ただいまの掲載件数は タイトル64980件 口コミ 1178557件 劇場 589件

この作品へのトラックバック一覧

この作品へのトラックバック一覧です。

映画『マイ・バック・ページ』★人間として男として止められなかった涙は…(**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
映画レビューしました。(ネタバレ表示です) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id338494/rid94/p1/s0/c1/ 公式サイトです、 http://mbp-movie.com/ 作品について http://ci...(2012/10/29 16:24)
映画「マイ・バック・ページ」DVD鑑賞()
革命を目指した学生運動家松山ケンイチと巻き込まれた新米ジャーナリスト妻夫木聡の青春映画であり事件史物。 革命を夢想する青年が組織を立ち上げ事件を起こす過程を、同時代を生きる新米ジャーナリストの...(2012/02/12 16:23)
『うさぎドロップ』『マイ・バック・ページ』を三軒茶屋シネマで観て、もふもふバ...(ふじき78の死屍累々映画日記)
三軒茶屋の戦前からありそうな映画館でマツケン2本立て。 マツケンはどっちも主役の筈なのに食われまくり。 椅子が昭和映画館椅子で硬くって尻泣きまくり。 そうだそうだ。昔は ...(2011/12/24 09:01)
【マイ・バック・ページ】暴力で世界は変えられない(映画@見取り八段)
マイ・バック・ページ 監督: 山下敦弘    出演: 妻夫木聡、松山ケンイチ、忽那汐里、石橋杏奈、中村蒼、韓英恵、長塚圭史、山内圭哉、古館寛治、あがた森魚、三浦友和 公開: 2011年5月  ...(2011/12/05 04:39)
(no title)(prisoner's BLOG)
原作は十年以上前に読んだ。大きく映画と違うのはもっぱら一人称で描かれているため接触する自称活動家がただの口先男なのか、それとも本物の活動家なのかなかなか判断できず、そのため物的証拠を要求して、血のついた腕章を預かったことがあとで結果として警察によって証...(2011/06/20 05:43)
マイ・バック・ページ #33(レザボアCATs)
11(2011/06/17 15:33)
マイ・バック・ページ #33(レザボアCATs)
11(2011/06/17 15:33)
(no title)(元・副会長のCinema Days)
 楽しめた。何より、学生運動が最後の盛り上がりを見せた1970年前後の世相を一刀両断に切り捨てているのが痛快だ。もしも本作を団塊世代の演出家がメガホンを取って作ったとしたら、甘ったるいノスタルジアと身も蓋もないエクスキューズで溢れ返っていたところだろ...(2011/06/17 06:28)
映画『マイ・バック・ページ』(twrite!!!)
映画『マイ・バック・ページ』(2011年 日本 監督:山下敦弘 主演:妻夫木聡、松山ケンイチ)の感想、レビュー。 全共闘運動が最高潮に達しそして敗北する、そんな空気に触発され ...(2011/06/16 00:59)
マイ・バック・ページ(日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て....)
(2011/06/14 06:08)
[Review] マイ・バック・ページ(Diary of Cyber)
昨今の時代劇を観て、脚本家などによる大胆な構想や当時の時代背景の描き方に、ネット上では一部良い意見もあるものの、多くの場合で悪い意見が見受けられます。「その時代に即した演出をしていない」とか、「あまりにも現代寄りの演出」とか、「史実ではあり得ない」とか...(2011/06/11 18:24)
『マイ・バック・ページ』 若者に足りないものは?(映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  誰が云ったか知らないが、よく持ち出される言葉にこんなものがある。[*]  「20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない。20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない...(2011/06/06 23:43)
映画「マイ・バック・ページ」そんな時代もあったねと(soramove)
「マイ・バック・ページ」★★★☆ 妻夫木聡 、松山ケンイチ、 忽那汐里、石橋杏奈、中村蒼、韓英恵出演 山下敦弘監督、 141分 、2011年5月28日日公開2010,日本,アスミック・エース (原作:原題:マイ・バック・ページ - ある60年代の物語)           ...(2011/06/03 19:10)
マイ・バック・ページ ▲(どんくらの映画わくわくどきどき)
この映画についての前提知識はあまりなく、学生運動の頃の活動家と記者との話程度の認識で見に行った。 沢田の先輩記者が「あれはニセモノ」と言った時も先輩記者の勘違いだと思った。あれ?と感じたのは学内...(2011/06/01 03:29)
★★★★★ 『マイ・バック・ページ』(映画の感想文日記)
2011(2011/05/28 20:02)
レビュー:マイ・バック・ページ(INTRO)
『運命のひとひねり』 / 冒頭、画面にはまだアスミック・エースやWOWOWのロゴしか出ていないうちから、1分1秒を惜しむかのように、1969年1月の東大安田講堂攻防戦を伝えるナレーションがあわただしく流れ始める。山下敦弘監督の約4年ぶりの長篇『マイ・バック・ページ』...(2011/05/28 13:37)
「マイ・バック・ページ」 知らない時代だけど、若者の野心はいつも同じ・・・。(ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!!)
今日は、「マイ・バック・ページ」の試写会に行ってきました。シネマカフェさん開催の試写で、山下監督と長塚圭史さんと山内圭哉さんがいらして、トークショーがありました。 3人とも、随分交流があるようで、話が弾みましたよ。長塚さんって、とても背か高くてカッコイ...(2011/05/18 01:22)
山下敦弘監督インタビュー:映画『マイ・バック・ページ』について【1/2】(INTRO)
『リンダ リンダ リンダ』『天然コケッコー』などで絶大な人気を得ている山下敦弘監督に、約4年ぶりとなるの最新作に関するお話をうかがった。(page1) 2011年5月28日(土)より、新宿ピカデリー、丸の内TOEI他全国ロードショー(2011/05/10 17:48)
マイ・バック・ページ(シネマDVD・映画情報館)
マイ・バック・ページ 1971 年。若きジャーナリストと活動家。二つの運命は交錯し、事件は起きた……。1969年。理想に燃えながら新聞社で週刊誌編集記者として働く沢田。彼は激動する“今”と葛藤しながら、日々活動家たちを追いかけていた。それ...(2011/03/18 23:58)
「シネセゾン渋谷クロージング上映1985-2011」トークショー付き『リンダ リンダ リ...(|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
2/27に26年間の歴史に幕を閉じることになったシネセゾン渋谷。閉館前の企画として行われている「シネセゾン渋谷 クロージング上映 1985-2011」から、ペ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇、 ...(2011/02/25 20:55)
20件中、1 - 20位表示

