ただいまの掲載件数は タイトル60310件 口コミ 1159949件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > アメリカン・アサシン

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


あなたの評価: 
68点
68
画像
(C)2018 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.
http://cinema.pia.co.jp/piaphoto/title/240/173026_1.jpg
ジャンル アクション
気分 原作が有名です
原題 AMERICAN ASSASSIN
製作年/国 2017年/米
配給 キノフィルムズ
ヘッド館 TOHOシネマズ 日比谷
公式サイト
時間 112
公開日
監督
R15+

ヴィンス・フリンによるベストセラー“ミッチ・ラップ“シリーズの同名小説を基に映画化したスパイアクション。無差別テロで最愛の恋人を失った過去を持つCIAスパイの若者と、正体不明の極悪テロリストとの戦いを描く。『メイズ・ランナー』シリーズのディラン・オブライエンが主演を務め、『バードマン…』のマイケル・キートンらが共演する。
あらすじを読む(※内容にネタバレを含む場合があります)


キャスト

最新ニュース

フォトギャラリー:アメリカン・アサシン






※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

予告編動画

 

コメントメモ (非公開)

コメントメモは登録されていません。

満足度データ

アメリカン・アサシン
100点
0人(0%) 
90点
3人(7%) 
80点
9人(21%) 
70点
17人(40%) 
60点
8人(19%) 
50点
2人(4%) 
40点
2人(4%) 
30点
1人(2%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
42人
レビュー者数
26
満足度平均
68
レビュー者満足度平均
68
ファン
0人
観たい人
11人

 

『アメリカン・アサシン』クチコミレビュー

注目のレビュー:アメリカン・アサシン

  • 60点 アクションは素晴らしいけれど… (0)

    2018-07-13  by pharmacy_toe

    これはーかなり消化不良だった… 恋人にプロポーズした日にテロに遭い、恋人を殺され、その日から復讐に燃える狂犬となったミッチ(ディラン・オブライエン) CIAはリスクを承知でミッチをリクルートし、暗殺者に育てるために、元ネイビー・シールズのハーリー(マイケル・キートン)にミッチの教育を任せるのだが… アクションシーンはとても迫力があって良かった 「メイズ・ランナー 最期の迷宮」で何回も手術を ......  続きを読む

    1人がこのレビューに共感したと評価しています。

皆様からの投稿をお待ちしております!

『アメリカン・アサシン』掲示板

『アメリカン・アサシン』についての質問、ネタバレを含む内容はこちらにお願いします。

掲示板への投稿がありません。投稿お待ちしております。


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright © 2018 PIA Corporation. All Rights Reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

アメリカン・アサシン ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]

  • 定価:4309円(税込)
  • 価格:3202円(税込)
  • OFF:1107円(25%)

 


ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”