ただいまの掲載件数は タイトル60385件 口コミ 1160461件 劇場 588件

ニコール・キッドマン

人物情報

人物名 ニコール・キッドマン
人物名英語 Nicole Kidman
公式サイト
生年月日 1967年6月20日
性別
血液型
国籍
出生地 米国 ハワイ州
身長
トリビア
デビュー作 不明
プロフィール オーストラリア人の父親の留学先のハワイで生まれ、3歳の時、オーストラリアに帰国。14歳の時に映画デビュー。1988年の主演作「デッド・カーム 戦慄の航海」がアメリカでヒット。「デイズ・オブ・サンダー」(1990)で共演したトム・クルーズと結婚するが、2001年に破局。その後、精力的に映画に出演し、「めぐりあう時間たち」(2002)でアカデミー賞主演女優賞を受賞。名実ともにトップ女優の地位を確立した。

参加作品

作品名 担当
2017年 パーティで女の子に話しかけるには 出演
2017年 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア 出演
2017年 The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ 出演
2016年 LION/ライオン 〜25年目のただいま〜 出演
2015年 アラビアの女王 愛と宿命の日々 出演
2015年 虹蛇と眠る女 出演
2015年 シークレット・アイズ 出演
2015年 ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ 出演
2014年 リピーテッド 出演
2014年 パディントン 出演
2013年 レイルウェイ 運命の旅路 出演
2013年 グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 出演
2012年 ペーパーボーイ 真夏の引力 出演
2012年 イノセント・ガーデン 出演
2011年 ブレイクアウト〈2011年〉 出演
2010年 ラビット・ホール 出演,製作
2009年 オーストラリア〈2009年〉 出演
2009年 NINE 出演
2007年 ライラの冒険 黄金の羅針盤 出演
2007年 インベージョン 出演
2007年 ファッションを創る男〜カール・ラガーフェルド〜 出演
2006年 ハッピー フィート 声優
2006年 毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト 出演
2005年 ザ・インタープリター 出演
2005年 奥さまは魔女〈2005年〉 出演
2004年 ステップフォード・ワイフ〈2004年〉 出演
2004年 記憶の棘〈とげ〉 出演
2003年 ドッグヴィル 出演
2003年 白いカラス 出演
2003年 イン・ザ・カット 製作
2003年 コールドマウンテン 出演
2003年 メイキング・オブ・ドッグヴィル/告白 出演
2002年 バースデイ・ガール 出演
2002年 めぐりあう時間たち 出演
2001年 ムーラン・ルージュ 出演
2001年 アザーズ 出演
1999年 アイズ ワイド シャット 出演
1998年 プラクティカル・マジック 出演
1997年 ピースメーカー 出演
1996年 ある貴婦人の肖像 出演
1996年 妻の恋人、夫の愛人 出演
1995年 誘う女 出演
1993年 冷たい月を抱く女 出演
1993年 マイ・ライフ〈1993年〉 出演
1991年 ビリー・バスゲイト 出演
1990年 デイズ・オブ・サンダー 出演
1990年 ニコール・キッドマンの恋愛天国 出演
1988年 デッド・カーム 戦慄の航海 出演
1988年 最も危険な悪女 出演
1987年 誘惑の香り 出演
1983年 BMXアドベンチャー 出演
---- アクアマン 出演
---- ボーイ・イレースド(原題) 出演
[ ニコール・キッドマン|映画情報のぴあ映画生活 ]
└この人物のトップページへ

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”