ただいまの掲載件数は タイトル60646件 口コミ 1162200件 劇場 589件

11/12(月)〜11/18(日)公開の映画

  • アウト&アウト 72点72点 (4)

    アウト&アウト お知らせメール
    『藁の楯』などの作家、木内一裕が、きうちかずひろ名義で久々にメガホンを取り、自身が発表した犯罪小説を映画化。元ヤクザの探偵と小学生の少女という異色バディの絆を軸にしながら、ひとくせもふたくせもある魅力的なアウトローたちが織りなすドラマを痛快に描く。無愛想だが心優しい主人公、矢能を、遠藤憲一が男の色気たっぷりに熱演する。

     

  • A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー 75点75点 (10)

    A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー お知らせメール
    『セインツ -約束の果て-』のデヴィッド・ロウリー監督によるファンタジードラマ。不慮の事故死を遂げ、幽霊となり妻を見守り続ける男の切ない愛が描かれる。この世をさまよい続ける幽霊の夫を演じるのは、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したケイシー・アフレック。その妻役をルーニー・マーラが務めた。

     

  • 《AD-LIVE 10th Anniversary stage 〜とてもスケジュールがあいました〜 ライブ・ビューイング》

    《AD-LIVE 10th Anniversary stage 〜とてもスケジュールがあいました〜 ライブ・ビューイング》 お知らせメール ODS
    声優の鈴村健一が総合プロデューサーを務める、90分間のアドリブ劇“AD-LIVE“の10周年特別公演の模様を、仙台から全国各地、台湾、香港の映画館に生中継する。通常の“AD-LIVE“のキャストは多くても3人だが、本特別公演では蒼井翔太や岩田光央ら5人が参加。ほか1名がストーリーテラー役となり、未知なる物語を展開する。

     

  • 《amazarashi Live『朗読演奏実験空間“新言語秩序“』 LIVE VIEWING》

    《amazarashi Live『朗読演奏実験空間“新言語秩序“』 LIVE VIEWING》 お知らせメール ODS
    青森県在住の秋田ひろむを中心とするバンド・amazarashiのライブ『朗読演奏実験空間“新言語秩序“』の模様を、東京・日本武道館から全国の映画館に生中継する。楽曲に加えて、秋田が朗読する書き下ろしのシナリオや、それに照明、映像が混ざり合う、ライブ会場全体を表現空間と捉えた“朗読演奏実験空間“を映画館で堪能できる。

     

  • アメリカン・ミュージック・ジャーニー

    アメリカン・ミュージック・ジャーニー お知らせメール
    アメリカ音楽のルーツを探るため、ひとりのミュージシャンが全米を旅するドキュメンタリー。シンガーソングライターのアロー・ブラックが、歴史ある多様な音楽スタイルを学ぶため全米各地を巡り、新たな歌ができるまでを描く。監督はグレッグ・マクギリブレイで、ラムゼイ・ルイス、エルヴィス・プレスリーなど名だたるミュージシャンが登場する。

     

  • いつだってやめられる 闘う名誉教授たち 60点60点 (1)

    いつだってやめられる 闘う名誉教授たち お知らせメール
    落ちこぼれインテリ教授たちが、合法ドラッグの生成で人生の名誉挽回劇を企てたイタリア発の人気風刺コメディ『いつだってやめられる』シリーズの第3作。服役中の神経生物学者が、神経ガスによるテロを未然に防ぐため方々に収容されているおちこぼれインテリたちと共に脱獄を企てる様を描く。監督は、前2作同様シドニー・シビリアが務める。

     

  • いろとりどりの親子 87点87点

    いろとりどりの親子 お知らせメール
    身体障がいやLGBTなどの子を持つ家族を300以上取材した渾身のノンフィクション書籍『FAR FROM THE TREE』をベースにしたドキュメンタリー。自閉症やダウン症などの子を抱えた6組の家族の日々を映し出す。監督はエミー賞受賞経験があり、これまで数々の社会派ドキュメンタリーを発表してきたレイチェル・ドレッツィン。

     

  • おかえり、ブルゴーニュへ 80点80点 (2)

