ただいまの掲載件数は タイトル57053件 口コミ 1121395件 劇場 592件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > インターステラー > クリストファー・ノーラン監督の感動巨編『インターステラー』がベールを脱ぐ!@ぴあ映画生活特集

クリストファー・ノーラン監督最新作が登場!
感動巨編『インターステラー』が
ついにベールを脱ぐ!

『インターステラー』11月22日(土)公開

クリストファー・ノーラン待望の最新作は
スピルバーグも興味を示した壮大な感動巨編


世界中が大注目する監督のひとりクリストファー・ノーラン。そんな彼の最新作『インターステラー』が11月22日に公開する。その物語は、やはり世界中が大注目する監督スティーブン・スピルバーグもヤル気満々だった壮大な感動のエンターテイメント大作だ。ハラハラドキドキの宇宙を舞台に繰り広げるSFアドベンチャーであり、胸熱くする人間ドラマであり、感動的な父娘の絆を描くもの。しかもそれは、世界のトップ監督ふたりを魅了したことからもわかるように、すこぶる面白く、心に染み渡るほどに深く濃いはずなのだ。この冬を興奮と感動で包み込むこと必至の超話題作『インターステラー』、その魅力に迫る!

予告編やキーマンの証言から予想!
『インターステラー』は父娘のドラマになる!

クリストファー・ノーランが初めて描く
“人類の絆”の物語とは

シーン写真

「遥か銀河の果てへの旅が、人間とは何かを気づかせてくれる」。
これは、哲学的かつ心理学的な映画を作り続けるクリストファー・ノーランが『インターステラー』について語った言葉。さらに彼は「主人公の家族の物語であり、人類が体験する、これまでにない壮大なアドベンチャー」とも。誰も観たことのないアドベンチャーを描いたエンタテインメントであり、人間が人間たるゆえんを探る哲学的ストーリーであり、父娘の愛を描いた感動作であるということ。ノーランにとっては“父娘の愛”を描くのは初めての挑戦でもある。ということはつまり、王道のエンタテインメントであり哲学ドラマであり感動作!?

普通の監督なら反発し合いそうなこの3要素の“共存”は難しいだろうが、そこはノーラン。おそらく彼だけが“共存”を可能にするだけでなく、より深い意味を持たせることさえできるはずなのだ。それはこれまでの作品、映画史を塗り替えた『ダークナイト』や『インセプション』の大ヒット&高評価が証明している。

オスカー俳優マシュー・マコノヒーが証言!
「『インターステラー』は父娘のドラマ」

シーン写真

ノーランが初めて描く“父娘の愛”を体現してみせるのが、『ダラスバイヤーズ・クラブ』で本年度アカデミー主演男優賞に輝いたばかりのマシュー・マコノヒー。彼が演じる主人公は、食料が底をつき、明日が見えなくなった人類の最後の希望となって、遥か宇宙の果ての新天地を目指す元エンジニアのクーパーだ。

「これほど感動した物語もない」と彼が太鼓判を押すノーランとその弟ジョナサンによるオリジナル脚本には「いつの間にか失われてしまった宇宙への夢と、彼と家族の強い愛と絆が描かれていた」という。早くに妻を亡くしたその男やもめのエンジニアは愛する子供たちを地球に残したまま、人類の未来のため長く危険な旅に立ち向かう。
「ふたりの子供の父親である僕に言わせれば、大切な子供たちをおいて旅立つことなんでできるはずないんだけれど、クリス(・ノーラン)はそこに、僕だけじゃなくすべての人が納得する“理由”を付け加えてくれている。それが素晴らしいんだよ!」。

おそらくノーランは人類愛と父娘の愛、そこに焦点を絞って、私たちの涙腺を刺激するつもりに違いないのだ。愛のダブルパンチで泣けるノーラン映画だなんて、これもまた未体験ゾーンではないか!

ポスタービジュアル&場面写真から探る
『インターステラー』

シーン写真

『インターステラー』は“惑星間旅行”を意味する言葉。太陽系に最も近い恒星への距離は光の速度で4年もかかるというのだから、その長さと遠さがわかるだろう。これまでに発表された『インターステラー』のポスターは、その“長い旅”を感じさせるもの。2番目のポスターは時間を短縮するための実際の物理学的な方法“ワームホール”をイメージ。リアルにこだわるノーランらしい。4番目のマコノヒーと彼の娘が空を見上げるポスターは“父娘の愛”をにじませると同時に、真っ青な空が希望、赤茶けた大地がそのときの地球の苦難を伝えているようにも見え、とても印象的だ。

シーン写真

ノーラン作品に出演するのは、いまやハリウッドのステイタスのひとつ。だからマコノヒーも「声をかけてもらって、こんな誇らしいこともない」と言っているのだ。そんな彼の他には、『ダークナイト ライジング』でキャットウーマンを演じノーラン組のひとりとなったアン・ハサウェイがマコノヒーと一緒に旅をする生物学者のアメリア役。同じくノーラン組からはマイケル・ケインが顔を出している。その他のキャストはジェシカ・チャステインやケイシー・アフレック等、演技に定評ある役者たち。この面子からもドラマの充実が伝わってくる。


オフィシャルキャンペーンバナー&リンク

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録

 




上映情報

有楽町 

 

この映画のファン

  • エージ
  • Jny5
  • 猫ぴょん
  • ☆HIRO☆
  • すのもの
  • 山ぶどう
  • masato1117
  • chiemaru
  • ラッキーココア
  • ziddan
  • 冨藩楠
  • Stella
  • DDDDD
  • 81rock
  • CAMERIA22

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます