ただいまの掲載件数は タイトル59713件 口コミ 1154838件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ウエストワールド > ニュース > 世界で活躍する菊地凛子、大ヒットドラマ『ウエストワールド』出演の裏側を語る

世界で活躍する菊地凛子、大ヒットドラマ『ウエストワールド』出演の裏側を語る

(2018/07/27更新)
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


海外ドラマ界の常識を打ち破る超大作として総製作費100億円が投じられ、全米視聴者数1200万人を記録した『ウエストワールド』。待望のシーズン2は、国際的に活躍する日本人俳優たちの出演も話題に。その中でも特に注目すべき重要キャラクターを演じた菊地凛子に、作品の魅力や撮影の裏側などについて聞いた。


『ウエストワールド シーズン2』に出演した菊地凜子

フォトギャラリー

世界で活躍する菊地凛子、大ヒットドラマ『ウエストワールド』出演の裏側を語る
世界で活躍する菊地凛子、大ヒットドラマ『ウエストワールド』出演の裏側を語る
世界で活躍する菊地凛子、大ヒットドラマ『ウエストワールド』出演の裏側を語る
世界で活躍する菊地凛子、大ヒットドラマ『ウエストワールド』出演の裏側を語る
世界で活躍する菊地凛子、大ヒットドラマ『ウエストワールド』出演の裏側を語る

※ 各画像をクリックすると拡大表示されます。

広大なテーマパークが舞台の『ウエストワールド』は、人間の来訪客と彼らを“もてなす”アンドロイド、さらにはパークを運営する者たちの物語。謎に満ちた展開が視聴者の熱を高めているが、出演者でも「自分のシーン以外は台本が黒く塗りつぶされていて。シリーズの全体像を教えてもらえないんです(笑)」と明かす。「でも、物語を純粋に楽しめなくなってしまうので、あまり聞くのもどうなのかなと思いました。役者としても、知らないからこそ突拍子もないこともできるし、瞬発力が試される。その面白さを感じながらの撮影でした」

西部劇の世界を模した“ウエストワールド”のみならず、日本の江戸時代をモデルにした“将軍ワールド”の存在も判明するシーズン2。菊地が演じるのは、将軍ワールドに暮らすアンドロイドのアカネだ。置屋の女将であるアカネたちは、残忍な将軍の支配に苦しんでいる。「アカネには娘のような存在がいて、守るべきものがある。そんな彼女の持つ人間の強さみたいなものに、母親である私自身も共感しました。でも、アカネはAIだから、それすらも人間がプログラムしたのかもしれないと思うと少し怖い。そこも『ウエストワールド』が単なるエンタテインメントではないところだなと思います」。

“人間”の本能や深層心理を真っ向から描く『ウエストワールド』だが、将軍ワールドは「ウエストワールド以上の刺激を求める来訪客向け」という設定。そのため、将軍ワールドの登場回はかなり過激で、アカネが血まみれになるシーンも。「そういうのは大好き。もっと血みどろになりたかったくらいです(笑)」と、バイオレンス描写に物怖じしない頼もしい一面を見せる。また、女性の描かれ方にも、思うところがあるようだ。「劇中でアカネが披露する舞は、女性らしさと侍っぽさが混在したもの。まるで殺陣みたいなんです。殺陣は男性のものという印象があるし、女性だと挑戦する機会も少ないけれど、それをやれるのが『ウエストワールド』。男性キャラクターが前にいて、女性キャラクターが後ろにいるようなことがないんです」。

アカデミー賞助演女優賞候補にもなった『バベル』から『パシフィック・リム:アップライジング』まで、10年以上にわたってワールドワイドに活躍。「『ウエストワールド』はもちろん、『ストレンジャー・シングス 未知の世界』や『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』など、今ある現実を疑いたくなるような物語が好き。それでいて、人間の普遍的な感情も描かれているのがすごいなって」と語る海外ドラマ好きでもあるが、国際的なフィールドにのみこだわっているわけではない。「正直、大変だし、度胸も必要。特に連続ドラマとなると撮影のスピードも速いし、軽々しく“やりたい”とは言えません」と胸の内を率直に明かす。「ただ、知らない世界だったら知らないままでいられるけど、知ってしまった以上はもっと知りたくなる。それも事実ですね。AIが現実を知って、自我に目覚める感覚と似ているかも(笑)。それに、最近ちょっと世界の開き方が変化しているのも実感していて。以前は“日本人”の役に誘われることが当然だったけど、最近は人種や国籍などを問わない動きも少し出てきているのかなと思います。この間なんて、“ウィリアム”という役柄のオーディション用台本が届きましたから!」。

取材・文:渡邉ひかる
衣装協力:シャネル
衣装お問合せ:シャネル(カスタマーケア)0120-525-519

『ウエストワールド シーズン2』
BS10スターチャンネルにて、毎週木曜よる11時ほか放送中
二か国語版(吹替版)8月6日(月)より毎週月曜よる10時ほか放送スタート

『ウエストワールド<セカンド・シーズン>』
ブルーレイ&DVD  2018年 秋リリース

『ウエストワールド<ファースト・シーズン>』
ブルーレイ&DVD発売中・レンタル中
【初回限定生産】ブルーレイ コンプリート・ボックス(3枚組/ウエストワールド運営マニュアル付)\11,300+税
【初回限定生産】DVD コンプリート・ボックス(3枚組/ウエストワールド運営マニュアル付)\9,400+税
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

【関連リンク】
菊地凛子人物情報
『ウエストワールド』作品情報

【注目のニュース】
『東京喰種』続編製作決定
『シュガー・ラッシュ:オンライン』予告編
ライムスター宇多丸、森田芳光監督作品を語る
『京都・醍醐寺ー真言密教の宇宙ー』展開幕
『007』続編の監督が決定
第40回PFFグランプリは工藤梨穂
『コールドケース2』 大阪特別試写会
M・ジョーダン主演作の続編
岡田准一、『散り椿』で撮影を担当!
『アクアマン』日本版予告

 

映画ファン必携の一冊! ぴあ Movie Special
1
【関連作品】
ウエストワールド

 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • minami3228

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません


映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!