ただいまの掲載件数は タイトル53854件 口コミ 1075589件 劇場 588件

今週公開のおすすめ映画

  • あの場所で君を待ってる

    あの場所で君を待ってる お知らせメール
    人気グループEXOの元メンバー、クリス・ウーが映画初主演を務めたロマンティック・ラブストーリー。チェコ・プラハを舞台に、未婚のシングルファーザーと、祖母を失い天涯孤独になった女性の恋模様を現在と過去を交錯させて描く。『見知らぬ女からの手紙』のシュー・ジンレイがメガホンを執り、ヒロインの祖母の若かりし頃を自ら演じている。

     

  • アメリカン・スリープオーバー

    アメリカン・スリープオーバー お知らせメール
    『イット・フォローズ』のデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督が2010年に製作した長編デビュー作となる青春映画。1軒家に大人数が寝袋を持って集まる“スリープオーバー=お泊り会“を舞台に、思春期の少年少女たちの恋に揺れ動く気持ちや心の成長をみずみずしく描き出す。2010年のカンヌ映画祭批評家週間にノミネートされた注目作だ。

     

  • 《いきものがかり 「超いきものまつり2016 地元でSHOW!! 〜海老名でしょー!!!〜」 ライブ・ビューイング》

    《いきものがかり 「超いきものまつり2016 地元でSHOW!! 〜海老名でしょー!!!〜」 ライブ・ビューイング》 お知らせメール ODS
    いきものがかりのメジャーデビュー10周年を記念し、メンバーの地元で開催する野外ライブ『超いきものまつり2016 地元でSHOW!! 〜海老名でしょー!!!〜』の模様を日本、台湾、香港の映画館に生中継する。3月にリリースしたアルバムの曲がドラマの主題歌になるなど注目を集める彼らの熱いパフォーマンスをスクリーンで楽しめる。

     

  • イングリッド・バーグマン〜愛に生きた女優〜

    イングリッド・バーグマン〜愛に生きた女優〜 お知らせメール
    名画『カサブランカ』のヒロインとして知られ、アカデミー賞に3度輝いた伝説の女優イングリッド・バーグマンの人物像に迫るドキュメンタリー。日記や手紙、家族のインビューなどから、スウェーデン生まれの少女が世界の大女優になっていった軌跡を追う。バーグマンのボイスオーバーを担当するのは『リリーのすべて』のアリシア・ヴィキャンデル。

     

  • 神様の思し召し

    神様の思し召し お知らせメール
    第28回東京国際映画祭で観客賞を受賞したヒューマン・コメディ。腕利きだが傲慢な心臓外科医の主人公が、思いがけない息子の告白に戸惑う中で、ひとりの神父と出会い、人生観を変化させていく様を描く。脚本家としてのキャリアも長いエドアルド・ファルコーネ監督のデビュー作で、巧みな展開と奥深い人間ドラマに胸を打たれる痛快な1作だ。

     

  • 君の名は。 95点95点 (40)

    君の名は。 お知らせメール
    『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』などの新海誠監督が、約3年ぶりに手掛ける最新長編アニメーション。田舎町で暮らす女子高生と、東京で暮らす男子高生を主人公に、世界が違うふたりの隔たりと、“夢”でのつながりから生まれる“距離”のドラマを、唯一無二の美しい風景描写と繊細な言葉で紡ぎ出す。声の出演は神木隆之介、上白石萌音。

     

  • クワイ河に虹をかけた男

    クワイ河に虹をかけた男 お知らせメール
    アジア太平洋戦争下、旧日本軍が着手したタイとビルマを結ぶ泰緬鉄道の建設は、過酷な労働環境により大量の死者を出し“死の鉄道“と呼ばれた。当時、陸軍通訳として現場に関わり、悲劇の全容を目の当たりにした永瀬隆は、戦後その“贖罪“と“和解“に生涯を捧げた。本作は、永瀬の晩年の活動を約20年間に渡って取材し続けたドキュメンタリー。

     

  • 後妻業の女 84点84点 (21)

    後妻業の女 お知らせメール
    直木賞作家・黒川博行の同名小説を『愛の流刑地』の鶴橋康夫監督が映画化。資産を持つ独身男性の後妻となり金品を貢がせる犯罪“後妻業“を題材に、人間の欲や孤独感、悲しみを明るく切り取り、現代社会に潜む悲喜劇を描き出す。結婚詐欺師の主人公・小夜子を大竹しのぶ、小夜子とともに独り身の老人を騙す結婚相談所所長役を豊川悦司が演じる。

     

  • 《JUNHO (From 2PM) Solo Tour 2016 “HYPER“ ライブ・ビューイング》

    《JUNHO (From 2PM) Solo Tour 2016 “HYPER“ ライブ・ビューイング》 お知らせメール ODS
    人気アイドルグループ、2PMのメンバー、JUNHOが代々木競技場第一体育館で行うソロコンサートの模様を全国の映画館に生中継する。4枚目となるミニアルバム『DSMN』を引っ提げた今回のツアーは、大阪を皮切りに全12公演を実施。アーティストとしてさらに成長したJUNHOのツアー最終日の熱狂を映画館のスクリーンで堪能できる。

     

