ただいまの掲載件数は タイトル60385件 口コミ 1160446件 劇場 588件

11/19(月)〜11/25(日)公開の映画

  • イット・カムズ・アット・ナイト

    イット・カムズ・アット・ナイト お知らせメール
    『ザ・ギフト』で初長編監督と主演を務めたジョエル・エドガートンが主演を務めた心理スリラー。夜にやってくる“それ”から逃れるため、森の中の一軒家に隠れ住むある一家と、そこに転がり込んできた謎の男の家族による共同生活で起こる恐怖を描く。ジョン・ウォーターズ監督にその手腕を絶賛されたトレイ・エドワード・シュルツが監督を務めた。

     

  • えちてつ物語〜わたし、故郷に帰ってきました。〜

    えちてつ物語〜わたし、故郷に帰ってきました。〜 お知らせメール
    お笑いタレントの横澤夏子が映画初主演を務めたヒューマンドラマ。2度の事故で運行停止となった福井県の京福電鉄が、2003年に“えちぜん鉄道”として復活した実話を基に、さまざまな悩みを抱えたひとりの女性が家族と共に人生の再出発を図る模様を描く。主人公の血のつながらない兄に緒形直人が扮し、笹野高史らのベテランが脇を固める。

     

  • エリック・クラプトン〜12小節の人生〜 85点85点 (6)

    エリック・クラプトン〜12小節の人生〜 お知らせメール
    天才ギタリストとして世界の音楽界に君臨し続けるエリック・クラプトンにスポットを当てた音楽ドキュメンタリー。アカデミー賞作品賞受賞作『ドライビングMissデイジー』をプロデュースしたリリ・フィニー・ザナックが監督を務め、クラプトンの波乱に満ちた人生の軌跡を見つめる。未発表映像をはじめ、私的な日記や手紙などもみどころだ。

     

  • オンネリとアンネリのふゆ

    オンネリとアンネリのふゆ お知らせメール
    フィンランドで国民的人気を誇る児童文学『オンネリとアンネリ』シリーズの映画化第2弾。前作『オンネリとアンネリのおうち』ですてきな家を手に入れた親友同士の少女が、こびとの家族を助けるために大奮闘する姿を描く。前作に引き続き、サーラ・カンテルが監督を務め、アーヴァ・メリカント、リリャ・レフト、エイヤ・アフヴォらが出演する。

     

  • 怪獣娘(黒)〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜

    怪獣娘(黒)〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜 お知らせメール
    円谷プロの特撮作品『ウルトラマン』シリーズに登場する怪獣を美少女キャラクター化するプロジェクト“ウルトラ怪獣擬人化計画”から生まれたアニメーション作品。ある日、突然怪獣娘の力に目覚めてしまった平凡な女子高生の姿を描く。『侵略!?イカ娘』などの山本靖貴が監督を、新田ひより、八木優紀、高橋未奈美、石原夏織らが声優を務める。

     

  • 家族のはなし 90点90点 (5)

    家族のはなし お知らせメール
    お笑い芸人・鉄拳による同名パラパラ漫画を原作に、岡田将生を主演にむかえて実写映画化した感動のヒューマンドラマ。とある挫折をきっかけに、進むべき道を見失った青年が、次第に家族の温かさを再発見し、成長していく姿を描き出す。鉄拳もアートディレクターとして参加しており、本作のために書き下ろしたパラパラ漫画と実写映像がコラボする。

     

  • 《喜劇『おそ松さん』千秋楽ライブビューイング》

    《喜劇『おそ松さん』千秋楽ライブビューイング》 お知らせメール ODS
    京都・京都劇場にて上演される喜劇『おそ松さん』の千秋楽の模様を全国の劇場に生中継する。TVアニメ『おそ松さん』の舞台は、2016年秋に第1弾、2018年春に第2弾が上演され、すべての公演で満員御礼の大ヒットを記録した。今作は、“喜劇”と銘打ち、『おそ松さん』の真髄とも言える笑い・コメディ要素を強めたステージとなっている。

     

  • 恐怖の報酬〈オリジナル完全版〉

    恐怖の報酬〈オリジナル完全版〉 お知らせメール
    『エクソシスト』の巨匠ウィリアム・フリードキンが、アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督の同名作品をリメイクしたサスペンス大作。人生のどん底から這い上がるために危険物質のニトログリセリンをトラックに積み、道なきジャングルを突き進む男たちの壮絶な運命を描く。劇場公開時にカットされた約30分のシーンを復活させた完全版にて上映。

     

  • ギャングース 82点82点 (15)

    ギャングース お知らせメール
    『ビジランテ』『SR サイタマノラッパー』シリーズの入江悠監督が、週刊モーニングで連載された人気漫画を実写映画化。犯罪集団だけを狙って窃盗を繰り返すアウトローの少年たちの生き様を描く。高杉真宙、加藤諒、渡辺大知がトリプル主演を務めるほか、ギタリストのMIYAVI、金子ノブアキ、篠田麻里子ら個性的な俳優たちが出演する。

     

