ただいまの掲載件数は タイトル55502件 口コミ 1100730件 劇場 578件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > インビクタス/負けざる者たち > ぴあ映画生活presents『インビクタス/負けざる者ものたち』特集@ぴあ映画生活特集

―― 今回、映画『インビクタス/負けざる者たち』をご覧になった感想はいかがでしょうか?

本当に素晴らしかったです! ワンシーンごとに引き込まれてしまいました。セリフの1つ1つが心に染みて、これほど心揺さぶられることがあるものかと――。人生を生きる上で大切なことをくれる映画に、今わたしが生きているなかで出会えたことが本当によかったと思いましたね。

―― 監督は名匠クリント・イーストウッドです。演出などで印象に残ったことはありますか?

本当にすごい監督さんだなと思いました。実話ならではのパワーもあると思いますが、ストーリーが淡々と進んでいるように見えて、でも、人間の心の動きなども丁寧に描写されていて感動的しました。よく映画館に映画を観に行くのですが、今日は本当に観てよかったと思いました。

―― 普段はどんなジャンルの映画をご覧になっているのですか?

ジャンルを問わずよく観に行くのですが、この映画のような、ドキュメンタリーっぽい映画を観る機会はそれほど多くはなかったので、これを機にもっと実話がベースの映画もたくさん観てみたいと思いました。この映画の中で"自分は自分の運命の指揮官、支配者である"とか、"自分の運命は自分で変えていける"など、いくつも印象に残る言葉がありましたが、私もそのとおりだと思いましたし、とても勇気をもらえる言葉に聞こえました。それと何より、"人を赦す"気持ちですね。心にグッときました。

―― ところで、劇中でラグビー・ワールドカップのテーマ曲「ワールド・イン・ユニオン」が流れていました。原曲が平原さんの「Jupiter」と同じですが、お聞きになっていかがでしたか?

すごかった!(笑)。この映画のバージョンのホルストの「木星」も、ぜひ歌詞を覚えたいと思いましたね。もちろん、わたしの「Jupiter」も歌い続けていきたいですが、ぜひラグビーファンのかたや、ラグビー選手の皆さんの前で、この映画のバージョンの歌詞で歌いたいと思いました。

―― 「Jupiter」はご自身にとってのデビュー曲ということもあって、思い入れは強いですか?

そうですね。デビュー曲という理由もありますが、ホルストの「木星」は自分で歌いたいと思っていた曲なので思い入れはあります。でも、こうしてほかのバージョンを聴くことも大好きで、こんなアプローチもあるとか、歌詞を伝える心の部分でもっと今まで以上に工夫をしたいとか、観ながら改めて思いました。「Jupiter」は歌詞にもありますが、自分を信じることから始まるというテーマがあって、まさに今日の映画も、自分を信じて感謝しながら生きていく、運命に自分の勝利も敗北も任せていくけれどもあきらめないという、そういう精神が流れていました。実は「Jupiter」もそういうことを歌っているので、とてもラグビーと縁があるなあと思いましたね。

―― ラグビーはお詳しいほうですか?

いえ(苦笑)。でも2年ほど前に、森(喜朗)先生と一緒に試合を観戦する機会がありまして、横で試合のルールなどを説明していただきながら見たのが初めてのラグビー体験で楽しかったです。いとこのお兄ちゃんがラグビーをやっていたりもして、この映画を観てだんだんと面白さがわかってきた感じがします。映画を観ながら手に汗握る感じでドキドキしていましたし、ラグビーはとにかく勇ましいので、圧倒されるところが魅力的ですね。試合に出ると痛そうなので、男性に生まれ変わってもやらないかもしれませんが(笑)、一番男らしいスポーツだと思います。

―― この映画はラグビーというスポーツの力で国や人心を1つにまとめようとするテーマが感動を呼びます。その意味で歌の力にも同じようなところがあると思いますが、いかがですか?

そうですね。映画の中でネルソン・マンデラ大統領が、スポーツは世界を変える力があると言われていましたよね。この映画は、そういう真実があるということを知るきっかけになりました。音楽にもその力があると信じて、これからも歌い続けていきたいです。

 

作品情報&全国上映スケジュールはこちら!

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright c 2010 PIA Corporation. All Rights Reserved.

profile

平原綾香(ひらはらあやか)

1984年5月9日生。東京都出身。祖父・平原勉(ホットペッパーズ)は日本ジャズ界の草分けトランペッター、父・平原まことは現役マルチリード奏者という音楽一家で育ち、大学在学中の2003年、イギリスの作曲家グスターヴ・ホルストの組曲「惑星」の第4曲「木星」に独自の日本語歌詞を乗せた「Jupiter」でデビュー。2004年度の日本レコード大賞新人賞をはじめ、数々の賞を受賞する。以降、「明日」「誓い」「今、風の中で」などヒット曲を続々とリリース。2008年にはフジテレビ開局50周年記念ドラマ「風のガーデン」の主題歌「ノクターン」を歌い、同ドラマに氷室茜役で女優としても出演した。また、2月27日(土)より全国公開される映画『超劇場版ケロロ軍曹 誕生!究極ケロロ 奇跡の時空島(じくうじま)であります!!』の主題歌「ケロパック」を歌う。同曲は、2月24日(水)にニューシングルとしてリリースされる予定。

MOVIE

『インビクタス/負けざる者たち』(上映中)

『チェンジリング』『グラン・トリノ』と立て続けに監督作を発表し続けるクリント・イーストウッド監督の最新作。今回は、ラグビーによって国をひとつにまとめあげた南アフリカを舞台にした実話を映画化。物語の主人公、ネルソン・マンデラ元大統領を演じたモーガン・フリーマンと、チームをまとめ上げた白人キャプテンを演じたマット・デイモンが、ともにアカデミー賞にノミネートされている。

→上映情報&クチコミはコチラ!

RUGBY

『Jupiter』と『ワールド・イン・ユニオン』

平原さんのデビュー曲『Jupiter』(2003年)は、イギリスの作曲家グスターヴ・ホルストの管弦楽曲『木星』の中間部のメロディをモチーフにしたもの。新潟県中越地震の際、被災者を勇気づける応援歌としてクチコミで広がり、その後シングルは100万枚以上、着うた等のダウンロード数は160万件以上を記録するなどロングセラーとなっている。ラグビーワールドカップのテーマ曲『ワールド・イン・ユニオン』も同じく「惑星」をモチーフにしており、毎回、曲調を大会ごとにアレンジして披露されている。

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録

 




 

この映画のファン

  • kitty kitty kitten
  • yukieko
  • ROUGHLAUGH
  • minato
  • てるてる13
  • lefty_a_cinema
  • モミジ
  • kaneko57
  • キッチン
  • 粉雪
  • あさふらちゃん
  • トマト野郎
  • himiko
  • EGライダー
  • HALU

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません