ランキング

映画の様々なランキング

ぴあ映画初日満足度ランキング

毎週、新作映画の公開初日に、ぴあ出口調査隊が映画館前でアンケートを実施して独自に集計しているランキングです。

毎週月曜日更新(祝日の場合は火曜日)
順位 作品名 満足度 調査人数
1
野火
92.6  48 
2
お盆の弟
89.7  35 
3
脳漿炸裂ガール
87.8  46 
■ぴあ映画初日満足度ランキング概況■
2015年7月27日(月)時点

「ぴあ」調査による2015年7月25日のぴあ映画初日満足度ランキングは、塚本晋也監督の『野火』がトップに輝いた。2位に『キャッチボール屋』の大崎章監督による10年ぶりの新作『お盆の弟』が、3位にアイドルユニット“私立恵比寿中学”の柏木ひなたと、若手実力派として注目を集める竹富聖花が主演を務めた『脳漿炸裂ガール』が入った

1位の『野火』は、大岡昇平の小説を原作に、第二次大戦末期のフィリピン・レイテ島で、原野を彷徨う敗兵の姿を描いた戦争映画。1959年に市川崑監督の手によって映像化されているが、塚本監督は「リメイクではなく、あくまで原作から感じたものを映画にしたもの」とコメントしている。

公開初日はユーロスペースで塚本監督、リリー・フランキー、森優作らによる舞台あいさつが行われ、20代から70代までの観客が来場。「今観るべき作品だと思った」「塚本監督の作品が好きなので来た」と答える観客が目立った。

出口調査では「原作に忠実。それぞれの登場人物をしっかりと描いていて、どの役者もよかった」(46歳・男性)、「戦争映画を白黒ではなく、赤・緑・黄色という原色で描いた点がとても印象的だった」(46歳・男性)、「現実はもっと残酷だと監督が舞台あいさつで話していて、グロイ描写は苦手だが、目を逸らしてはいけないと思った」(20歳・女性)、「反戦映画ではなく、観る側の感じ方や、戦争をどう意識するかについて考えて作られていて、シンプルだが深い作品」(50歳・女性)、「戦場では何がまともかわからない。恐怖感を抱いた」(35歳・女性)などの感想が寄せられたほか、「戦争を知らない世代にこそ観てほしい」「自分のような若い世代が観るべき作品」という声も多く上がっていた。

注目は4位の『人生スイッチ』。本国アルゼンチンで400万人突破という歴代1位の大ヒットを記録したブラックコメディで、劇場には10代から60代までの観客が足を運んだ。観客からは「まさにブラック・コメディで、ラストの落とし方が見事!人生が転落していく様を“あらら”という感じで楽しめた」(24歳・女性)、「“怒り”の多様性を丁寧に描いていて興味深く観られた」(22歳・男性)、「どの話しも意外性があって、結末をどうもっていくのかわからないというおもしろさがあった」(20歳・女性)などの声が上がった。

観客動員数ランキング

興行通信社が発表している週末の全国動員数ランキング。

順位 先週 作品名 公開日 公開週
1 1
HERO
07/18 2週目 
2 2
バケモノの子
07/11 3週目 
3 4
インサイド・ヘッド
07/18 2週目 
■観客動員数ランキング概況■
2015年7月27日(月)時点

2015年7月25日、26日の全国映画動員ランキングは、公開2週目の『HERO』が先週に引き続き1位に輝いた。全国344館で公開され、公開9日間で累計動員145万人、累計興収19億円を突破した。

2位の『バケモノの子』(全国356館)は、累計動員190万人、累計興収25億円を突破し、公開から3週目も好調をキープ。3位は順位をひとつ上げた『インサイド・ヘッド』(全国345館)が入った。公開2週目に入り、累計動員は100万人を突破している。

その他、5位の『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(全国340館)は、累計興収20億円を、6位の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(全国348館)は、25億円を突破。7位の『ラブライブ!The School Idol Movie』(全国120館)は20億円、9位の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(全国341館)は15億円を突破している。

先週10位から8位にランクアップした『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』(全国163館)は、同シリーズの歴代最速で累計興収3億円突破するヒットとなっている。

本国アルゼンチンで歴代興収第1位の大ヒットを飛ばしたブラックコメディ『人生スイッチ』(全国20館)は、惜しくもトップ10入りを逃したが、小規模公開ながら13位につけている。

来週は、大人気コミックを2部作で初実写化する『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(全国240館)や、長編アニメーション『ミニオンズ』(全国306館)などが封切られる。

