ただいまの掲載件数は タイトル60303件 口コミ 1159869件 劇場 588件

6/4(月)〜6/10(日)公開の映画

  • あさがおと加瀬さん。 82点82点 (7)

    あさがおと加瀬さん。 お知らせメール
    高嶋ひろみによる人気漫画『加瀬さん。』シリーズをアニメ映画化。緑化委員の内気な女子高生・山田と、陸上部のエース女子“加瀬さん“が、少しずつ距離を縮めていくさまを描く。人気アニメ『STEINS;GATE』を手がけた佐藤卓哉がメガホンを取り、『舟を編む』『フレームアームズ・ガール』のZEXCSがアニメーション制作を担当。

     

  • 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 75点75点 (13)

    家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 お知らせメール
    「Yahoo!知恵袋」の投稿から生まれたコミックエッセイを、榮倉奈々と安田顕のダブル主演で映画化したハートフルコメディ。『幕末高校生』『神様はバリにいる』の李闘士男が監督を務め、あらゆる手段でユニーク過ぎる“死んだふり“をし続ける妻と、そんな妻に翻弄される夫のちょっと変わった日常を描く。大谷亮平、野々すみ花らが共演。

     

  • 《英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2017/18『バーンスタイン・センテナリー』》

    《英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン2017/18『バーンスタイン・センテナリー』》 お知らせメール ODS
    世界最高峰の名門歌劇場、英国ロイヤル・オペラ・ハウスでの公演を映画館で楽しめる人気企画。偉大な作曲家レナード・バーンスタインの生誕100年を記念して創作されたトリプルビルを上映する。ウェイン・マグレガー、リアム・スカーレット、クリストファー・ウィールドンという3人の振付家による3つの個性的なバレエを1度に体験できる。

     

  • 榎田貿易堂

    榎田貿易堂 お知らせメール
    俳優・渋川清彦と『笑う招き猫』の飯塚健監督がタッグを組み、互いの出身地、群馬県渋川市を舞台に描く人間ドラマ。リサイクル店“榎田貿易堂“に集う大人たちのさまざまな迷いや葛藤を軽やかに描き出す。『獣道』の伊藤沙莉や『エミアビのはじまりとはじまり』の森岡龍といった若手から、余貴美子、滝藤賢一などのベテランまでが脇を固める。

     

  • 終わった人 66点66点 (24)

    終わった人 お知らせメール
    『リング』『仄暗い水の底から』などを手がけたホラー映画の名匠・中田秀夫監督が、舘ひろし、黒木瞳が主演に迎えて挑む初のコメディ。中田監督が惚れ込んだという内館牧子のベストセラー小説を基に、大手銀行のエリートコースを外され、世間から“終わった人“と思われるようになった夫と、かつての輝きを失った夫と向き合えない妻の姿を描く。

     

  • オンネリとアンネリのおうち

    オンネリとアンネリのおうち お知らせメール
    フィンランドで長く愛され続けるマリヤッタ・クレンニエミ原作の児童文学『オンネリとアンネリ』シリーズを実写映画化。小さな女の子オンネリとアンネリに起こるおかしな事件を軽快に描き出す。ドキドキワクワクのストーリーに加え、フィンランドの家具やインテリア、食器や小物、ふたりおそろいの服といったオシャレでキュートな世界観に注目だ。

     

  • 《『KING OF PRISM Rose Party 2018』ライブビューイング》

    《『KING OF PRISM Rose Party 2018』ライブビューイング》 お知らせメール ODS
    TVアニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』の公式スピンオフ作品『KING OF PRISM』のライブイベント昼公演の模様を、アリーナ立川立飛から全国の映画館に生中継する。寺島惇太、斉藤壮馬、畠中祐ら声優陣の珠玉のステージを映画館で楽しめる。また本編上映前には、ライブビューイング限定特別映像の上映が予定されている。

     

  • 30年後の同窓会 73点73点 (7)

    30年後の同窓会 お知らせメール
    『6才のボクが、大人になるまで。』が世界中の賞レースを席巻した名匠リチャード・リンクレイター監督による人間ドラマ。30年前のある事件をきっかけに、人生が大きく変わってしまった男たち3人の再会の旅が描かれる。スティーヴ・カレル、ブライアン・クランストン、ローレンス・フィッシュバーンという名優たちの味わい深い競演に注目。

     

