ただいまの掲載件数は タイトル60646件 口コミ 1162202件 劇場 589件

6/25(月)〜7/1(日)公開の映画

  • アイ・アム・タレント

    アイ・アム・タレント お知らせメール
    南アフリカのストリートで生きるホームレスの少年、タレント・ビエラに密着したドキュメンタリー。スケートボードの才能が見初められ、路上生活から脱し、アメリカへ渡るチャンスを得た彼の人生最大のチャレンジをカメラが追う。自分の夢と未来を自らの手で切り拓こうと全身全霊をかけてスケートボードに挑む若者の必死の姿が爽やかな感動を呼ぶ。

     

  • 明日にかける橋 1989年の想い出 20点20点

    明日にかける橋 1989年の想い出 お知らせメール
    『向日葵の丘1983 年・夏』『朝日のあたる家』『青い青い空』の太田隆文監督による心温まる家族ドラマ。不幸な境遇にいるヒロインが、不幸の引き金となった出来事の起きた1989年にタイムスリップし、人生を立て直そうと奮闘する様を描き出す。『花とアリス』『軽蔑』の鈴木杏が主演を務め、板尾創路、田中美里、宝田明らが共演した。

     

  • アメリカン・アサシン 69点69点 (26)

    アメリカン・アサシン お知らせメール
    ヴィンス・フリンによるベストセラー“ミッチ・ラップ“シリーズの同名小説を基に映画化したスパイアクション。無差別テロで最愛の恋人を失った過去を持つCIAスパイの若者と、正体不明の極悪テロリストとの戦いを描く。『メイズ・ランナー』シリーズのディラン・オブライエンが主演を務め、『バードマン…』のマイケル・キートンらが共演する。

     

  • 一級機密 73点73点 (2)

    一級機密 お知らせメール
    韓国の闇に葬られた汚職事件を描いた実録サスペンス。国防部の航空部品購買課の課長に就任してエリートコースを歩み始めた主人公が、国家という巨大な敵に挑んでいくさまを描きだす。『イテウォン殺人事件』のホン・ギソンが監督を務め、『殺人の追憶』のキム・サンギョン、『悪女/AKUJO』のキム・オクビンらがキャストに名を連ねている。

     

  • いつだってやめられる 7人の危ない教授たち 68点68点 (1)

    いつだってやめられる 7人の危ない教授たち お知らせメール
    人気TVドラマ『ブレイキング・バッド』さながらの物語にくわえて、イタリア社会を鋭く風刺するテーマが話題となり数々の映画賞を受賞したコメディ。有能ながら高校教師に甘んじている理系学者が、ひょんなことからスマートドラッグ製造を思いつき、一発逆転を狙うさまを痛快なタッチで描く。監督を務めたのは、新進気鋭シドニー・シビリア監督。

     

  • ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷 64点64点 (6)

    ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷 お知らせメール
    カリフォルニア州サンノゼに現存する“ウィンチェスター・ミステリーハウス“にまつわる実話を映画化したスリラー。『プリデスティネーション』の兄弟監督、マイケル&ピーター・スピリエッグが、幽霊屋敷のいまわしき過去を描く。屋敷を38年間、365日、24時間、増改築し続けたサラ・ウィンチェスターを名女優、ヘレン・ミレンが怪演した。

     

  • 宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド 80点80点

    宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド お知らせメール
    2018年2月、好評のうちに放送終了したスーパー戦隊シリーズ“キュウレンジャー“の特別編。宇宙の救世主に選ばれた戦士たち、キュウレンジャーのその後のアドベンチャーが繰り広げられる。TVシリーズでは共演している宇宙刑事ギャバンら、懐かしいヒーローたちも登場。歴代スーパー戦隊シリーズの悪役たちが大挙して登場するのも見どころ。

     

  • 《サザンオールスターズ キックオフライブ 2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」ライブ・ビューイング》 90点90点

    《サザンオールスターズ キックオフライブ 2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」ライブ・ビューイング》 お知らせメール ODS
    今年デビュー40周年を迎えるサザンオールスターズが開催するキックオフライブ2日目の模様を、NHKホールから全国の映画館に生中継する。ファンと共にデビュー記念日を祝いたいというメンバーの熱い思いの下、今回の生中継が実現。会場に行けなくても、文字どおり全国のファンと共に、40周年イヤーのキックオフを盛り上げることができる。

     

  • 少女邂逅 60点60点 (2)