    おかえり、ブルゴーニュへ お知らせメール
    『猫が行方不明』『スパニッシュ・アパートメント』のセドリック・クラピッシュ監督が、フランス・ブルゴーニュ地方の大自然を背景に紡ぎ上げたヒューマンドラマ。ワイン醸造家だった父の死という現実に直面した兄妹3人が、プライベートでさまざまな問題を抱えながらも自らの人生を見つめ直していく姿を、美しい季節の移ろいとともに映し出す。

     

  • 母さんがどんなに僕を嫌いでも 86点86点 (19)

    母さんがどんなに僕を嫌いでも お知らせメール
    歌川たいじによる同名コミックエッセイを映画化した人間ドラマ。親から愛されなかった青年が、壮絶な過去を乗り越えた奇跡の実話を描く。児童虐待というテーマに真摯に挑んだのは、『海を駆ける』をはじめさまざまなジャンルで大活躍の太賀と、人気実力派女優の吉田羊。監督は、映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』の御法川修が務めた。

     

  • 《カラヤン・シネマ・クラシックス2018-2019/『伝説』》

    《カラヤン・シネマ・クラシックス2018-2019/『伝説』》 お知らせメール ODS
    生誕110年を迎えた世界的なマエストロ、ヘルベルト・フォン・カラヤンが生前に収録したコンサートを映画館で上映するシリーズ。ドルビー・アトモスの技術を駆使した音質で、観客はカラヤンの音楽に全身全霊で浸ることができる。第一弾となる本作では、R・シュトラウス“アルプス交響曲“とベートーヴェン“交響曲第5番 運命“を堪能できる。

     

  • コールドプレイ:ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ

    コールドプレイ:ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ お知らせメール ODS
    2018年でデビュー20周年を迎えたバンド・コールドプレイに迫るドキュメンタリー。『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』ツアーのステージからバックステージまで密着した映像や、これまでに撮られた未公開・秘蔵映像を盛り込み、彼らの20年間の歩みを映し出す。監督は『オアシス:スーパーソニック』を手がけたマット・ホワイトクロス。

     

  • サムライせんせい 73点73点 (2)

    サムライせんせい お知らせメール
    黒江S介の同名マンガを市原隼人主演で映画化。坂本竜馬の遠縁で土佐勤王党を結成した実在の人物・武市半平太をモデルに、現代日本にタイムスリップしてきた半平太が、学習塾を手伝いながら人々と交流を深めていく姿を描く。同じく平成の世に迷い込んだ坂本龍馬を忍成修吾が好演。ユーモラスなカルチャーギャップのエピソードも見どころの1作だ。

     

  • 銃 74点74点 (9)

    お知らせメール
    ウォール・ストリート・ジャーナルの“2012年ベスト10小説“に選ばれるなど、海外でも人気の高い中村文則のデビュー小説を、『百円の恋』の武正晴監督が映画化。拳銃の危うさに魅了されていく大学生の姿を映し出す。主人公を実力派の村上虹郎が熱演し、広瀬アリスがヒロインに扮したほか、日南響子やリリー・フランキーなどが脇を固める。

     

  • 鈴木家の嘘 79点79点 (4)

    鈴木家の嘘 お知らせメール
    橋口亮輔監督や石井裕也監督らの現場で助監督を務めてきた野尻克己の劇場映画初監督作となる感動ドラマ。息子の死のショックで記憶喪失になった母親のために、家族が「息子は南米にいる」という嘘をつき通そうと奮闘する姿をユーモラスに描き出す。鈴木家の面々を演じるのは岸部一徳、原日出子、加瀬亮、新星・木竜麻生ら個性豊かなキャスト陣。

     

  • 《宝塚歌劇 月組東京宝塚劇場公演『エリザベート−愛と死の輪舞(ロンド)−』千秋楽 ライブ中継》

    《宝塚歌劇 月組東京宝塚劇場公演『エリザベート−愛と死の輪舞(ロンド)−』千秋楽 ライブ中継》 お知らせメール ODS
    宝塚歌劇を代表する名作ミュージカルであり、多くの人々を魅了してきた『エリザベート』の千秋楽公演の模様を、東京宝塚劇場から全国各地、香港、台湾の映画館に生中継する。エリザベート役を演じるのは、この公演を最後に退団が決まっている、トップ娘役の愛希れいか。公演だけでなく、彼女の退団者挨拶やサヨナラショーも観ることができる。

     