  • ザ・ビッグハウス 73点73点 (2)

    ザ・ビッグハウス お知らせメール
    台本やBGM等を排した“観察映画“と呼ぶ手法で『選挙』などを手がけてきた想田和弘監督が、全米最大のアメリカンフットボールスタジアム“ザ・ビッグハウス“を舞台に描くドキュメンタリー。想田を含む17人の映画作家がカメラを回し、現代アメリカの縮図ともいえるスタジアムに集う人々を捉え、アメリカが抱える問題をも浮き彫りにしていく。

     

  • 《シネマ歌舞伎》東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖 73点73点

    《シネマ歌舞伎》東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖 お知らせメール
    弥次さん喜多さんのお騒がせコンビを描き、夏芝居の風物詩として好評を博してきた『東海道中膝栗毛』を、シネマ歌舞伎として全国の映画館で上映する。お伊勢参りを終え、江戸へと戻るも無一文になった弥次郎兵衛と喜多八が、歌舞伎座で起きた殺人事件の謎に挑む初のミステリーだ。弥次郎兵衛に松本幸四郎、喜多八に市川猿之助がそれぞれ扮する。

     

  • それから 67点67点 (15)

    それから お知らせメール
    カンヌ、ヴェネチア、ベルリン映画祭など世界で絶賛されている名匠ホン・サンス監督が『お嬢さん』のキム・ミニを主演に描く人間ドラマ。出版社に入社したヒロインが、社長とその妻と愛人との思わぬ騒動に巻きこまれていくさまを描き出す。『隠された時間』のクォン・ヘヒョ、『ひと夏のファンタジア』のキム・セビョクらが共演に名を連ねる。

     

  • 《CHANSUNG(From 2PM)Premium Solo Concert 2018“Complex“ライブ・ビューイング》

    《CHANSUNG(From 2PM)Premium Solo Concert 2018“Complex“ライブ・ビューイング》 お知らせメール ODS
    2PMのメンバー、チャンソンのソロコンサート最終公演の模様を、中野サンプラザから全国の映画館に生中継する。2PMはソロでも各々の個性を発揮しているが、チャンソン自身は今回が初の日本でのソロコンサートとなる。俳優業の他、ミュージカルでも活躍するなど、多くのステージを経験している彼ならではのパフォーマンスを映画館で楽しめる。

     

  • トウキョウ・リビング・デッド・アイドル

    トウキョウ・リビング・デッド・アイドル お知らせメール
    アイドルグループ、SUPER☆GiRLSの浅川梨奈主演のアクション。ゾンビに噛まれてしまったアイドルが、ゾンビ化するタイムリミットの72時間以内に、感染治療の血清を探し出すべく奮闘するさまを描く。『ハブと拳骨』の尚玄、SUPER☆GiRLSの元メンバー、尾澤ルナ、男性ボーカルグループSOLIDEMOの中山優貴らが共演。

     

  • 曇天に笑う〈外伝〉 〜宿命、双頭の風魔〜 85点85点 (1)

    曇天に笑う〈外伝〉 〜宿命、双頭の風魔〜 お知らせメール
    幕末から明治へと移り変わる激動の時代を舞台に描かれる唐々煙による人気コミック『曇天に笑う』の劇場版アニメ3部作の中篇。『進撃の巨人』『魔法使いの嫁』などのWIT STUDIOがアニメーション制作を担当し、“大蛇復活“を宿願とする風魔一族の頭領、金城白子の知られざる過去を描き出す。櫻井孝宏、遊佐浩二ら豪華キャスト陣が集結。

     

  • 羊と鋼の森 75点75点 (26)

    羊と鋼の森 お知らせメール
    ピアノの調律師の世界を繊細な筆致で綴り、2016年本屋大賞で第1位に輝いた宮下奈都の小説を映画化。ピアノ調律に魅せられた青年が、さまざまな出会いを通して成長していく姿を描く。青年・外村を山崎賢人が、外村に感銘を与え、彼の人生を導いていく調律師・板鳥を三浦友和が好演。『orange-オレンジ-』の橋本光二郎が監督を務める。

     

  • 5TO9

    5TO9 お知らせメール
    アジア4カ国の若手監督たちがメガホンを取ったオムニバス映画。2014年にブラジルで行われたサッカーW杯の決勝戦の日、午後5時から午前9時を舞台に、中国、シンガポール、日本、タイで繰り広げられた愛の心象風景を描き出す。日本からは『大和(カリフォルニア)』の宮崎大祐監督が参戦。キャストには永瀬正敏、大西信満らが名を連ねた。

