ただいまの掲載件数は タイトル55529件 口コミ 1101392件 劇場 578件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > CODE46

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


あなたの評価: 
66点
66
ジャンル ラブ・ストーリー
気分 しみじみと感動できます
原題 CODE46
製作年/国 2003年/英
配給 ギャガ
時間 93
公開日
監督
PG12

『イン・ディス・ワールド』でベルリン映画祭の金熊賞に輝いたマイケル・ウィンターボトム監督が、SFラブ・ストーリーに挑戦! 上海やアラビア半島など現実の景色を巧みに取り入れ、摩訶不思議なSF世界を創り出した。また、現代の世界情勢を裏テーマに盛り込むなど、多層的な魅力を放つ野心作だ。
あらすじを読む(※内容にネタバレを含む場合があります)


出演

最新ニュース

該当情報がありません

フォトギャラリー:CODE46




※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

コメントメモ (非公開)

コメントメモは登録されていません。

満足度データ

CODE46
100点
4人(6%) 
90点
6人(9%) 
80点
13人(21%) 
70点
6人(9%) 
60点
17人(27%) 
50点
6人(9%) 
40点
5人(8%) 
30点
3人(4%) 
20点
0人(0%) 
10点
1人(1%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
61人
レビュー者数
30
満足度平均
66
レビュー者満足度平均
67
ファン
9人
観たい人
12人

 

『CODE46』クチコミレビュー

注目のレビュー:CODE46

  • 80点 美しい映像が印象に残ります。 (1)

    2004-10-05  by ekoeko

    まず第一に感じたことは、映像がよかったこと。 それだけで、十分に見ごたえがありました。 オープニングから気にいってしまいました。 印象はまったくちがうんですが、 『ロスト・イン・トランスレーション』を思い起こさせられました。 あっちは“視線の感受性のよさ”を、 こっちは“美的な感性のよさ”を感じさせられた、というところでしょうか。 欠点は、ラブ・ストーリーとしての説得力が弱いこと。 前半に比べ ......  続きを読む

    1人がこのレビューに共感したと評価しています。

皆様からの投稿をお待ちしております!

『CODE46』掲示板

『CODE46』についての質問、ネタバレを含む内容はこちらにお願いします。
  見出し 投稿者 投稿日
  自分の分身を求めること(0) ドラカン 2005-06-01
  感想(0) YK 2005-03-05
  可能性という未来と、記憶という過去(0) どら☆ 2004-10-27

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright © 2017 PIA Corporation. All Rights Reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • truetree
  • りょ
  • moki
  • Maya21
  • film_buff
  • トシユキカ
  • kiakia-
  • bb2013
  • hironow

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

CODE46 スペシャル・エディション [DVD]

  • 定価:2571円(税込)
  • 価格:2249円(税込)
  • OFF:322円(12%)

CODE46 スペシャル・エディション [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:2091円(税込)
  • OFF:2013円(49%)

 


3月公開の大作・期待作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic” 今月は『ムーンライト』『ひるね姫…』『モアナ…』『3月のライオン』『SING/シング』他全10作品
青山シアター&PFFアワード2017特集
ぴあ Movie Special 2017 Spring ぴあ映画特別号 春号登場! 春の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
あのベストセラーが映画化『しゃぼん玉』3月4日(土)公開
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

シャマラン初のドラマに続編登場! 『ウェイワード・パインズ 出口のない街』シーズン2 DVDコレクターズBOX 発売中
「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