  • 代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン 70点70点

    代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン お知らせメール
    大ヒット作『王になった男』でイ・ビョンホンが演じた朝鮮王朝15代目の王、光海君にスポットを当てた歴史劇。若くして国の命運を託される立場となった光海君を演じるのは『ファイ 悪魔に育てられた少年』のヨ・ジング。彼を護衛する代立軍のリーダーをイ・ジョンジェ。彼らの悲哀に満ちたドラマが、壮絶なアクションシーンを交えて描かれる。

     

  • 《千鳥の大漫才2018 ライブ・ビューイング》

    《千鳥の大漫才2018 ライブ・ビューイング》 お知らせメール ODS
    大悟とノブからなる“岡山の漫才番町“ことお笑いコンビ、千鳥。いまやテレビで見ない日はないといっていいほどの人気芸人となった彼らが、爆笑必死の新作漫才と“クセがすごい“特別企画満載でおくるライブを梅田芸術劇場メインホールから全国の劇場に生中継する。千鳥の個性溢れるステージにくわえて、シークレットゲストの出演にも期待したい。

     

  • 《2PM デビュー10周年プレミアム企画 〜2PM FOREVER〜 6Nights ディレイビューイング Day2》

    《2PM デビュー10周年プレミアム企画 〜2PM FOREVER〜 6Nights ディレイビューイング Day2》 お知らせメール ODS
    2017年6月に韓国・高麗大学ファジョン体育館にて6日間に渡り開催された2PMのコンサート『2PM CONCERT “6Nights“』を収録・再編集したものを全国の映画館で上映。本公演は、公演日毎に焦点をあてるメンバーが決まっており、Day 2はNICHKHUNが選曲した楽曲やスペシャルメイキング映像を堪能できる。

     

  • 《ナイツ独演会「ワッショイ」でない事だけは確か ライブ・ビューイング》

    《ナイツ独演会「ワッショイ」でない事だけは確か ライブ・ビューイング》 お知らせメール ODS
    「ヤホーで調べました」でおなじみのお笑いコンビ・ナイツによる独演会の模様を、横浜・にぎわい座から全国の映画館に生中継する。ナイツとは、マセキ芸能社に所属するボケの塙宣之とツッコミの土屋伸之による漫才師。彼らの新作漫才と、ゲストのネタを満喫できる、毎年恒例にして年に1度だけの貴重な人気独演会を映画館で楽しむことができる。

     

  • 人魚の眠る家 80点80点 (30)

    人魚の眠る家 お知らせメール
    人気作家、東野圭吾が作家デビュー30周年を記念して発表した同名ベストセラー小説の実写映画化になるヒューマンミステリー。『明日の記憶』『TRICK』シリーズなどの堤幸彦監督が、愛する我が子の悲運に直面した仮面夫婦が下す究極の選択を描き出す。日本を代表する実力派俳優の篠原涼子と西島秀俊が映画初共演を果たし、共に難役に挑む。

     

  • 《はたらく祭典〜TVアニメ「はたらく細胞」イベント〜 ライブ・ビューイング》

    《はたらく祭典〜TVアニメ「はたらく細胞」イベント〜 ライブ・ビューイング》 お知らせメール ODS
    TVアニメ『はたらく細胞』初めての大型イベント、『はたらく祭典』の模様を、千葉・舞浜アンフィシアターから全国各地の映画館に生中継する。声優の花澤香菜、前野智昭、小野大輔や、エンディングテーマを歌っているClariSらが登場。作品やキャラクターに関するトーク、朗読劇、ミニライブなどを映画館のスクリーンで楽しむことができる。

     

  • Burn the Stage : the Movie

    Burn the Stage : the Movie お知らせメール
    世界中を熱狂させている韓国のボーイズグループ・BTS(防弾少年団)に迫った、初のドキュメンタリー。約300日間、世界19都市、40公演で55万人を動員したワールドツアーに密着し、Youtubeで配信されなかったシーンで構成された映像を映し出す。パク・ジュンスが監督を務め、メンバーを間近で捉えた映像の数々はファン垂涎だ。

     

  • バルバラ〜セーヌの黒いバラ〜 40点40点 (1)