    少女邂逅 お知らせメール
    映画監督とミュージシャンのコラボレーション企画“MOOSIC LAB“で、長編部門観客賞を受賞したガールズムービー。いじめがきっかけで声が出なくなった17歳の少女と、謎めいた転校生の交流を描く。23歳の新鋭、枝優花が実体験に基づいてドラマをクリエイト。“転校生“というアーティスト名で活躍していた水本夏絵の音楽も光る。

     

  • 審判

    審判 お知らせメール
    フランツ・カフカの有名な同名小説を基に、舞台を現代の東京に置き換えて描く不条理ドラマ。イギリス出身で、日本で活動し『スターフィッシュホテル』などを手がけてきたジョン・ウィリアムズ監督が、現代社会にはびこる違和感を投影してシュールな物語を演出。監督とは3度目のタッグとなる個性派俳優、にわつとむが受難の主人公を妙演する。

     

  • それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星

    それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星 お知らせメール
    幼児の映画館デビューの定番作品として世代を超えて愛されている、人気アニメーションの最新作となるシリーズ第30作。TVシリーズの第1話で描かれた、アンパンマン誕生のきっかけとなる“いのちの星“を改めてモチーフに、夢と希望に満ちた冒険ドラマを展開させる。精力的に活動する女優で、3児の母でもある杏が声優として重要な役に挑戦。

     

  • 《宝塚歌劇 月組TBS赤坂ACTシアター公演 『雨に唄えば』ライブ中継》

    《宝塚歌劇 月組TBS赤坂ACTシアター公演 『雨に唄えば』ライブ中継》 お知らせメール ODS
    宝塚歌劇・月組による『雨に唄えば』の公演の模様を、TBS赤坂ACTシアターから全国の映画館に生中継する。サイレント映画がトーキーに移り変わる1920年代のハリウッドを舞台に描かれる、明るく陽気なミュージカルコメディが、10年振りに宝塚歌劇の舞台に登場。珠城りょうを中心とした月組メンバーによるステージを、映画館で楽しめる。

     

  • 正しい日 間違えた日 87点87点 (2)

    正しい日 間違えた日 お知らせメール
    『自由が丘で』などで知られる韓国の異才ホン・サンスによるユニークなラブストーリー。タイミングのわずかな違いによって、まったく異なる展開となるふた組の男女の恋模様を描く。『夜の浜辺でひとり』でベルリン映画祭主演女優賞に輝いた実力派で、監督の私生活のパートナー、キム・ミニがヒロインを務め、女性の建前や本音を軽やかに表現。

     

  • 名前 72点72点 (1)

    名前 お知らせメール
    直木賞作家・道尾秀介の書下ろし脚本に基づくミステリアスなヒューマンドラマ。素性を隠して生きるワケありの中年男と、彼を実の父と信じる女子高校生の疑似家族的な関係を描く。『シン・ゴジラ』などで活躍する名バイプレーヤー・津田寛治が主演を務め、孤独な生を体現。『心に吹く風』で注目されたヒロイン、駒井蓮のみずみずしい好演にも注目。

     

  • ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 73点73点 (53)

    ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー お知らせメール
    『スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロを主人公にしたアナザーストーリー。『ダ・ヴィンチ・コード』のロン・ハワード監督が、銀河一の高速船ミレニアム・ファルコンを操る伝説の運び屋ハン・ソロの知られざる過去を描く。ミステリアスな彼の秘密やチューバッカとの出会いとは? 主演は新星オールデン・エアエンライク。

     

  • パンク侍、斬られて候 62点62点 (17)

    パンク侍、斬られて候 お知らせメール
    芥川賞作家・町田康が2004年に発表した同名小説を基に、宮藤官九郎が脚本を手がけ、綾野剛が主演したエンタテインメント大作。江戸時代を舞台に、超人的剣客にしてテキトーなプータロー侍が、自らが蒔いた種によって生まれる大惨事に七転八倒する姿を描き出す。監督は『シャニダールの花』でも綾野とタッグを組んだ不世出の鬼才、石井岳龍。

     

  • 《舞台『ジョーカー・ゲームII』 ライブ・ビューイング》

    《舞台『ジョーカー・ゲームII』 ライブ・ビューイング》 お知らせメール ODS
    舞台『ジョーカー・ゲームII』大阪大千秋楽公演の模様を、メルパルクホールから全国の映画館へ生中継する。本作は、柳広司の小説をテレビアニメ化した『ジョーカー・ゲーム』を原作とした舞台版第2弾。D機関が対立する諜報組織・風機関と諜報戦を繰り広げる様を描き出す。木戸邑弥、山本一慶ら若手俳優が結集した舞台を映画館で楽しめる。

     

