ただいまの掲載件数は タイトル61180件 口コミ 1165505件 劇場 589件

この作品へのトラックバック一覧

この作品へのトラックバック一覧です。

「スマホを落としただけなのに」見てきました(Elwood覚書(ブログ版))
 振り返れば10月、一回も映画に行ってなかった…。という訳で、超多忙なんですが今月でどれだけ取り返せるかって事でこの映画。端的に言って期待が大きすぎ多分、ガッカリって所が多く採点としてはかなり辛口に。  主人公である稲葉麻美の恋人、富田誠がタクシーにス…(2018/11/12 00:58)
『スマホを落としただけなのに』美人だっただけなのに(映画@見取り八段)
…2018年・日本 原作は志駕晃の同名小説。『リング』の中田秀夫監督によるホラー寄りミステリー……監督: 中田秀夫 キャスト: 北川景子、千葉雄大、…(2018/11/08 04:21)
『スマホを落としただけなのに』109シネマズ木場1(ふじき78の死屍累々映画日記・第二章)
▲画像は後から。 五つ星評価で【★★★そんなにつまらなくはないけど雑い】 スマホも持ってないくせに偉そうにこんな映画見に行ってごめんなさい。 つーか、これ、北川景子が携帯電話を保持してなかったら異様に何も起きずに、日々是好日という話かしら? 今の時代...(2018/11/07 08:44)
全3件を表示

トラックバックについて

ぴあ映画生活ではBLOG(ブログ)からの各映画作品へのトラックバックを受け付けています。ぜひBLOGで映画のコメントをする際に、ぴあ映画生活へトラックバックしてください。ぴあ映画生活の各作品ページから相互リンクします。

トラックバックはお知らせメールでも通知されます。

この作品のお知らせメール登録者数は14人です。

トラックバック方法

  1. 自分のBLOGの登録フォームにこの作品への感想やコメントを書き込んでください。
    ※ぴあ映画生活のユーザーは基本的に未見で作品ページを観ております。したがってネタばれする場合は、最初に必ずその旨記載してください。
    ※一つのエントリーで複数の作品へのトラックバックも可能です。
  2. ぴあ映画生活の各作品ページへのリンクをしてください。
    リンクURL:http://cinema.pia.co.jp/title/176186/
    リンクは以下のコピーでもご利用できます。
  3. 以下のトラックバック用URLをコピーしてください。
  4. ブログ登録画面の「トラックバック先のURL」に、トラックバック用URLを貼り付けて(ペーストして)から、エントリーを登録(投稿)してください。
    ※エントリーに作品への言及がない場合などは、トラックバックを削除することがあります。

以上で、ぴあ映画生活から相互リンクが貼られます。

トラックバック|映画情報のぴあ映画生活


Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

お台場 

他の地域

この映画のファン

  • 佳辰
  • shuzy
  • hiryuden24
  • はむ.
  • クリス・トフォルー

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

満足度データ

スマホを落としただけなのに
100点
1人(2%) 
90点
3人(6%) 
80点
16人(36%) 
70点
14人(31%) 
60点
4人(9%) 
50点
5人(11%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
1人(2%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
44人
レビュー者数
21
満足度平均
71
レビュー者満足度平均
72
満足度ランキング
122位
ファン
5人
観たい人
40人

 

日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など! 映画論評・批評の新コーナー“critic”