    バルバラ〜セーヌの黒いバラ〜 お知らせメール
    1950年代に活躍したフランスの国民的歌手バルバラを題材にしたミステリアスなドラマ。謎に満ちたバルバラの生涯を映画化しようとする映画監督と女優が、現実と虚構の間で揺れ動く姿を描く。バルバラになりきるため現実との境目を見失っていく女優をジャンヌ・バリバールが熱演し、俳優としても活躍するマチュー・アマルリックが監督を務めた。

     

  • 《ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 3rd LIVE@オダイバ 韻踏闘技大會 ライブビューイング》

    《ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 3rd LIVE@オダイバ 韻踏闘技大會 ライブビューイング》 お知らせメール ODS
    12人の男性声優によるラップソングプロジェクト、“ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-“のイベントの模様を、東京・Zepp Diver Cityから全国の映画館に生中継する。木村昴、石谷春貴、天崎滉平、駒田航、神尾晋一郎ら豪華声優陣による熱いラップバトルのスペシャルなステージを映画館で楽しめる。

     

  • PEACE MAKER 鐵 〜友命〜 70点70点

    PEACE MAKER 鐵 〜友命〜 お知らせメール
    TVアニメ、TVドラマ、舞台などさまざまなメディア展開を見せてきた黒乃奈々絵の漫画原作を基に、新選組の若き志士たちの活躍を描く劇場版アニメーション。『…〜想道〜』に続く後編となる今回は、戊辰戦争の初戦となる鳥羽伏見の戦いを描き出す。薩摩軍を相手に劣勢に立つ市村鉄之助、土方歳三、沖田総司らの新選組の辿る運命が描かれる。

     

  • ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ 78点78点 (21)

    ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ お知らせメール
    アメリカとメキシコの国境地帯における麻薬戦争の実態を描き、アカデミー賞3部門にノミネートされたクライムスリラーの続編。今回は前作にも登場したコロンビア人の暗殺者アレハンドロが、新たな任務の最中に孤立し、ある究極の決断を迫られる様を描く。『暗黒街』のステファノ・ソッリマ監督が、前作をも凌ぐ緊迫感みなぎる映像世界を創出した。

     

  • MAKI マキ

    MAKI マキ お知らせメール
    アミール・ナデリ監督に師事し、本作が長編2作目となるナグメ・シルハンが監督を務めたヒューマンドラマ。ニューヨークの日本人コミュニティを舞台に、居場所を求めてさまよう女性たちの孤独な愛の行方を描く。主人公・マキ役には、本作が初の映画出演となるモデル出身のサンドバーグ直美。マキが働くクラブの経営者・ミカを原田美枝子が演じる。

     

  • メサイア −幻夜乃刻−

    メサイア −幻夜乃刻− お知らせメール
    女性ファンの支持を得て、舞台やドラマなどで拡大を続けるメディアミックス企画“メサイア・プロジェクト“の映画シリーズ第4弾。舞台版の脚本を手がけてきた毛利亘宏が初めて映画版の脚本を担当するなど舞台と映画の両チームがタッグを結成し、舞台『メサイア−月詠乃刻−』に続くストーリーを描き出す。舞台に続き、杉江大志が主演を務める。

     

  • 《METライブビューイング2018-19/サン=サーンス『サムソンとデリラ』》

    《METライブビューイング2018-19/サン=サーンス『サムソンとデリラ』》 お知らせメール ODS
    世界3大歌劇場のひとつメトロポリタン歌劇場で上演されるオペラを映画館で上映するシリーズ。第2作目の本作は、旧約聖書の時代を舞台に英雄サムソンと美女デリラの悲しき愛憎劇を描く。ブロードウェイの寵児とされるダルゴ・トレズニヤックが演出を務め、人気スター、エリーナ・ガランチャとロベルト・アラーニャがドラマチックな物語を彩る。

     

  • 《『ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 4th LoveLive! 〜Sailing to the Sunshine〜』ライブビューイング》 お知らせメール ODS
    さまざまなメディアミックス展開が成される、『ラブライブ!サンシャイン!!』に登場する架空の9人組女性スクールアイドルグループ・Aqoursのイベントの模様を、全国各地、韓国、台湾、香港の映画館に生中継する。伊波杏樹、逢田梨香子、諏訪ななか、小宮有紗、斉藤朱夏ら人気の声優陣によるスペシャルなステージを映画館で楽しめる。

     


Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

TV放映予定の映画

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”