トラックバックについて

ぴあ映画生活ではBLOG(ブログ)からの各映画作品へのトラックバックを受け付けています。ぜひBLOGで映画のコメントをする際に、ぴあ映画生活へトラックバックしてください。ぴあ映画生活の各作品ページから相互リンクします。

トラックバックはお知らせメールでも通知されます。

この作品のお知らせメール登録者数は25人です。

トラックバック方法

  1. 自分のBLOGの登録フォームにこの作品への感想やコメントを書き込んでください。
    ※ぴあ映画生活のユーザーは基本的に未見で作品ページを観ております。したがってネタばれする場合は、最初に必ずその旨記載してください。
    ※一つのエントリーで複数の作品へのトラックバックも可能です。
  2. ぴあ映画生活の各作品ページへのリンクをしてください。
    リンクURL:http://cinema.pia.co.jp/title/154372/
    リンクは以下のコピーでもご利用できます。
  3. 以下のトラックバック用URLをコピーしてください。
  4. ブログ登録画面の「トラックバック先のURL」に、トラックバック用URLを貼り付けて(ペーストして)から、エントリーを登録(投稿)してください。
    ※エントリーに作品への言及がない場合などは、トラックバックを削除することがあります。

以上で、ぴあ映画生活から相互リンクが貼られます。

トラックバック|映画情報のぴあ映画生活


Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • sunadokei
  • 姫桃
  • 出木杉のびた
  • uepura818
  • werty19821112
  • 玉川上水の亀
  • さま
  • のんべののん太
  • ツィトローネ
  • ゆいんぐ
  • mu mu
  • yabesaya

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

マイ・バック・ページ [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:1231円(税込)
  • OFF:2873円(70%)

マイ・バック・ページ [Blu-ray]

  • 定価:5184円(税込)
  • 価格:2099円(税込)
  • OFF:3085円(59%)

マイ・バック・ページ (初回限定生産) [DVD]

  • 定価:6480円(税込)
  • 価格:1950円(税込)
  • OFF:4530円(69%)

 

満足度データ

マイ・バック・ページ
100点
6人(4%) 
90点
11人(7%) 
80点
29人(19%) 
70点
42人(28%) 
60点
26人(17%) 
50点
16人(10%) 
40点
11人(7%) 
30点
3人(2%) 
20点
0人(0%) 
10点
3人(2%) 
0点
1人(0%) 
採点者数
148人
レビュー者数
43
満足度平均
66
レビュー者満足度平均
65
ファン
13人
観たい人
137人

 

進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