  • ティエリー・トグルドーの憂鬱

    ティエリー・トグルドーの憂鬱 お知らせメール
    年老いた母と息子の最期の日々の交流を描いた『母の身終い』のステファヌ・ブリゼ監督と、主演のヴァンサン・ランドンが再びタッグを組んだ社会派ヒューマン・ドラマ。信じてきたプライドと社会のしがらみの間で板ばさみになり、現実のために身を落としていく中年男の葛藤を描く。ランドンは本作で2015年カンヌ映画祭主演男優賞に輝いた。

     

  • 人間爆弾「桜花」−特攻を命じた兵士の遺言−

    人間爆弾「桜花」−特攻を命じた兵士の遺言− お知らせメール
    太平洋戦争時代に“人間爆弾“と呼ばれた日本の特攻兵器“桜花“の史実にスポットを当てるドキュメンタリー。部隊の生き残りのひとりの元兵士が、どのように戦争と向き合い、どんな思いを抱えて戦後を生きてきたかを語る。『岸辺の旅』等の作品にプロデューサーとして関わった澤田正道が監督を務め、日本人の死生観や戦争の記憶を浮き彫りにする。

     

  • はじまりはヒップホップ

    はじまりはヒップホップ お知らせメール
    ニュージーランド・ワイヘキ島で誕生した平均年齢83歳のダンスグループが世界最大のヒップホップ選手権に挑む様を追ったドキュメンタリー。彼らの挑戦はBBCやウォール・ストリート・ジャーナルでも報じられ、現地アメリカでも話題となった。ダンスを通して若者たちとも交流するなど“今“を楽しむ彼らの前向きでチャーミングな姿を映し出す。

     

  • まなざし

    まなざし お知らせメール
    『scope』『萌』で性犯罪や死刑制度といった社会問題を取り上げてきた卜部敦史監督が、“老い“と“介護“を題材に親子の愛を見つめた人間ドラマ。介護職員として働く主人公が、寝たきりになった父を献身的に支える日々の営みを丹念に追っていく。名女優・根岸季衣が6キロの減量に挑み、疲弊し、社会から孤立していく主人公を体現する。

     

  • ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>

    ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ> お知らせメール
    “カメ“で“忍者“の4人のヒーローの活躍を描く大ヒットアクション『ミュータント・タートルズ』の続編。人類を救うためニューヨークを飛び出したニンジャ・タートルズが、世界を舞台に暴れ回る姿を描く。『アース・トゥ・エコー』のデイヴ・グリーンが監督を務め、前作に引き続き『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイが製作を担当。

     

  • U-31

    U-31 お知らせメール
    綱本将也原作の同名サッカー漫画を『リュウセイ』の谷健二監督が実写映画化。全盛期を過ぎ人生の岐路に立たされたサッカー選手が、それでもなお戦い続ける姿を描く。『特命戦隊ゴーバスターズ』の馬場良馬が主演を務め、『仮面ライダー電王』の中村優一がライバル選手役で共演するほか、大杉漣、勝村政信、谷村美月らベテラン俳優が脇を固める。

     

  • ライト/オフ 77点77点 (20)

    ライト/オフ お知らせメール
    『アナベル 死霊館の人形』の続編の監督を務めることも決定している新鋭デヴィッド・F・サンドバーグが手掛け、動画サイトで1億5000万回再生された恐怖映像を、『ソウ』のジェームズ・ワンが製作を務め映画化するホラー。電気を消すと現れる“何か”に怯える姉弟が体験する恐怖を描く。主演は『きみがくれた物語』のテリーサ・パーマー。

     

  • 《ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」 ライブ・ビューイング》

    《ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」 ライブ・ビューイング》 お知らせメール ODS
    ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』千秋楽公演の模様を日本、香港、台湾の映画館に生中継する。2015年3月に行われ、世界中を熱狂させた本舞台。今回の公演では特殊演出をパワーアップさせ、音楽も一新。さらに新キャラクターとしてロック・リーが参戦する。スケールアップしたスペクタクルなステージをリアルタイムで楽しめる。

     

  • リトル・ボーイ 小さなボクと戦争 84点84点 (9)

    リトル・ボーイ 小さなボクと戦争 お知らせメール
    第2次世界大戦下のアメリカを舞台に、父と息子の絆を描く感動のヒューマン・ドラマ。戦場に向かった父を呼び戻そうと奮闘する8歳の少年が、差別を受けながら暮らす日本人との交流を通して強くなっていく様を描く。少年の母親を『博士と彼女のセオリー』のエミリー・ワトソンが、少年との絆を育む日本人をケイリー=ヒロユキ・タガワが演じる。

     


Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


投票で多かった作品が劇場公開に!? “一夜限りの劇場公開”企画 『セブンス・サン 魔使いの弟子』『13時間 ベンガジの秘密の兵士』9月7日(水)発売
夏だ!オバケだ!バスター開始! 『ゴーストバスターズ』8月11日(木・祝)〜14日(日)先行公開 8月19日(金)より全国公開
遂にブルーレイ&DVDが登場! 『パディントン』が愛される理由 ブルーレイ&DVD 8月3日(水)発売
特集:ピクサー・スタジオでわかったドリーの“秘密”『ファインディング・ドリー』7月16日(土)全国ロードショー
頭の中に眠る“秘密”とは?『秘密 THE TOP SECRET』8月6日(土)全国ロードショー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあ Movie Special 2016 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場!
「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