ただいまの掲載件数は タイトル62917件 口コミ 1167663件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 最強のふたり > 編集部も惚れた! 徹底分析! 『最強のふたり』特集@ぴあ映画生活特集

最強のふたり

徹底分析!

笑いと涙が溢れてとまらない。世界中を席巻した“幸せな衝撃”に絶賛!出会うはずのなかったふたりに起こった、最高の奇跡とはー?

編集部も惚れた!

さぁ、人生に繰り出そう。

9月1日(土)よりTOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、新宿武蔵野館 全国順次公開

  • 徹底分析!いったい何が“最強”な理由?
  • このふたりに、みんなが“惚れた”?リアルな声をPick Up!

徹底分析!いったい何が“最強”な理由?

実話を基にした秀逸なストーリー、俳優の確かな演技に注目したい本作。本作のいったい何が“最強”なのか、見どころを徹底分析!

分析1 ハードなストーリー、なのに笑いと元気をくれる!

事故で全身麻痺となり、車イス生活をおくる富豪の実話がベース――。どうしても、ハードになりがちなテーマだが、本作は、“全身不随”“失業”といった主人公ふたりが抱えるハンディキャップをユーモアの力で爽快な後味に転化している点が見どころだ。富豪フィリップ(フランソワ・クリュゼ)と、スラム出身の介護士の黒人青年ドリス(オマール・シー)のユーモアの掛け合いは絶妙! 大いに笑えるだけでなく、他人事ではない生身の人間ドラマに感動することで、知らぬうちにパワーをくれる。本作はそんな映画と言えるだろう。

分析2 フランスで人気沸騰のコメディアン! オマール・シーに注目

フランスでのヒットで、一躍“時の人”となったドリス役のオマール・シー! コメディアンとしても活躍している彼は、フランスで半年ごとに行なわれる好感度ランキングで、圏外からいきなり3位になり、ハリウッドへの進出も噂されているという。本作の撮影前には、10キロ減量して、筋肉を鍛え、撮影初日には頭髪を剃ってパーカー、革ジャン姿で現れるなど、完璧な役作りへの姿勢も注目されたシー。本作でアカデミー賞主演男優のジャン・デュジャルダン(『アーティスト』)を押さえて、セザール最優秀男優賞を受賞したシーの演技は要チェックだ!

分析3 フランスで史上第2位の興行記録を樹立!

本作は、本国で1921万人の観客を動員し、フランス映画としては史上第2位(1位は『シュティの地へようこそ』<日本未公開>)の記録を樹立。口コミ&リピーター効果により、初日27万人から1週間で200万人動員と大きくのび、1か月で1000万人の大台を突破! 年間のフランス映画No.1の座を確定した。さらに、年末には『タイタニック』と並ぶタイ記録を打ちたてたほか、10週連続1位の記録を達成しており、各国でも映画史を塗り替える興行記録をたたき出している。

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録

 




 

この映画のファン

  • エン蔵
  • rakiko
  • 聡史
  • チャイコフスキー
  • 中村潤之介
  • kokoloko
  • 冨藩楠
  • kazukou
  • bonなお
  • hirokei
  • y_touch_04
  • tundrop
  • Marienewyork
  • marvel
  • 末っ子

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません