ただいまの掲載件数は タイトル56577件 口コミ 1115738件 劇場 584件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 白ゆき姫殺人事件 > 『白ゆき姫殺人事件』徹底解剖! 【容疑者】城野美姫は魔女か? 天使か?@ぴあ映画生活特集

白雪姫殺人事件

徹底解剖

3月29日(土)全国ロードショー

  • 【容疑者】城野美姫は魔女か? 天使か?
  • Interview『白ゆき姫殺人事件』井上真央×中村義洋監督
  • Interview『白ゆき姫殺人事件』綾野剛
  • ツイッターユーザー限定!試写会レポート

【容疑者】 城野美姫は魔女か? 天使か?

湊かなえの同名ベストセラー小説を井上真央の主演で映画化した傑作サスペンスが登場!美人OL殺人事件の容疑者として浮上したひとりの女。彼女は果たしてクロか? シロか?ー

変わり果てた姿で発見された美人OLの死体
疑惑の目を向けられたその女は犯人なのか?

国定公園・しぐれ谷で誰もが認める美人OL三木典子(菜々緒)が惨殺された。だが、発見された死体は全身をめった刺しにされ、後から火をつけられて変わり果てた姿に。やがて、この不可解な殺人事件をめぐり、ひとりの女に疑惑の目が向けられる。彼女の名は城野美姫(井上真央)。同期入社の被害者と対照的に、地味で特徴のないOLだ。テレビ局のディレクター・赤星雄治(綾野剛)は、取材を重ねるうちに彼女が犯人ではないか? という考えを確信に変えていく…。『告白』『北のカナリアたち』などのベストセラー作家・湊かなえの同名ベストセラー小説を、『アヒルと鴨のコインロッカー』などの中村義洋監督が映画化。原作では文字で構成された関係者の証言を視覚化し、Twitterの投稿画面や報道映像などと交錯させながら、真実に迫っていく。果たして、城野美姫は残忍な殺人鬼なのか? それとも…?

城野美姫

惨殺された日の出化粧品の美人OL 三木典子

社内でも評判の美人OL。容姿だけでなく心も綺麗で、色白だったことから「白雪姫」と囁かれることも。同性の後輩にも人気があった。実家暮らしで、係長の篠山聡史と付き合っているのでは? という噂もあったが、本当のところは分からない。死体発見前夜は、会社近くの居酒屋で開かれた女性社員の送別会に参加。だが、「熱っぽいから」と言って二次会には行かず、先に帰宅したのだが…。

真相を追う映像ディレクター 赤星雄治

テレビ局でワイドショーを制作しているディレクターの赤星雄治は、被害者・三木典子と同じ会社に勤める元カノ・狩野里沙子(蓮佛美沙子)から「犯人は城野美姫さんだと思う」という電話をもらったことから事件に興味を抱く。そして美姫の同僚、同級生、家族、故郷の人々といった関係者の証言を重ねるうちに、彼は不可解な行動をとり、現在は行方不明になっていて連絡がとれない城野が犯人だ! という確信に至る。だが、事件や美姫に関することをTwitterでつぶやいた赤星の浅はかな行動が匿名の人々の噂を呼び、ネットは炎上。報道が加熱する中、口コミの恐怖が凄まじい勢いで拡散していく。

赤星雄治

証言者1 狩野里沙子

三木典子の後輩&仕事のパートナー

「城野美姫さん、篠山係長と付き合ってたらしいんだけど、典子さんに取られちゃったみたいなの。普段はそういう感情を見せない人だけど、抑えていたものが爆発しちゃったんだと思う、あの事件の夜。会社に来る業者の人が、城野さんの車に乗り込む典子さんを見たって言うし、その後、城野さんが駅に駆け込むところを会社の人が目撃してるの。それ以来、城野さんは会社をずっと休んでる。連絡も全然取れないし、行方がわからないのよ」。

狩野里沙子

証言者2 満島栄美

城野美姫の後輩&仕事のパートナー

「城野さんって特徴がないんですよね。特徴がないのが特徴というか。犯人です、間違いありません。城野さん、壊れちゃったんです。普通、恋人を取られたくらいでめった刺しにして火をつけますか? 典子さんのボールペンが盗まれた時も城野さんはニヤリって。それが事件前日。典子さんを車に乗せるためにボールペンを盗んだんですよ。で、そのボールペンを盗むために、それまで別のものを盗み続けた。綿密に練られた計画殺人なんです」。

満島栄美

証言者3 篠山聡史

日の出化粧品の係長

「うちの女子社員の言うこと、あまり信用しない方がいいぞ。噂話と妄想がいつの間にか本当の話になってんだからよ。城野と? 付き合ってねーよ。去年の秋、白ゆき石鹸が大ヒットして、寝る間もないほど忙しくなってさ。会社に泊まり込むこともしょっちゅうだったんだ。それでちょっと立ちくらみがしたら、城野が『明日お弁当でも作ってきましょうか』って。確かに弁当はもらったよ。でも、付き合ってた覚えはない。いい迷惑だよ」。

篠山聡史

証言者4 前谷みのり

城野美姫の大学時代の同級生

「大学時代、奥手だった城野さんに付いたあだ名は天然記念物の天ちゃん。心優しい天ちゃんがあんな事件を起こすなんて考えられない。ニュースは間違いだらけです。特に大ウソをついているのは篠山さん。私、彼に好意を抱いていた天ちゃんに『胃袋をつかんでみたら? まずは3日間』ってアドバイスして。その後、付き合っていると報告がありました。もし何かの間違いで人を殺めたのなら、罪の意識に耐えかねて自殺してしまうかもしれません」。

前谷みのり

証言者5 谷村夕子

城野美姫の故郷の親友

「呪いの話はホント。人形を切って針で刺して、それに火をつけて。提案したのはアンだ。城野美姫のことだよ。あの呪いの儀式は俺のためなんだ。俺は子どもの頃、この町一の美人と呼ばれてたんだ。でもあかねが、『ダメだよ、夕子ちゃんをタコちゃんと間違えちゃ』って言ってから、みんな俺をタコ呼ばわり。でも、アンだけは俺がいじめられた夜、ろうそくを使って私は味方だよって語りかけてきた。けど、呪いの儀式以来、一度も会ってないよ」。

谷村夕子

証言者6 江藤慎吾

城野美姫の中学時代の同級生

「呪いの力じゃありません。自転車のブレーキが外されてたんですよ。外したのは城野だと思います。被害者の方は全身10数か所も刺されてたんですっけ? で、燃やされて。きっかけは俺が作っちゃったのかな」。

江藤慎吾

Design:cosmicengine

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録

 




 

この映画のファン

  • goa
  • ぞね
  • Kashiy11Photo
  • kayorinrin
  • cinerama
  • リュウ、
  • TAL
  • donald_Saki
  • のんべののん太
  • inmyplace
  • れたすうう
  • しろくろまん
  • おでっさ
  • suicide777
  • momomars

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません