ただいまの掲載件数は タイトル61017件 口コミ 1164993件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > パパはわるものチャンピオン

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


あなたの評価: 
73点
73
画像
(C)2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会
http://cinema.pia.co.jp/piaphoto/title/240/173932_1.jpg
ジャンル ファミリー
気分 原作が有名です
製作年/国 2018年/日本
配給 ショウゲート
ヘッド館 TOHOシネマズ 新宿
公式サイト
時間 111
公開日
監督

新日本プロレスの人気者、棚橋弘至が映画初主演を務めるヒューマンドラマ。棚橋がトレードマークの長髪をばっさり切って演じるのは、悪役レスラー“ゴキブリマスク“としてリングに上がっていることを息子に隠している男。そんな主人公が息子との絆を取り戻すため、一世一代の闘いに身を投じていく姿を描く。新日本プロレスの同僚も多数出演。
あらすじを読む(※内容にネタバレを含む場合があります)


キャスト

最新ニュース

フォトギャラリー:パパはわるものチャンピオン




※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

予告編動画

 

コメントメモ (非公開)

コメントメモは登録されていません。

満足度データ

パパはわるものチャンピオン
100点
1人(4%) 
90点
1人(4%) 
80点
9人(42%) 
70点
5人(23%) 
60点
4人(19%) 
50点
0人(0%) 
40点
1人(4%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
21人
レビュー者数
11
満足度平均
73
レビュー者満足度平均
78
ファン
1人
観たい人
15人

 

『パパはわるものチャンピオン』クチコミレビュー

注目のレビュー:パパはわるものチャンピオン

  • 80点 心のマスクを脱ぎ捨てた時に起こるささやかな奇跡 (0)

    2018-09-24  by 未登録ユーザ

    予告編から想像していた通りの話でヒネリなどは全く無かったんだけど、それで良かった。息子のためにヒーローでありたかった父親、その父親を理解していく息子。リングと小学校の2つの戦場で繰り広げられるドラマのリンクとともに最高のクライマックスへと突き進んでいく。最後に教室に貼られた絵と言葉に泣かされた。頑張るお父さんはそれだけで子供にとってはヒーローなんだと教えてくれるような温かい映画だった。批評 ......  続きを読む

    1人がこのレビューに共感したと評価しています。

皆様からの投稿をお待ちしております!

『パパはわるものチャンピオン』掲示板

『パパはわるものチャンピオン』についての質問、ネタバレを含む内容はこちらにお願いします。

掲示板への投稿がありません。投稿お待ちしております。


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright © 2019 PIA Corporation. All Rights Reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • takappesan

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

パパはわるものチャンピオン Blu-ray/DVDコンボ(豪華版)

  • 定価:7344円(税込)
  • 価格:5501円(税込)
  • OFF:1843円(25%)

パパはわるものチャンピオンDVD(通常版)

  • 定価:4000円(税込)
  • 価格:3539円(税込)
  • OFF:461円(11%)

 


日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”