ただいまの掲載件数は タイトル56177件 口コミ 1109573件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 新・平家物語

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


あなたの評価: 
60
製作年/国 1955年/日本
配給 大映=大映京都
時間 107
監督

吉川英治の歴史小説『新・平家物語』を映画化した3部作の第1作。平安末期、次第に力をつけてきた武士階級。若き平清盛はそんな中で権力の野望を胸に、勢力を伸ばしていく。長回しを基調としたカメラワークはフランス・ヌーヴェル・ヴァーグの人々に絶賛された。なんといっても市川雷蔵の若武者ぶりが素晴らしい。
あらすじを読む(※内容にネタバレを含む場合があります)


出演

最新ニュース

該当情報がありません

コメントメモ (非公開)

コメントメモは登録されていません。

満足度データ

新・平家物語
100点
1人(9%) 
90点
0人(0%) 
80点
1人(9%) 
70点
2人(18%) 
60点
5人(45%) 
50点
0人(0%) 
40点
1人(9%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
1人(9%) 
採点者数
11人
レビュー者数
6
満足度平均
60
レビュー者満足度平均
58
満足度ランキング
337位
ファン
0人
観たい人
6人

 

『新・平家物語』クチコミレビュー

注目のレビュー:新・平家物語

  • 100点 なんたっておもしろい。 (0)

    2006-09-30  by ekoeko

    溝口健二監督の特集。1955年。 ミゾグチのカラー映画。 ミゾグチがカラーで映画をつくったらどんなだろう、 と思っていたら、 それほどでもなかった、かな? もう少しシャープな色調でくるんじゃないかと想像していたら、 以外に平凡な気がしました。 オヅのようなすごさがないというか。 ま、色調って、フィルムの選択とか、 いろいろな条件があるんでしょうが、 そのあたりの技術的なことは何も知らないの ......  続きを読む

    3人がこのレビューに共感したと評価しています。

  • 70点 武士の時代の夜明け前 (0)

    2010-07-13  by 出木杉のびた

    溝口作品を観たのは、『雨月物語』と『山椒大夫』だけなのだが、僕が想像する溝口健二の作風とは、異なるように思えた。上記二作品ほどの衝撃は、この映画からは感じられなかったのだ。 冒頭のクレーンを使った撮影は、なかなか見応えはあった。賑わっている町での大群衆を映し出すカメラは、宮川一夫によるものだ。 揉め事の最中の人々のやりとりから、今京都で起こっている出来ごとを話しているのは、かわら版屋か ......  続きを読む

    2人がこのレビューに共感したと評価しています。

皆様からの投稿をお待ちしております!

『新・平家物語』掲示板

『新・平家物語』についての質問、ネタバレを含む内容はこちらにお願いします。

掲示板への投稿がありません。投稿お待ちしております。


掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright © 2017 PIA Corporation. All Rights Reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

関連ニュース

 

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

新・平家物語 [DVD]

  • 定価:3024円(税込)
  • 価格:1854円(税込)
  • OFF:1170円(38%)

 


池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
激戦の中たったひとりで75人の命を救った男の真実のドラマ『ハクソー・リッジ』特集
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
凶悪爆弾テロ、解決までの102時間『パトリオット・デイ』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。しかと見届けよ! H・ジャックマン演じる最後のウルヴァリン! これまでと一味違うアメコミ映画『LOGAN…』ほか『ハクソー・リッジ』『セールスマン』など続々更新中!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