     

  • ブルース・ディッキンソン(アイアン・メイデン) サラエボの叫び

    ブルース・ディッキンソン(アイアン・メイデン) サラエボの叫び お知らせメール
    ヘビメタルバンド、アイアン・メイデンのボーカル、ブルース・ディッキンソンに迫るドキュメンタリー。1994年、サラエボ紛争の最中に、ブルースは自らのバンド、スカンクスワークスを率いてライブを敢行。激化する内戦下で奔走したスタッフの証言やライブ映像と共に、当時の彼の動向を振り返る。サラエボ映画祭で観客賞などを受賞した注目作。

     

  • 万引き家族 79点79点 (83)

    万引き家族 お知らせメール
    『誰も知らない』『そして父になる』などさまざま“家族の形“を描き続けてきた是枝裕和監督の、長編14作目となる渾身の人間ドラマ。東京の下町を舞台に、犯罪で生計を立てる不器用だが愛すべき家族の心揺さぶる物語を描く。リリー・フランキー、安藤サクラ、樹木希林らをメインに迎え、松岡茉優、池松壮亮ら実力派の若手俳優が脇を固める。

     

  • 《ミュージカル『テニスの王子様』15周年記念 シャカリキ応援!テニミュ上映祭 3rdシーズン 青学(せいがく)vs氷帝》

    《ミュージカル『テニスの王子様』15周年記念 シャカリキ応援!テニミュ上映祭 3rdシーズン 青学(せいがく)vs氷帝》 お知らせメール ODS
    大人気ミュージカル『テニスの王子様』の15周年を記念して、“テニミュ“3rdシーズン初となる応援上映“青学vs氷帝“を全国8都市の映画館にて開催する。発声、歌唱、ペンライトの持ち込みもOKの本上映では、ステージの熱気を大スクリーンで体感できるだけでなく、試合を観戦しているかのようにエールを送りながら観劇することができる。

     

  • 《ミュージカル「ヘタリア」FINAL LIVE〜A World in the Universe〜リバイバル・ビューイング【ノーカット版】》

    《ミュージカル「ヘタリア」FINAL LIVE〜A World in the Universe〜リバイバル・ビューイング【ノーカット版】》 お知らせメール ODS
    3月21日に大阪・フェスティバルホールで開催されたミュージカル『ヘタリア』最終公演の模様を収録し、編集なしの“ノーカット版“として全国の映画館にて上映する。ファンからの要望により実現した1回限りの本上映は、全体で4時間を超える貴重なステージだ。長江崚行、上田悠介、植田圭輔ら11人が勢揃いする豪華キャスト陣にも注目だ。

     

  • リディバイダー 62点62点 (2)

    リディバイダー お知らせメール
    『美女と野獣』のダン・スティーヴンスが主演を務める体験型SF。エネルギーが枯渇した地球と、資源を得るためコピーしたもうひとつの地球≒エコーワールドを舞台に、地球滅亡の危機に立ち向かう主人公の奮闘を描く。現実の地球を“客観視点“、複製された地球を主人公の“一人称視点“で表現した、臨場感溢れる新たなアトラクションムービーだ。

     

  • WAKITA PEAK 50点50点 (1)

    WAKITA PEAK お知らせメール
    世界で最も危険で美しいと言われるハワイ・ノースショアに存在する波“パイプライン“に世界で唯一、名前を刻んだ日本人サーファー、脇田貴之を捉えたドキュメンタリー。全身全霊でパイプラインに挑む脇田の活躍と、彼に寄り添う家族のドラマを映し出す。脇田の生き様に魅せられた映像作家・清野正孝が、本作で長編監督デビューを果たしている。

     

  • Vision 57点57点 (6)

    Vision お知らせメール
    世界で注目を集めている河瀬直美監督が、生まれ故郷の奈良県を舞台にメガホンを取ったヒューマンドラマ。紀行文エッセイを執筆しているフランス人女性と、神秘の地・吉野の山々を守る山守の男が出会い、言葉や文化の壁を超えて心を通わせていくさまを描く。フランスの名女優ジュリエット・ビノシュと、国際派俳優、永瀬正敏がダブル主演を務める。

     


Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”