  • 最後の楽園コスタリカ オサ半島の守り人

    最後の楽園コスタリカ オサ半島の守り人 お知らせメール
    コスタリカの生態系を守った人々に迫るドキュメンタリー。地球上で最も自然が溢れる場所と称されたコスタリカ南西に位置するオサ半島。四国と九州を合わせた程度の大きさに、地球上の全動植物種の約5%が生息している。しかし、無計画な乱開発で一時は消滅の危機に。そんなオサ半島の自然を再び復活させた“守り人”たちの姿を映し出していく。

     

  • 山中傅奇〈4Kデジタル修復・完全全長版〉

    山中傅奇〈4Kデジタル修復・完全全長版〉 お知らせメール
    『大酔侠』『残酷ドラゴン 血斗竜門の宿』『侠女』の巨匠キン・フーが1979年に発表した伝奇ファンタジー。宋の時代を背景に、流麗なワイヤーアクションあり、幻想的なロマンスありの怪異譚が展開。このキン・フー美学が遺憾なく発揮された傑作を、2016年ヴェネチア映画祭クラシック部門に出品された4Kデジタル修復完全版で公開する。

     

  • THE COLLECTORS〜さらば青春の新宿JAM〜

    THE COLLECTORS〜さらば青春の新宿JAM〜 お知らせメール
    2016年に結成30周年を迎えたロックバンド、THE COLLECTORSを追った初めてのドキュメンタリー映画。日本におけるアンダーグラウンドの音楽シーンの一翼を担ったライブハウス、新宿JAMの閉店直前、2017年12月24日に同所で開催されたライブを軸に、1980年代から現在に至る東京モッズ・シーンを検証していく。

     

  • 斬、

    斬、 お知らせメール
    『鉄男…』『野火』の塚本晋也が、監督、出演、脚本、撮影、編集、製作を務めた時代劇。開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期を舞台に、時代の波に翻弄されるひとりの浪人と彼に関わる人々を通して、生と死の問題に迫る。話題作への出演が続く池松壮亮が主演を務め、日本アカデミー賞に4度輝いた演技派女優・蒼井優が共演する。

     

  • 《『ザンビ』ライブビューイング》

     

  • souvenir the movie 〜Mariya Takeuchi Theater Live〜

    souvenir the movie 〜Mariya Takeuchi Theater Live〜 お知らせメール
    今年デビュー40周年を迎えるシンガーソングライターの竹内まりやのライブドキュメント。“souvenir”、“souvenir again”、“souvenir2014”と過去3度行った公演からベストシーンを網羅し構成した内容になっている。チケットの入手が困難でファンの間では伝説と化していたライブがついに映像で登場する。

     

  • 台北暮色

    台北暮色 お知らせメール
    台湾映画界の巨匠、ホウ・シャオシェン監督の現場で学んできた女性監督、ホアン・シーのデビュー作。現代の台北に生きる3人の男女の交流を、美しい街並みや、そこに生きる人々を背景に、瑞々しく描き出す。ホウ・シャオシェンが製作総指揮を務め、エドワード・ヤン監督の『カップルズ』に主演したクー・ユールンが主人公のひとりに扮している。

     

  • チェコ・スワン

    チェコ・スワン お知らせメール
    チェコのおばさんダンスチームが、バレエダンスの傑作“白鳥の湖”を踊るまでを追ったドキュメンタリー。チェコ式スローライフを体現する彼女たちが、プロダンサーの下で奮闘する様を映し出す。監督は、東欧映画界の新星アレクサンドラ・テルピンスカ。人生を豊かにしたいと願うすべての人の胸を打つ、少しヘンテコな“スワン・ダンス“に注目だ。

     

  • 《AAA DOME TOUR 2018 COLOR A LIFE ライブ・ビューイング》

    《AAA DOME TOUR 2018 COLOR A LIFE ライブ・ビューイング》 お知らせメール ODS
    2017年に初のドームツアーを成功させ、2018年夏には初のファンミーティングアリーナツアーも開催したAAA。そんな彼らが、福岡ヤフオク!ドームで開催するライブを全国の映画館に生中継。12枚目のオリジナルアルバムとなる『COLOR A LIFE』を引っ提げた彼らのツアー最終日の熱狂のパフォーマンスを映画館で体感できる。

     

  • 《ナショナル・シアター・ライブ2018『ヤング・マルクス』》

    《ナショナル・シアター・ライブ2018『ヤング・マルクス』》 お知らせメール ODS
    リチャード・ビーンとクライヴ・コールマン共著によるコメディ作品『ヤング・マルクス』を、全国各地の映画館にて期間限定で上映。本作は、2017年10月に新たにロンドンにオープンした、ブリッジ・シアターの?落しとして上演されたもの。演出はニコラス・ハイトナーが務め、若かりし頃のカール・マルクスをロリー・キニアが演じている。

     

  • ニート・ニート・ニート 75点75点

    ニート・ニート・ニート お知らせメール
    ジャニーズJr.の安井謙太郎が映画初主演を務める青春ドラマ。三羽省吾の同名小説を基に、奔放でトラブルメーカーな主人公レンチをはじめとするニート男3人とひとりの少女のドタバタ旅行を描く。『仮面ライダーゴースト』などへの出演で注目を集める山本涼介や安井と同じくジャニーズJr.の森田美勇人、新星・灯敦生ら注目の若手が出演する。

