ただいまの掲載件数は タイトル56177件 口コミ 1109567件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > トム・ヤム・クン!

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


あなたの評価: 
75点
75
画像
(C)2005 SAHAMONGKOLFILM INTERNATIONAL COMPANY LIMI
http://cinema.pia.co.jp/piaphoto/title/240/144828_1.jpg
ジャンル アクション
気分 ハラハラドキドキ興奮します
原題 TOM-YUM-GOONG
製作年/国 2005年/タイ
配給 クロックワークス=ギャガ
時間 110
公開日
監督

ムエタイを映画に持ち込み、壮絶なアクションの数々で観客を魅了した『マッハ!』の主演&監督コンビによる最新作。国際マフィアに象を盗まれた青年の、怒濤の奪還劇を活写する。主演のトニー・ジャーによる神技的アクションが圧巻!
あらすじを読む(※内容にネタバレを含む場合があります)


出演

最新ニュース

該当情報がありません

フォトギャラリー:トム・ヤム・クン!


※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

 

コメントメモ (非公開)

コメントメモは登録されていません。

満足度データ

トム・ヤム・クン!
100点
21人(21%) 
90点
19人(19%) 
80点
14人(14%) 
70点
19人(19%) 
60点
9人(9%) 
50点
2人(2%) 
40点
5人(5%) 
30点
3人(3%) 
20点
0人(0%) 
10点
4人(4%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
96人
レビュー者数
39
満足度平均
75
レビュー者満足度平均
82
ファン
7人
観たい人
25人

 

『トム・ヤム・クン!』クチコミレビュー

注目のレビュー:トム・ヤム・クン!

  • 90点 この際アラには目をつぶろう (0)

    2006-05-08  by ちょし

    期待以上の面白さだった!前半象とのまったりした時間が後半の怒涛のアクションシーンを際立たせたと思います。 ストーリーにも編集にもかなりアラはありますが、多少脳内補完すれば問題なし。とにかくアクションを楽しむ映画です。

    3人がこのレビューに共感したと評価しています。

  • 100点 象を返せ! (0)

    2008-03-13  by キルゴア

     素晴らしいの一語に尽きます。  アクション映画で大事なのは、「主人公の動機づけ」です。まあ、わかりやすく言えば「敵をブッ殺してもかまわない言い訳」ですな。  古今東西のいろんな映画が「復讐」だとか「正義」だとかたくさんの言い訳を使ってきたのですが、だんだんとその手の言い訳は使い古されて効き目が薄くなってきた訳です。  早い話が、今インディアンを虐殺する映画を作れば主人公の方が悪者にしか ......  続きを読む

    2人がこのレビューに共感したと評価しています。

皆様からの投稿をお待ちしております!

『トム・ヤム・クン!』掲示板

『トム・ヤム・クン!』についての質問、ネタバレを含む内容はこちらにお願いします。
  見出し 投稿者 投稿日
discussion あの象はなんで密輸されたのかというと。。(0) taru 2006-05-07

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright © 2017 PIA Corporation. All Rights Reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


関連ニュース

 

この映画のファン

  • 1+2=
  • アーバン・ブルー
  • 地獄の墓掘り人
  • Mafty
  • marvel
  • とっぽ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

トム・ヤム・クン! プレミアム・エディション [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3272円(税込)
  • OFF:832円(20%)

 


池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
激戦の中たったひとりで75人の命を救った男の真実のドラマ『ハクソー・リッジ』特集
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
凶悪爆弾テロ、解決までの102時間『パトリオット・デイ』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。しかと見届けよ! H・ジャックマン演じる最後のウルヴァリン! これまでと一味違うアメコミ映画『LOGAN…』ほか『ハクソー・リッジ』『セールスマン』など続々更新中!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