  • 《Break Out Presents ユーリ!!! on CONCERT 大阪公演 ライブビューイング》

    《Break Out Presents ユーリ!!! on CONCERT 大阪公演 ライブビューイング》 お知らせメール ODS
    男子フィギュアスケートアニメ『ユーリ!!! on ICE』の音楽イベントの模様を、大阪市中央体育館から全国の映画館に生中継する。アニメで音楽プロデューサーを担当した冨永恵介が音楽監修を務め、作曲家の松司馬拓や梅林太郎ら50人を超えるオーケストラが演奏。スクリーンではキャラクターのエピソードやスケートシーンの映像が楽しめる。

     

  • 返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す 73点73点 (3)

    返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す お知らせメール
    1972年にアメリカから日本に沖縄が返還された際、大きな役割を果たした外交官・千葉一夫の奔走を描く、実話に基づいた伝記ドラマ。激しい怒りを胸に、心を鬼にして交渉に臨んだ彼の思いに肉薄する。『ニワトリ☆スター』などで精力的に活躍する井浦新が主演し、壮絶な生を体現。TVシリーズ『花子とアン』を手がけた柳川強が演出を手がける。

     

  • 《ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2017-2018『コッペリア』》

    《ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2017-2018『コッペリア』》 お知らせメール ODS
    ボリショイ・バレエ団の公演を映画館で上映する人気企画。2016年1月に収録された本作は、天真爛漫な青年フリッツが、機械人形のコッペリアに夢中になったことから起きる喜劇を映し出す。臨場感溢れるステージ映像に加え、バックステージ映像と幕間のインタビューも楽しめる。55歳で逝去したセルゲイ・ヴィハレフによる振付にも注目したい。

     

  • MANDALAY STAR −ミャンマー民族音楽への旅−

    MANDALAY STAR −ミャンマー民族音楽への旅− お知らせメール
    作曲家をはじめ、写真家や映画プロデューサーとしても活躍する川端潤監督が、『Beauty of Tradition』に続いて、ミャンマーの民族音楽を題材にしたドキュメンタリー。マンダレーを舞台に、木枠の中に21個の音階のある太鼓が連なったサインワインという楽器と、それを奏でる人々の姿をとおしてミャンマーの伝統音楽を追う。

     

  • 《ミュージカル『テニスの王子様』15周年記念 シャカリキ応援!テニミュ上映祭 3rdシーズン 青学(せいがく)vs比嘉》

    《ミュージカル『テニスの王子様』15周年記念 シャカリキ応援!テニミュ上映祭 3rdシーズン 青学(せいがく)vs比嘉》 お知らせメール ODS
    ミュージカル『テニスの王子様』15周年を記念して、“テニミュ“3rdシーズン初となる応援上映“青学vs比嘉“を全国8都市の映画化にて開催する。発声、歌唱、ペンライト持ち込みもOKの本上映では、ステージの熱気を大スクリーンで体感できるだけでなく、まるで試合を観戦しているかのようにエールを送りながら公演を観ることができる。

     

  • モダン・ラブ

    モダン・ラブ お知らせメール
    東京国際映画祭ほか世界各国の映画祭で絶賛された『アワ・ブリーフ・エタニティ』の福島拓哉監督が手がけるサイコファンタジー。パラレルワールドを題材に、5年前に失踪した恋人を思うヒロインの孤独と葛藤を描き出す。福島監督の前作『LEGACY TIME』にも出演し、つかこうへい作品など演劇界でも注目を集める稲村梓が主演を務める。

     

  • 黄泉がえる復讐 67点67点 (2)

    黄泉がえる復讐 お知らせメール
    『友へ チング』や『極秘捜査』のクァク・キョンテク監督による異色のミステリー。何者かに殺された人間が、その犯人に報復すべく“犠牲復活者“として生き返る現象が起こる世界を舞台に、終わりのない憎しみの連鎖を描く。主演を務める『江南ブルース』のキム・レウォンをはじめ、キム・ヘスク、ソン・ドンイルら実力派キャストが共演する。

     

  • ワンダーランド北朝鮮 64点64点 (4)

    ワンダーランド北朝鮮 お知らせメール
    北朝鮮でごく普通に暮らす市井の人々にカメラを向けたドキュメンタリー。韓国出身の女性監督チョ・ソンヒョンは、自国籍では北朝鮮に入国できないため、ドイツ国籍を得た後に北朝鮮へ。そこで国家の信頼を得て、本作を完成させた。世界的な経済制裁によって慎ましい暮らしを強いられながら、それでも笑顔をみせる人々の生活をクローズアップする。

     


Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

TV放映予定の映画

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”