ただいまの掲載件数は タイトル60700件 口コミ 1162500件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


あなたの評価: 
66点
66
画像
(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会
http://cinema.pia.co.jp/piaphoto/title/240/175790_1.jpg
ジャンル コメディ
気分 音楽やダンスがGOOD!
製作年/国 2018年/日本
配給 アスミック・エース
ヘッド館 TOHOシネマズ 日比谷
公式サイト
時間 107
公開日
監督

『時効警察』シリーズ、『俺俺』などで知られる三木聡が、監督・原案・脚本を手がけたハイテンション・ロックコメディ。驚異の歌声を持つロックスターと異様に声の小さいストリートミュージシャンの出会いを描く。阿部サダヲと吉岡里帆が、主演とヒロインを熱演するほか、千葉雄大、麻生久美子、バイきんぐの小峠英二、ふせえりらが共演する。
あらすじを読む(※内容にネタバレを含む場合があります)


キャスト

最新ニュース

  • “自己矛盾”と対峙する物語 三木聡監督が語る『音量を上げろタコ!』

    “自己矛盾”と対峙する物語 三木聡監督が語る『音量を上げろタコ!』 (2018/10/17更新)

    ドラマ『時効警察』シリーズや、映画『俺俺』などの作品を手がけてきた三木聡監督の最新作『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が公開されている。本作は“声帯ドーピング”によってシャウトを続けるロック・スターの男と、声が小さいためにバンドをクビになってしまった女の物語だが、三木監督はあえてふたりを極端に描き分けたり、対比させることをしていない。それどころか一見、正反対に見えるふたりの主人公は、物語が進んでいくと実は“同じ要素”を持ち合わせていることがわかってくる。この異色作に見えて真摯なドラマはどのようにして生まれたのか? 監督に話を聞いた。

     

フォトギャラリー:音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!




※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

予告編動画

 

コメントメモ (非公開)

コメントメモは登録されていません。

満足度データ

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
100点
5人(10%) 
90点
9人(18%) 
80点
8人(16%) 
70点
4人(8%) 
60点
7人(14%) 
50点
6人(12%) 
40点
3人(6%) 
30点
2人(4%) 
20点
5人(10%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
49人
レビュー者数
33
満足度平均
66
レビュー者満足度平均
73
ファン
5人
観たい人
41人

 

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』掲示板

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』についての質問、ネタバレを含む内容はこちらにお願いします。

掲示板への投稿がありません。投稿お待ちしております。


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright © 2018 PIA Corporation. All Rights Reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • あるみ(仮)
  • littlemon2000
  • はむ.
  • 佳辰
  • hiryuden24

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”