     

  • ハード・コア

    ハード・コア お知らせメール
    山下敦弘監督、山田孝之という気心の知れたふたりがタッグを組み、自分たちの愛読書でもあるコミック『ハード・コア 平成地獄ブラザーズ』を映画化。社会に溶け込めない不器用な男たちの人生が、謎のロボットの出現によって一変していく様を、おかしくも切なく描き出す。現代のアウトローたちに扮した山田、佐藤健、荒川良々の演技も見ものだ。

     

  • ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 91点91点 (9)

    ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 お知らせメール
    エディ・レッドメイン主演の『ファンタスティック・ビースト』シリーズの第2弾となるファンタジー大作。パリとロンドンを舞台に、主人公ニュートがダンブルドア先生とタッグを組んで、逃げ出した強大な敵グリンデルバルドを追うさまを描き出す。若かりしダンブルドアを演じるジュード・ロウをはじめ、新たなキャラや魔法動物の登場に注目だ。

     

  • 《舞台『マクガワン・トリロジー』シアタービューイング》

    《舞台『マクガワン・トリロジー』シアタービューイング》 お知らせメール ODS
    2018年夏に話題を呼んだ松坂桃李の主演舞台、『マクガワン・トリロジー』を全国各地の映画館で一斉上映。シェーマス・スキャンロンによるアイルランドを舞台とする悲劇を、演劇界注目の小川絵梨子が演出、浜中文一や趣里、高橋恵子らが出演し作り上げる。表情、所作、そして息づかいまでも映画館の大スクリーンと大音響で楽しむことができる。

     

  • 《『PERSONA5 the Animation』Masquerade Party〜Detective Daylight〜 ライブ・ビューイング》

    《『PERSONA5 the Animation』Masquerade Party〜Detective Daylight〜 ライブ・ビューイング》 お知らせメール ODS
    TVアニメ『ペルソナ5』のスペシャルイベントの昼公演“Detective Daylight”の模様を、東京・八王子オリンパスホールから全国の映画館に生中継。福山潤、宮野真守、水樹奈々ほか豪華メインキャストの9名全員が登壇し、お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気がMCを務めるスペシャルなイベントを、映画館で楽しむことができる。

     

  • 《『PERSONA5 the Animation』Masquerade Party〜Phantom Midnight〜 ライブ・ビューイング》

    《『PERSONA5 the Animation』Masquerade Party〜Phantom Midnight〜 ライブ・ビューイング》 お知らせメール ODS
    TVアニメ『ペルソナ5』のスペシャルイベントの夜公演“Phantom Midnight”の模様を、東京・八王子オリンパスホールから全国の映画館に生中継する。福山潤、宮野真守、水樹奈々ほか豪華メインキャストの9名全員が登壇し、お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気がMCを務めるスペシャルなイベントを、映画館で楽しむことができる。

     

  • ポリス・ストーリー/REBORN

    ポリス・ストーリー/REBORN お知らせメール
    『ポリス・ストーリー/香港国際警察』からはじまる人気シリーズの流れを受け継ぐジャッキー・チェン主演のアクションドラマ。今回はオーストラリアを舞台に、国際捜査官リンが過去の事件がきっかけで危機に陥る様を描く。ジャッキーが世界遺産であるオペラハウスの屋上での危険なスタントに挑戦するなど、全盛期を彷彿とさせる大活躍を披露する。

     

  • 幻を見るひと

    幻を見るひと お知らせメール
    文化功労者で日本藝術院会員の詩人・吉増剛造と、新世代の旗手である詩人・城戸朱理の京都旅を追ったドキュメンタリー。千二百年の歴史を持つ古都・京都は、 豊富な地下水をたたえた町であり、ベネツィアに比すべき水の都でもある。 その京都の水音に耳を澄ます詩人・吉増剛造が旅を通して発見した、東洋における古くて新しい精神を映像化する。

     

  • ムトゥ 踊るマハラジャ〈4K&5.1chデジタルリマスター版〉 (1)

    ムトゥ 踊るマハラジャ〈4K&5.1chデジタルリマスター版〉 お知らせメール
    1998年に渋谷のミニシアターでロングランヒットを記録し、空前のインド映画ブームを巻き起こした記念碑的な作品を、4K&5.1chのデジタルリマスター版で上映。スーパースター、ラジニカーントが、手ぬぐいをヌンチャクのように操る主人公のムトゥを熱演。豪快にして華麗なアクション、ミュージカル、ロマンスがスクリーンによみがえる。

     

  • レディ in ホワイト

    レディ in ホワイト お知らせメール
    『スープ〜生まれ変わりの物語〜』『罪の余白』の大塚祐吉監督による、コメディ仕立てのサクセスストーリー。名古屋を舞台に、お嬢様育ちのちょっと生意気な新人女性社員の成長と奮闘が描かれる。白いスーツに身を包み、保守的な会社に新しい風を吹かせる個性的なヒロインを演じるのは、『罪の余白』で大きな注目を集めた新進女優の吉本実憂。

     


Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”