DVDレンタルランキング

TSUTAYA調査によるDVDのレンタルランキングです。

毎週水曜更新(祝日の場合は木曜日)
順位 先週 作品名 発売日 TSUTAYA online
1 3
イントゥ・ザ・ウッズ
07/17 詳しく見る
2 1
アメリカン・スナイパー
07/08 詳しく見る
3 2
ベイマックス
04/24 詳しく見る

クチコミ満足度ランキング (上映中作品)

上映中作品の満足度を採点と投稿数を基にランキングしています。

順位 作品名 満足度 投稿数
1
マッドマックス 怒りのデス・ロード
82.8  162 
2
駆込み女と駆出し男
82.5  140 
3
映画 ひつじのショーン〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜
81.5  40 

クチコミ投稿数ランキング (上映中作品)

もっともクチコミが盛り上がっている上映中作品ランキング。

順位 作品名 満足度 投稿数
1
レ・ミゼラブル
78.9  665 
2
マッドマックス 怒りのデス・ロード
82.8  162 
3
セッション
80.9  151 

クチコミ満足度ランキング (全作品)

過去作品を含めて満足度の高い作品ランキング。

順位 作品名 満足度 投稿数
1
ショーシャンクの空に
86.7  1704 
2
バック・トゥ・ザ・フューチャー
86.3  1142 
3
トイ・ストーリー3
86.2  750 

クチコミ投稿数ランキング (全作品)

過去作品を含めてクチコミが多い作品のランキング。

順位 作品名 満足度 投稿数
1
ショーシャンクの空に
86.7  1704 
2
千と千尋の神隠し
75.8  1679 
3
アメリ
73.8  1229 

観たい映画ランキング

見たいリストに登録されている上映中や新着の作品ランキング。

順位 作品名 登録数
1
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
99 
2
パイレーツ・オブ・カリビアン5(原題)
72 
3
スター・ウォーズ/フォースの覚醒
59 

ファンの多い映画ランキング

もっともファンに登録されている作品ランキング。

順位 作品名 登録数
1
ショーシャンクの空に
545 
2
ダークナイト
384 
3
バック・トゥ・ザ・フューチャー
321 

公開年別ランキング

2009年
2008年
2007年
2006年

ランキングの説明

クチコミ満足度ランキング

作品に対するクチコミの「投稿数」と「採点」を、独自の計算式で算出したランキングです。作品の点数だけではなく、投稿の多さ(投稿数)も評価に反映されます。

クチコミ投稿数ランキング

ユーザーからの「投稿数」が多い順に並べたランキングです。作品の採点はランキングに反映されません。クチコミが盛り上がっている作品を知ることができます。

ぴあ映画初日満足度ランキング

公開初日 (毎週土曜日) に、東京都内の映画館でぴあ出口調査隊が独自にアンケート調査を実施。集計した結果を、翌月曜日に発表しています。

  • ※上映中作品版は関東圏の上映作品を基にしております。全国の上映作品は映画館をご覧ください。
  • ※この全作品版は掲示板の開始(2000年8月)以降公開された作品が多くなっています。全作品一覧を検索の上ない場合は、作品情報から作品名を入力してご投稿ください。

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 



ぴあ映画生活ブログパーツ

ブログパーツ

あなたのブログに公開中映画の最新ランキングを表示しませんか?

まさに全世界待望の最新作!『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』まとめ 12/18(金)公開
特集:のぞいてみる?ピクサーアニメーション・スタジオの“頭の中”『インサイド・ヘッド』
最新音響システム“ドルビーアトモス”で『ターミネーター:新起動/ジェニシス』を堪能しよう!
ぴあ Movie Special 2015 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
熱闘の季節にあの感動作が登場!『KANO〜1931 海の向こうの甲子園〜』ブルーレイ&DVD 8/5(水)発売!
恋愛映画の名手、廣木監督が語る『娚の一生』7月15日(水)発売
最新映画コレクション 映画美食宣言 第4弾ニュースまとめ
完全無修正R18版で登場! あの大ヒット衝撃作をオカマたちが斬る!『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』ブルーレイ+DVD発売中!
占い依存症女に運命の出会いが! 浅見れいな主演『恋する占女リータ!』ネスレシアターにて無料公開中
「水滸伝」「三国志」を凌駕するアクションエンターテイメントの最高傑作 岳飛伝 THE LAST HERO
コミコン2015まとめ
日本は、すみずみが、みずみずしい。 76 7月20日更新 ここは、大人の国。 FILT
「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝
大人の青春感動作『アゲイン 28年目の甲子園』特集 7月8日(水)発売