ただいまの掲載件数は タイトル56577件 口コミ 1115739件 劇場 584件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 小さいおうち > 『小さいおうち』魅力を分析@ぴあ映画生活特集

山田洋次監督作品 小さいおうち 魅力を分析 2014年1月25日(土)全国ロードショー

Introduction&Story

“家族の絆”を描いてきた山田洋次監督が初めて隠された“家族の秘密”に踏み込む!数々の名作を発表してきた山田洋次監督の最新作は、中島京子の同名の直木賞受賞作を映画化した『小さいおうち』。すべては大学ノートから始まった。それは健史(妻夫木聡)の大伯母で、先日亡くなったタキ(倍賞千恵子)の遺した自叙伝だ。そこには昭和初期、まだ幼いタキ(黒木華)が奉公先の東京郊外の赤い屋根の家で見た女主人・時子(松たか子)をめぐるある“恋愛事件”が綴られていて……。 映画は昭和と平成を行き来しながら、事件の主役である時子の思いがけない運命と、彼女を慕い続けたタキがそのときに封印した“秘密”を解き明かしていく。これまで“家族の絆”を描いてきた山田洋次監督が、初めて“家族の秘密”に迫った大人のラブ・ストーリーなのだ。

山田洋次監督が描く小さいおうちの世界 ここでは『小さいおうち』の山田洋次監督のこだわりと新たな魅力を3つのポイントで紹介。これを読めば、山田洋次監督が目指したことが分かり、映画がさらに面白くなるはずだ。

Point1 巧妙な脚色で、各キャラクターの個性を際立たせる

着物の裾や髪の毛の直し方から、目線や会話、何気ない仕草の細部まで、山田洋次監督のこだわりが徹底された本作。その繊細な描写が事件の主役である女主人・時子を演じた松たか子、彼女を心から慕い、そのすべてを見続けてきた女中のタキに扮した黒木華、現在のタキを演じた倍賞千恵子らのこれまで見せたことのない表情や色香、迫真を生んでいて見逃せない。そして彼女たちのセリフや眼差しのひとつひとつ、その想いとは必ずしも一致しないさりげない行動が、交錯する時間の中で時子やタキのキャラクターを際立たせ、同時に揺れ動く彼女たちの狂おしい心を炙り出す。その切なくミステリアスな物語、そこに生きる生身の女性たちの想いに観る者も胸を締めつけられるのだ。

Point2 人間のささやかな営みを丁寧に見つめる山田監督の真骨頂

映画に映し出されるのは、山田洋次監督が実際に見てきた昭和と平成の風景だ。特に昭和は西洋文化と日本文化が混ざり合った懐かしくて美しい昭和モダンの世界観。赤い三角屋根にステンドグラスがはめ込まれた扉と窓から蓄音機、煙草セット、紅茶カップまで、当時の流行が山田監督の記憶なども総動員して完璧に再現されている。さらに、戦争の影に怯えながらも、市場のセールなどに湧く生命力に溢れた人々の姿も活写。「ストーリーの向こうに、あまり見つめられてこなかった当時の小市民の家庭の暮らし、戦前から敗戦の時代を描きつつ、更にその先に、果たして今の日本がどこへ向かっていくのか、というようなことも見えてくる作品にしたい」という監督の想いが結実している。

Point3 監督作品82本目にして新しい世界に挑戦

山田洋次監督が、50年以上のキャリアを経た82本目の監督作で挑んだ新しい世界とは? それは、これまで一貫して“家族の温かさ”を見つめてきたその目で、人間の心の奥底に分け入り、その隠された裏側まで描き出そうとすること。時子が夫の部下・板倉(吉岡秀隆)に対して自分の想いを初めて露にするシーンの撮影では、抱き合うだけだった台本の設定を、現場で急遽「キスをすることにしましょう」と変更。その初めてのラブ・シーンの演出でも吉岡を相手に試行錯誤を繰り返しながら体当たりでぶつかり、本番では「ドキドキしますね」と興奮していたとか。この新しい挑戦が、山田洋次作品にどんな変革をもたらしたのか? 名匠のさらなる進化をスクリーンで目撃して欲しい。

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録

 




 

この映画のファン

  • tamamusubi77
  • クラゲ
  • りす子
  • yoshimi964
  • ウータン麺
  • Blue Rose
  • cherokun
  • HALU
  • tomo55ft
  • クリス・トフォルー
  • けい花花
  • Mikko656
  • ROUGHLAUGH
  • なつみかん。
  • おでっさ

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません