 
50点
15人(15%) 
40点
3人(3%) 
30点
0人(0%) 
20点
3人(3%) 
10点
3人(3%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
99人
レビュー者数
13
満足度平均
63
レビュー者満足度平均
53
ファン
3人
観たい人
45人

 

『7月4日に生まれて』クチコミレビュー

注目のレビュー:7月4日に生まれて

  • 60点 更に進化した反戦映画 (0)

    2007-08-23  by 本物の目

    オリバーストーン監督ベトナム戦争三部作の一つ。 プラツーンで世界的に評価を得た監督が再度ベトナム戦争をテーマに作り上げた作品だが、個人的には出来は悪くないが、あまり好きではない。 この映画は実在のロンコビック氏がモデルである。独立戦争と同じ日にこの世に正を授かり、熱烈な愛国者だったが、実際の戦場を体験してから、政治思想が一気に逆転した。帰還してからは、急進的ともいえる反戦活動家となり、 ......  続きを読む

    9人がこのレビューに共感したと評価しています。

  • 90点 人間の悲哀 (0)

    2004-10-26  by アキラ

    理想的家庭に生まれ、快活に成長し、愛国心を抱く若者。 自ら陸軍に志願し、ベトナムで国のために戦おうとする。 だが戦場には思いも寄らない悲劇が待っていた。 誤爆による女子供の虐殺。誤射による味方の殺害。 「汝殺すなかれだよ、ママ、汝女子供を殺すなかれ…」 脊髄に致命傷を負い半身不随になって帰って来た男が嘆く。 自分を待っていた恋人を抱く事すら出来ない。 「ペニス!硬くおっ勃った真っ赤なペニス ......  続きを読む

    7人がこのレビューに共感したと評価しています。

皆様からの投稿をお待ちしております!

『7月4日に生まれて』掲示板

『7月4日に生まれて』についての質問、ネタバレを含む内容はこちらにお願いします。

掲示板への投稿がありません。投稿お待ちしております。


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright © 2019 PIA Corporation. All Rights Reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • 僕のなかの雲雀
  • mu3154
  • K

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません


進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